博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

スポンサード リンク

47

おいさ!おいさ!7月1日〜7月15日にかけて、福岡県福岡市博多では“博多祇園山笠(はかたぎおんやまかさ)”が始まります。

山笠と呼ばれる山車(だし)を男達が担ぎ、町を颯爽と走る姿は圧巻です。

博多山笠は770年以上の伝統を誇り、国指定重要無形民俗文化財の神事です。そんな博多を代表するお祭り博多山笠についてまとめてみました。

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

博多山笠の始まりは?

博多祇園山笠の期限には諸説あります。

中でも有力な説が、鎌倉時代(1241年)博多で疫病が大流行した際、承天寺住職の聖一国師(円爾)が、疫病除去のため町民が担いだ施餓鬼棚に乗り町をまわり、祈祷水(甘露水)を撒いて町を清めたのが始まりという説です。

山笠は7月15日に“櫛田入り”といって、櫛田神社にまつられる素戔嗚尊奉納されます。

博多山笠の“流(ながれ)”とは?

山笠を担ぐ流派を“流(ながれ)”と呼びます。

鎌倉、室町から戦国時代、博多は大陸貿易の基地として栄えていました。それが故に、戦国大名や豪族の争奪の場となり、焼け野となってしまいました。

それを豊臣秀吉が復興を命じ、博多の街を区画毎に“流(ながれ)”として別けました(太閤町割)。これが流れの始まりといわれています。

“流れ”は恵比須流大黒流土居流東流西流中洲流千代流7流があります。

博多山笠の“飾り山(かざりやま)”と“舁き山(かきやま)”の違い

山笠は“飾り山”“舁き山”に別れます。

その違いは、舁き山は実際に動き走る山笠で、飾り山は各地に展示される展示用の山笠となります。舁(か)くとは、肩に棒を乗せて走ることをいいます。

この2つが別れた理由は電線にあります。明治時代、電気の普及で町に電線が張り巡らせられました。山笠はよく電線を切断するということがあり、ここから山笠の高さ制限が出来ました。こういった背景から祭事存続のため、動く“舁き山”と、見て楽しむ静の“飾り山”に別れていきました。飾り山は以前は15、6メートルあったそうです。

現在では、上川端通の飾り山笠のみが“走る飾り山笠”として、追い山ならし追い山“櫛田入り(櫛田神社へ奉納すること)”をしています。

博多山笠の名物 担いで駆け回る追い山

山笠の見物の一つに、担いで駆け回りスピードを競う“追い山”があります。

この追い山の始まりは、江戸時代(1687年)といわれています。かつての山笠は、“飾り山”の美しさを競いながら町を練り歩いていました。

しかしこの年、土井流が東長寺で休憩している間に、石堂流(現:恵比須流)に追い越されるということがありました。このとき2つの“流れ”が抜きつ抜かれつのレースが行われ、これが町人に受けたのが“追い山”の始まりといわれています。

博多山笠には“男山”と“女山”が存在する

山にはそれぞれ番号が振られています。奇数の番号を“差し山(差し山笠)”と呼び、偶数の番号を“堂山(堂山笠)”と呼びます。

一般的に差し山笠には雄壮な飾りがされており、堂山笠には優美な飾りを飾るのがしきたりとされています。このため、雄壮な飾りをする差し山を“男山”、優美な飾りを飾りをする山を“女山”と呼ぶこともあります。

博多山笠の日程

●7/1
・注連(しめ)下し
 祭りの初日に区域を清める行事のこと。
・ご神入れ
 神を山笠へ招き入れる神事のこと。
・お汐井とり
 各流の当番長が、一足先に清めの砂をとるため箱崎浜へ出向きます。
●7/9
・全流お汐井とり
 各流の舁き手が午後6時〜7時過ぎにかけて箱崎浜に集まり、沈む夕日に柏手を打って安全を祈願します。
●7/10
・流舁き
 舁き山が始まります。それぞれの流区域内を舁き回ります。
●7/11
・朝山笠
 これも流舁きですが、祝儀山ともいいます。早朝に町総代や旧役員を呼んで接待します。
・他流舁き
 この日だけ1日に2回舁きます。
●7/12
・追い山笠ならし
 追い山笠のリハーサルのこと
●7/13
・集団山見せ
 博多区明治通りの呉服町交差点~天神を舞台に各流れの山笠が披露されます。
 昭和37年に福岡市の要請で始まりました。
●7/10
・流舁き
 本番前最後の流舁きとなります。
●7/15
 一番山笠から順に“櫛田入り”します。

博多祇園山笠(ロング)

下記の動画では、博多祇園山笠の様子をご覧頂けます。


まとめ

博多の夏の風物詩の博多祇園山笠。町を山が疾走するのは大迫力ですね。
ご興味があるかたは足を運んでみては如何でしょうか。

『博多山笠女節/旅鳥』 長山洋子 [カセットテープ/CD]

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

夏風邪(子供)の原因と症状(熱・咳・鼻水)が出た時の食事や治療法

夏風邪(子供)の原因と症状(熱・咳・鼻水)が出た時の食事や治療法

夏の例年7月8月に、子供の間で流行する病気が“夏風邪”。発熱・咳・鼻水・くしゃみ・頭痛・下痢といった

記事を読む

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

セミが元気に鳴き始める季節になってきました。セミの鳴き声を聞くと夏を実感します。セミの中でも丸っこく

記事を読む

あやめ・かきつばた(杜若)・花菖蒲の違い見分け方。花言葉は?

あやめ・かきつばた(杜若)・花菖蒲の違い見分け方。花言葉は?

4月の終わり頃から初夏にかけて、全国各地で、あやめや、かきつばたや、花菖蒲の花が見られるようになりま

記事を読む

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

暑い日に“冷や奴”なんかを食べると美味しいですよね。そんな時に重宝する薬味のひとつ“みょうが”。

記事を読む

梅ジュース(シロップ)の栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅ジュース(梅シロップ)栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅の旬は6月。梅干しが食用として普及し始めたのは、江戸時代からと言われています。昔から日本人に愛され

記事を読む

花菖蒲園は明治神宮が有名。あやめとの違い見分け方・花言葉・育て方

花菖蒲園は明治神宮が有名。あやめとの違い見分け方・花言葉・育て方

6月頃になると花菖蒲(ハナショウブ)が見頃になってきますね。この夏、菖蒲園に行くのが楽しみという人も

記事を読む

入谷朝顔市とは。あさがおの花言葉・種まき育て方。緑のカーテンにも

入谷朝顔市とは。あさがおの花言葉・種まき育て方。緑のカーテンにも

7月頃になると花壇などで朝顔の花が見られるようになります。 朝顔は日本人に古くから愛されている夏の

記事を読む

七五三はいつからいつまで?起源・由来は?千歳飴の由来は?

七五三はいつからいつまで?起源・由来は?千歳飴の由来は?

10月〜11月は、3歳・5歳・7歳のお子様がいらっしゃるご家庭では七五三のシーズンですね。七

記事を読む

えんどう豆の保存・栄養・種類・剥き方は?家庭での栽培方法は?

えんどう豆の冷凍保存・栄養・種類・剥き方は?家庭での栽培方法は?

えんどう豆は料理もしやすく栄養価も高い野菜。甘くてシャキシャキして美味しい!そんなえんどう豆のことを

記事を読む

ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

6月頃になると山地などでは、ヤマボウシの花が見られるようになり、また街路樹や個人宅の庭木などでも見る

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑