ズッキーニの栄養・効能・効果は?育て方や栽培方法や料理方法レシピ

スポンサード リンク

249

ズッキーニ旬な食べごろは6月から9月。ズッキーニが美味しい季節になってきました。

キュウリの一種か?と思いきや、別名つるなしカボチャというように、実はカボチャの仲間なんですね。メキシコ原産の、ウリ科の植物です。フランス料理やイタリア料理などでもよく見かけますね。

そんなズッキーニのことをまとめてみました。

ズッキーニの栄養・効能・効果は?育て方や栽培方法や料理方法レシピ

ズッキーニの栄養や効能や効果は?

ズッキーニは低カロリー栄養分も豊富なので、ダイエットをしたいという方にはピッタリの食べ物です。

ズッキーニには、ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンCとビタミンが豊富に含まれています。

ビタミンAは皮膚や喉・鼻・目などの粘膜を正常に保つ作用があり、免疫を活性化してくれるので、感染症などから守ってくれます。

ベータカロテンやビタミンBは身体の代謝を促進してくれるので、アンチエイジングの効果も期待できます。

ビタミンCは肌荒れシミなどを抑え、風邪の予防や、疲労回復などに効果があります。

カリウムも多く含んでいます。このカリウムは高血圧を抑えます。カリウムは筋肉の収縮をスムーズにしてくれるので、運動を長時間した時に起こる筋肉の痙攣なども防いでくれます。

ズッキーニの育て方や栽培方法は?

ズッキーニの種まきは4月〜5月の中旬頃が良いでしょう。日当りの良い場所で育てれば、開花後、10日程で20センチ程の未熟果がつきます。

大きくなりすぎると固くなります。なので、若いうちに収穫しましょう。

肥料も途切れないようにする事が大切です。ズッキーニは根が浅いので、土が乾きすぎると傷んでしまいますので、しっかり水を与えましょう。

ズッキーニの栽培 授粉から収穫

下記の動画ではズッキーニの授粉から収穫まで、一連の栽培について解説してくれています。


ズッキーニの受粉に挑戦

下記の動画ではズッキーニの受粉について、
解説つきでわかりやすく説明してくれています。


ズッキーニの収穫と楽しみ方

下記の動画ではズッキーニの収穫の仕方をわかりやすく説明してくれています。


ズッキーニの下ごしらえの仕方やレシピは?

ズッキーニは見た目はキュウリに似ていますが、食感はナスビに似ています。一般家庭では主に油炒めや、天ぷらや、スープなどに使用されます。パスタなどにするのも良いですね。

ズッキーニの扱い方【料理の基本:野菜の下ごしらえ】

下記の動画ではズッキーニを料理する際の、下ごしらえのポイントを説明してくれています。


ズッキニーのにんにくとベーコン炒め (石垣島産ズッキーニを使った料理レシピ)

下記の動画ではズッキニーのにんにくとベーコン炒めの調理の仕方を、わかりやすく解説してくれています。


ズッキーニのペペロンチーノの作り方

下記の動画ではズッキーニを使ったペペロンチーノの作り方を、わかりやすく解説してくれています。


ズッキーニのチーズ焼き Cheese grilling of zucchini

下記の動画ではズッキーニのチーズ焼きの作り方を、わかりやすく解説してくれています。


まとめ

低カロリーで栄養価の高く、そして美味しいズッキーニ。この夏ダイエットに挑戦しているという方も、
試してみては如何でしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

夏になると“百日紅(サルスベリ)の花”が開花時期を迎えます。“サルスベリ”なんとも面白い名前だと思い

記事を読む

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培の仕方など

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培・育て方

カレーの名脇役と言えば?そう“らっきょう(辣韮)”ですね。僕も大好きです。ところでらっきょうって栄養

記事を読む

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

7月7日は七夕ですね。この日に天気が晴れていれば、夜9時頃の東の夜空を見上げると、彦星(ひこぼし)と

記事を読む

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

夏に可愛い花を咲かせるムクゲ(むくげ)。漢字では木槿花(もくきんか)と書きます。別名はハチスです。

記事を読む

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

春から初夏頃になると、ハーブ園などで見られる可愛いカモミールの花。ハーブティーやアロマなどでも親しま

記事を読む

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

暑い日に“冷や奴”なんかを食べると美味しいですよね。そんな時に重宝する薬味のひとつ“みょうが”。

記事を読む

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

おつまみに重宝する“枝豆”。最近では海外でも人気急上昇だとか!そんな枝豆の茹でかたや栄養・効果・カロ

記事を読む

冷夏とは?エルニーニョ現象影響とは。長梅雨。気象庁注意を呼びかけ

冷夏とは?エルニーニョ現象から影響?長梅雨。気象庁注意を呼びかけ

冷夏(れいか)とは、平年の平均気温と比べて、気温の低い夏の事を言います。よく天気予報で平年並・冷夏・

記事を読む

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

梅雨の時期になると日本各地で、あじさいが見られるようになります。青・紫・ピンクと色とりどりに咲く花が

記事を読む

紫外線アレルギーと日焼け対策 。目やシミや皮膚など人体へ影響は?

紫外線(UV)アレルギーと日焼け対策 。目・シミ・皮膚と人体影響

日差しの強い季節になると気になる事の一つが紫外線(UV)ですね。特に夏などは旅行やイベントに出かける

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑