土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

スポンサード リンク

237

土用丑の日はやっぱりを食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

土用の丑の日の土用とは?なんでうなぎを食べるの由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?

「土用の丑の日」の“土用”とは、古代中国の五行思想からきています。五行思想とは全てのものは、木、火、土、金、水の5種類の元素から成り立っているという思想で、これを、四季にそれぞれ、春=木、夏=火、秋=金、冬=水と当てはめたところ、土だけが余ってしまいました。

そこで、余った土を「土の性質は全ての季節に均等に存在し、土を季節の変わり目にあたると定義」し、各季節の変わり目の、最後の18〜19日を「土用」とし、割り振りました。1年の日数が均等に五行に割り振られるようにした訳ですね。

そういった流れから土用というのは、夏だけに限らず季節の変わり目に存在するんですね。

この「土用」は終わる古い季節と、新しく始まる季節の間に有るため、季節を静かに“交代させる”働きがあるそうです。

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは何時頃から?由来は?

さて土用の丑の日といえば“うなぎ”ですね。このうなぎは何時頃から食されるようになったのでしょうか?調べてみたところ江戸時代の幕末辺りからのようです。

蘭学者の平賀源内に、近所の鰻屋さんが夏に鰻が売れずに困ると相談したところ、源内は店先に「本日、土用丑の日」と貼り紙をするアイデアを出します。鰻屋がこのアイデアを実行してみたところ、大ヒットし商売が繁盛したそうです。これを見た他の鰻屋さんも便乗し真似をするようになり、次第に全国へと広まっていったんですね。

なお、うなぎには身体に良い栄養素(ビタミンA、B1、B2、D、Eや、DHA、EPA、 ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム))が大変豊富な事でも有名です。

うなぎは夏バテ解消の疲労回復効果以外にも、美容効果、脳卒中予防、口内炎、高血圧予防などと様々な効果が期待できます。

土用の丑の日の丑の日とは?

土用の丑の日のこの“丑の日”は、「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の十二支の丑の事。各土用の日の中で、丑の日にあたる日が「土用丑の日」にあたります。

平賀源内は「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という風習があったところから、丑の日と鰻を結びつけたようです。ちなみに鰻以外にも梅や瓜など食べる習慣もあったようですが、今ではほとんど見られないようですね。

土用の丑の日……もウナギ激減

2013年はうなぎの漁獲­量が激減し、1960年の20分の1にまで落ち込んだそうです。下記の動画では近年の鰻事情が説明されています。


まとめ

土用丑の日に鰻を食べる事が一般化したのは、江戸時代からなんですね。平賀源内は機転は凄いですね。鰻の乱獲による漁獲­量の激減など心配な事もあります(ニホンウナギはレッドリスト(絶滅危惧種)に掲載されました。)が、今後も丑の日の鰻を楽しみにしたいですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

晩夏とはいつ頃?意味は?晩夏に関した書籍・楽曲を集めてみました。

晩夏とはいつ?意味は?晩夏を題材にした書籍・楽曲を集めてみました

もう夏も終わりが近づき、だんだん秋になってきましたね。夜もだいぶ涼しくなってきました。今のこの時期の

記事を読む

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

初夏になると、本州、四国、九州では夏椿(ナツツバキ)の花が見られます。白い清楚な花と、その涼しげな出

記事を読む

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

おつまみに重宝する“枝豆”。最近では海外でも人気急上昇だとか!そんな枝豆の茹でかたや栄養・効果・カロ

記事を読む

クマゼミ(熊蝉)の鳴き声や分布・生息地と幼虫〜成虫までの一生

クマゼミ(熊蝉)の鳴き声や分布・生息地と幼虫〜成虫までの一生

セミの鳴き声が聞こえてくると夏本番だなという気になります。セミにも種類がたくさんあり、鳴き声も体の大

記事を読む

紫外線アレルギーと日焼け対策 。目やシミや皮膚など人体へ影響は?

紫外線(UV)アレルギーと日焼け対策 。目・シミ・皮膚と人体影響

日差しの強い季節になると気になる事の一つが紫外線(UV)ですね。特に夏などは旅行やイベントに出かける

記事を読む

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

夏の“熱中症対策”は大丈夫ですか?熱中症で救急搬送される人は、年々増えていってます。中でも半数近くの

記事を読む

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

日差しの強い、暑い日が続く季節になってきました。 熱中症などにくれぐれもご用心ください。 夏日と

記事を読む

ニッコウキスゲ(日光キスゲ)の名所や花言葉

ニッコウキスゲ(日光キスゲ)見頃の時期や名所と花言葉

5月上旬〜8月上旬になると、草原などで山吹色に咲き誇る群生の“ニッコウキスゲ”を見ることが出来ます。

記事を読む

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生(はんげしょう)とは、“夏至(一年で一番昼が長く夜が短い日)”から、数えて11日目にあたる“雑

記事を読む

クールビズ 期間はいつから?環境省が推進。服装・靴・シャツは?

クールビズ 期間はいつから?環境省が推進。服装・靴・シャツは?

クールビズ(COOL BIZ)は、夏期にネクタイと上着を着ないでシャツだけで仕事をしょうという運動で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑