ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

スポンサード リンク

249

6月頃になると山地などでは、ヤマボウシの花が見られるようになり、また街路樹や個人宅の庭木などでも見る事ができます。ヤマボウシは果実、そして紅葉と3回楽しめます。ヤマボウシは漢字で山法師と書きます。なんだか崇高な感じがしますね。そんなヤマボウシについてまとめてみました。

ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

ヤマボウシとハナミズキの違いと見分け方

このヤマボウシの花、ハナミズキの花は見た目がよく似ています。両方ともミズキ科のミズキ属になります。

この2つの花は見た目がそっくりなので、違いや見分け方のポイントがわからないという話を聞きます。

確かにこの2つの花は見た目そっくりですが、よーく見ると違いがわかります。

まず決定的に違うのは樹木です。ヤマボウシの樹皮はサラっとしているのに対し、ハナミズキの樹皮はデコボコに細かく割れています。この樹木の樹皮を見比べてみると見分けやすいです。

細かい点でいうと、ヤマボウシの花は先が尖っているのに対し、ハナミズキの花は先が丸いです。

豆知識ですが、ヤマボウシの花が5月の中旬頃に咲くのに対し、ハナミズキの花は4月の下旬頃と、ハナミズキのほうがヤマボウシよりも開花時期が早いです。

また、ヤマボウシは葉が出来てから花が咲くのに対し、ハナミズキは逆で、花咲いてから葉が出来るらしいです。こんな違いもあり面白いですね。

ヤマボウシとハナミズキ、どっちがどっちか見分けがつかない時は樹皮と花の形を見ると良いですね。

やまぼうしの花と果実

ヤマボウシの花びらにみえる部分、実はこれ花びらではなく、“総苞(そうほう)”といって葉の一種で、花弁のように見えているだけなんですね。

秋頃になると、直径1〜3cm程の赤い実を付けます。この果実は食べる事が出来、果肉の味はマンゴーのような甘さがあります。

果皮も熟したものはザラザラした砂糖粒のような食感があります。この実は果実酒山法師酒として使われます。

ヤマボウシの育て方と剪定について

新緑や紅葉も綺麗なので、庭木シンボルツリーとしても人気があります。

ヤマボウシの植え付けの時期は2月〜3月、もしくは11月〜12月が良いでしょう。極端に寒い時期は避けます。

場所は日当りの良い所を選び、春〜秋は充分に水を与えます。用土は水はけの良いものを選びましょう。冬は休眠しているので乾かし気味で大丈夫です。

肥料は冬は油かすと、骨粉を混ぜたものを株もとに与えます。

ヤマボウシの剪定の時期は2月上旬頃が良いでしょう。下手に手入れをすると樹形が乱れるので、本来は自然のままが理想です。気になる場合は残したい枝以外の“からみ枝”や“車枝”などを根元から切り取ります。

ヤマボウシの花

シンボルツリーとしても人気のヤマボウシ。下記の動画を観ると、お庭にヤマボウシを植えた時の感じが伝わります。


山法師 (やまぼうし) DSCN0153.AVI

下記の動画では庭園に咲くヤマボウシの花が鑑賞頂けます。


PhotoStory1ヤマボウシが熟れた!.wmv

下記の動画ではヤマボウシの赤い実が鑑賞出来ます。


まとめ

白く可愛い花びらに見えるのは、実は葉の一種だったんですね。
ヤマボウシの果実酒は、甘くコクのある味との事なので、今度味見してみたいものです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

花菖蒲園は明治神宮が有名。あやめとの違い見分け方・花言葉・育て方

花菖蒲園は明治神宮が有名。あやめとの違い見分け方・花言葉・育て方

6月頃になると花菖蒲(ハナショウブ)が見頃になってきますね。この夏、菖蒲園に行くのが楽しみという人も

記事を読む

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手が浜。育て方や花言葉

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手ヶ浜。育て方や花言葉

4月〜6月にかけ、北海道から本州や四国の山間部では、濃い薄紫色のクリンソウの花が見られるようになりま

記事を読む

えんどう豆の保存・栄養・種類・剥き方は?家庭での栽培方法は?

えんどう豆の冷凍保存・栄養・種類・剥き方は?家庭での栽培方法は?

えんどう豆は料理もしやすく栄養価も高い野菜。甘くてシャキシャキして美味しい!そんなえんどう豆のことを

記事を読む

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

皆さんは暑い日は何を食べますか?冷たい物…も良いですが、あえて汗をかくカレーとかも良いですよね。そん

記事を読む

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

春から初夏頃になると、ハーブ園などで見られる可愛いカモミールの花。ハーブティーやアロマなどでも親しま

記事を読む

グラジオラスの花言葉や植え方・育て方。支柱の立て方は?

グラジオラスの花言葉や球根の植え方と育て方・支柱の立て方

まるで剣のようにシャープな葉と、スラッと背を伸ばし美しい花を咲かせる“グラジオラス”。その名

記事を読む

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

この季節、野山の日当りの良い場所に行くと“サギソウ”の花を見る事が出来ます。7月〜8月が見頃です。

記事を読む

金木犀(キンモクセイ)の花言葉や香りの話と金木犀の育て方・挿し木など

金木犀(キンモクセイ)の花言葉や香りの話と金木犀の育て方・挿し木など

今年も街路樹や庭木などで金木犀(キンモクセイ)の花を見かける時期になりました。金木犀の花を見ると秋本

記事を読む

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

4月〜6月初旬頃まで、見事な花を咲かせる“シャクナゲ(石楠花)”。大きなボールのような花は気品があり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑