ヤマモモジャムやヤマモモ酒の作り方レシピ。花言葉や栄養や効能効果

スポンサード リンク

315

春に花が咲き、夏に赤く可愛い実がなる“ヤマモモ(山桃)”

その果実は、ヤマモモジャム(山桃ジャム)ヤマモモ酒(山桃酒)になどの食用に使われ、木の皮は“楊梅皮(ようばいひ)”という生薬に使われます。

そんなヤマモモのことをまとめてみました。

ヤマモモジャムやヤマモモ酒の作り方レシピ。花言葉や栄養や効能効果

ヤマモモ(山桃/やまもも)の名前の由来は?

木が山に生え、果実が桃の実に似ているところからこの名前が付きました。
別名は“楊梅(ようばい)”と呼ばれています。

ヤマモモ“ヤマモモ目ヤマモモ科”の常緑樹になります。

名前にはモモがつきますが、モモ(桃)はバラ科なので、
ヤマモモとモモは全く別の植物になります。

ちなみに余談ですが、“古事記”で伊邪那岐命が、“桃子(もものみ)”を投げつけて黄泉の国の雷神を退散させる話で出てくるこの”桃子(もものみ)”は山桃のことと言われいます。

ヤマモモの花言葉は?

ヤマモモの花言葉

“教訓”“ただひとりを愛する”

となります。

なんだか一途な感じがする花言葉ですね。

ヤマモモ(山桃/やまもも)の栄養や効能・効果は?

ヤマモモにはアントシアニンやポリフェノールが多く含まれており、抗酸化作用が高く、病気になりにくい身体作りを助けてくれます。また疲労回復などにも効果があります。

ヤマモモジャム(山桃ジャム)の作り方レシピは?

ヤマモモジャムの作り方を紹介します。

材料
・ヤマモモ 950g
・砂糖 250〜350g
・水 100g
・レモン汁 大さじ1

(1)収穫したヤマモモは土やゴミがついているので、しっかり塩水で水洗いしましょう。また、虫がついていないかもチェックしましょう。
(2)よく洗ったら水気を切り、ホーロー鍋に入れ、少し水を足して熱します。
(3)木べらで実を押し潰します。果実が柔らかくなるまで汁を煮詰めます。
(4)有る程度煮詰まったところで、火を止めて冷まします。
(5)ざるで裏ごしします。
(6)再び鍋に移して、甘さを調整しながら砂糖とレモン汁を加えていき煮詰めます。
(7)とろみが出てきたら完成です。煮沸消毒した瓶に詰め保存します。

パンに塗るも良し、ヨーグルトなどと合わせて食べるのも良いですね。

ヤマモモ酒(山桃酒)の作り方レシピは?

ヤマモモ酒の作り方を紹介します。

材料
・ヤマモモ 1〜2kg
・氷砂糖 200g〜1kg
・ホワイトリカー 1.8リットル

(1)ヤマモモを何度もしっかり塩水で水洗いし、水気を切ります。
(2)煮沸消毒した瓶に、ヤマモモと氷砂糖を交互に詰めていきます。(最後は氷砂糖になるように)
(3)最後にホワイトリカーを注ぎ込み冷暗所に保存します。
(4)2〜3ヶ月したら実を取り出したら完成です。

香りの良いヤマモモの果実酒も良いですね。ソーダやサイダーで割って飲むのも美味しそうです。

[産直高知] 菊水酒造 山桃ワインDX 720ml

Softalkの「ヤマモモ酒(採取~仕込み)」

下記の動画ではヤマモモ酒の採取~仕込みまでを説明してくれています。


『ふるさと祭り東京』 徳島県 幻の手摘み『やまもも』

ヤマモモは高知県のでは県の花、徳島県では県の木、知多市、西都市、下松市では市の木と指定されています。


まとめ

ヤマモモのジャムや果実酒 美味しそうですね。伊豆急行線の各駅では、自動販売機で“やまももドリンク”というジュースが売られているそうです。こちらも飲んでみたいです。

【送料無料】やまもも・ヤマモモ(山桃)ジュース 1箱(30缶)/【smtb-KD】【RCP】【御中元】

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用丑の日はやっぱり鰻を食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

記事を読む

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

梅雨の時期になると日本各地で、あじさいが見られるようになります。青・紫・ピンクと色とりどりに咲く花が

記事を読む

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

日本の夏の“雑節”の一つ、“半夏生(はんげしょう)”。 “夏至”の日から数えて11日目にあたる日か

記事を読む

エゴノキの花は白くて清楚。育て方は?庭木(シンボルツリー)人気

エゴノキの花は白くて清楚。育て方は?庭木(シンボルツリー)人気

初夏の5月頃になると雑木林にエゴノキの花が顔を覗かせます。エゴノキの名前の由来は、果実の味がえぐい(

記事を読む

アサイーボウル人気の秘密。栄養や効果や作り方。味やカロリーは?

アサイーボウルの栄養や作り方。味やカロリーやダイエット効果は?

アサイーは女性に人気ですね。アサイーはブラジル発症のデザートで、その後ハワイで人気が出て多くの人に知

記事を読む

レンゲツツジの名前の由来と花言葉。ヤマツツジとの違いは?

レンゲツツジの花言葉や名所など。ヤマツツジとの違いは?

5月〜6月になると山地などで、レンゲツツジ(蓮華躑躅)やヤマツツジ(山躑躅) が見られるようになりま

記事を読む

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・茹で方・焼き方など。

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・ゆで方・焼き方など。

今年もあまーい“とうもろこし”が美味しい季節になってきました。とうもろこしはただ甘くて美味しいという

記事を読む

アマリリスの花について。花言葉は?球根の植え替えと育て方

アマリリスの花言葉や歌詞。球根の植え替えや花後の手入れと育て方

ラリラリラリラ〜しらべはアマリリス♪ 5月〜6月頃になると、花壇などで、濃い紅色に咲き誇るアマリリ

記事を読む

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

皆さんは暑い日は何を食べますか?冷たい物…も良いですが、あえて汗をかくカレーとかも良いですよね。そん

記事を読む

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

この季節、野山の日当りの良い場所に行くと“サギソウ”の花を見る事が出来ます。7月〜8月が見頃です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑