七夕はなぜ短冊へ願い事を書く?由来や歌など。織姫と彦星の七夕伝説

スポンサード リンク

413

7月7日七夕ですね。

七夕五節句の一つで“七夕の節句”ともいわれます。また短冊に願いを込め、笹にかけるところから“笹の節句”“星まつり”とも呼ばれています。あなたは短冊にどんな願い事をしますか?

そんな七夕のことをまとめてみました。

七夕はなぜ短冊へ願い事を書く?由来や歌など。織姫と彦星の七夕伝説

七夕の歌「たなばたさま」

「たなばたさま」
作詞:権藤はなよ・林柳波
作曲:下総皖一

笹の葉サラサラ
軒端に揺れる
お星様キラキラ
金銀砂子

五色の短冊
わたしが書いた
お星様キラキラ
空から見てる

この歌詞に出てくる金銀砂子とは、夜空に輝く星が、まるで金や銀の細かい砂のように輝いて見えるという意味を表しています。綺麗な表現ですね。

七夕(たなばた)の起源や由来は?

現在に伝わる七夕の起源や由来には諸説あります。
それではひとつひとつみていきましょう。

棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説。

昔日本では7月7日の夜に、選ばれた乙女が、お盆をむかえる準備として、水辺につくった棚の上で神に捧げる神御衣(かみこ)を織るという行事がありました。

この神御衣を織る乙女のことを棚機つ女(たなばたつめ)と呼び、その時に使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機だったといわれています。その後、棚機(たなばた)から七夕(しちせき)七夕から“たなばた”と呼ぶようになりました。

七夕伝説。天の川に遮られた織姫と彦星のお話

昔、天帝(天の神様)には、はた織りが上手な織姫(おりひめ)という娘がいました。
織姫は年頃になると、働き者の牛使いの彦星(ひこぼし)と結婚しました。

二人は仲が良く、仕事そっちのけでデートばかりしていました。
それに怒った天帝は二人を天の川の両岸に別れさせてしまいました。

別れさせれた二人は悲しみ、今度はその悲しみのあまり仕事をしなくなりました。

そこで天帝は仕事を励むことを条件に、年に一度7月7日の夜だけ二人を合わせることにしました。
二人は年に一度のこの日を楽しみにして、また仕事に励むようになりました。

「七夕物語」(Tanabata story)中国の昔話 福娘童話集Aminated.avi

下記の動画では、織姫と彦星のお話をアニメで教えてくれています。


乞巧奠(きこうでん)という行事。

中国では7月7日に織姫にあやかり、機織りや芸事のの上達やを願う乞巧奠(きこうでん)と呼ばれる行事があります。

この日は庭先の祭壇に針などをお供えし、星に祈りを捧げます。

現在の七夕はこれら「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説、「織姫と彦星(七夕伝説)」の伝説、中国古来から伝わる「乞巧奠(きこうでん)」という行事が合わさり、現在の形になったといわれています。

七夕には何故、短冊に願い事を書くの?

七夕には短冊に願い事を書き笹竹に吊るします。この風習が始まったのは江戸時代からです。

江戸時代は寺子屋があり、この寺子屋では子ども達が習い事をしていました。この頃七夕の日に、習い事の上達を願い短冊に書き、笹に吊るす風習が生まれました。笹に飾る理由として、笹竹は昔から邪気を祓う役目があり、神の力が宿ると考えられていたからという説があります。

本来、七夕の願い事は、物事の上達や無病息災を願うものだったようです。

七夕の飾りの種類は?

七夕は笹竹を五色の短冊と、華やかな飾りで彩ります。
どれも折り紙などで造れますので、チャレンジしてみては如何でしょうか。

● 五色の短冊
願い事を書きます。

● くずかご
物を祖末にしないように、飾りの紙くずなどを入れます。

● 網飾り(あみかざり)
豊年豊作大漁を祈願します。

● 吹流し(吹き流し)
織姫の織糸を現しています。

● 梶の葉(かじのは)
もともとは短冊ではなく梶の葉に願い事を書いていました。

● 千羽鶴(せんばづる)
長寿や健康を祈願します。

● 巾着(きんちゃく)
金運上昇を祈願します。

● 紙衣(かみこ)
手芸の上達を祈願します。
また衣服に困らなくなるという意味もあります。

七夕の折り紙レシピ

簡単!折り紙 織姫と彦星の折り方 七夕飾り|Origami Tanabata

下記の動画では、織姫と彦星の折り方を教えてくれています。


「七夕飾り」折り紙”Tanabata decoration”origami

下記の動画では、七夕の飾りを作りかたを教えてくれています。


折り紙 七夕飾り ちょうちん 折り方作り方

下記の動画では、七夕の飾りを作りかたを教えてくれています。

まとめ

七夕といえば夏の風物詩ですね。七夕の由来にはこのような諸説があったのですね。織姫と彦星の一年に一度しか会えない話はなんだか切ない気もしますが、今年も七夕の日を楽しみたいと思います。

こちらの記事も合わせてどうぞ
織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

梅ジュース(シロップ)の栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅ジュース(梅シロップ)栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅の旬は6月。梅干しが食用として普及し始めたのは、江戸時代からと言われています。昔から日本人に愛され

記事を読む

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

おいさ!おいさ!7月1日〜7月15日にかけて、福岡県福岡市博多では“博多祇園山笠(はかたぎおんやまか

記事を読む

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

梅雨の時期になると日本各地で、あじさいが見られるようになります。青・紫・ピンクと色とりどりに咲く花が

記事を読む

アマリリスの花について。花言葉は?球根の植え替えと育て方

アマリリスの花言葉や歌詞。球根の植え替えや花後の手入れと育て方

ラリラリラリラ〜しらべはアマリリス♪ 5月〜6月頃になると、花壇などで、濃い紅色に咲き誇るアマリリ

記事を読む

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・茹で方・焼き方など。

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・ゆで方・焼き方など。

今年もあまーい“とうもろこし”が美味しい季節になってきました。とうもろこしはただ甘くて美味しいという

記事を読む

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さんが鬼の役目をして、子供に豆を投

記事を読む

紫外線アレルギーと日焼け対策 。目やシミや皮膚など人体へ影響は?

紫外線(UV)アレルギーと日焼け対策 。目・シミ・皮膚と人体影響

日差しの強い季節になると気になる事の一つが紫外線(UV)ですね。特に夏などは旅行やイベントに出かける

記事を読む

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

初夏になると、本州、四国、九州では夏椿(ナツツバキ)の花が見られます。白い清楚な花と、その涼しげな出

記事を読む

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

夏の“熱中症対策”は大丈夫ですか?熱中症で救急搬送される人は、年々増えていってます。中でも半数近くの

記事を読む

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用丑の日はやっぱり鰻を食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑