月下美人の花言葉とその由来や食べ方・育て方

スポンサード リンク

215

今年も月下美人の花が咲く時期になりました。月下美人の開花時期は6月〜11月頃です。

月下美人は、香りが強い純白の大きくて綺麗な花を咲かせます。そんな綺麗な月下美人ですが、実際に咲いている姿を見た事がない…という人も少なくないかもしれません。

それもそのはず、通常の花は日中に開花することが多いなか、月下美人は夕方から咲き始め翌朝には萎んでしまうのです。

月下美人という名前の由来も、一夜かぎり月の下で美しい花を咲かせるところからきているようです。ちなみに美人薄命という言葉も、この月下美人から由来しているいわれています。

今回はそんな月下美人花言葉とその由来食べ方(はい、実は食べれます)、育て方などをまとめてみました。

月下美人の花言葉とその由来や食べ方・育て方

月下美人の花言葉とその由来

月下美人の花言葉は
あでやかな美人・はかない美・はかない恋
になります。

月下美人は夜の間に開花し、翌朝には萎んでしまうというなんとも儚い花です。はかない美・はかない恋といった花言葉もここからきているようです。

暗闇に咲く白く美しい姿も、あでやかな美人という花言葉がぴったりです。

月下美人の花の食べ方は?

あなたは月下美人の花は食べる事が出来ると知っていましたか?
台湾ではスープの具にも使われるようです。

天ぷらや、湯通し後、砂糖・酢・醤油であえ酢の物としたりと楽しめます。

月下美人の育て方

月下美人は直射日光を避け、半日陰で育てるのが好ましいです。

水やりは土の表面が乾いたらやる程度に適度にします。あまりやりすぎると根腐れを起こします。肥料は生育期に液肥を二週間に一回程度与えます。

年に一回しか咲かないと言われますが、管理次第では二度咲きもします。

冬は室内の明るい場所で管理します。その際、冷房などに当たらないように注意が必要です。

月下美人の育て方・日常管理 栽培のコツ

こちらの動画では、月下美人の育て方を教えてくれています。


挿し木後1年で月下美人が開花!

こちらの動画では、月下美人の挿し木による増殖する方法を教えてくれています。




まとめ

月下美人は夕方から咲き始め、翌朝には萎んでしまう儚い花なんですね。花言葉のはかない美・はかない恋も納得です。

一年に一回しか咲かないとも言われていますが、管理次第で変わるようです。

花が食べれるのは驚きました。天ぷらにして食べたら美味しそうですね。

ご興味のある方は月下美人を育ててみては如何でしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

秋刀魚(さんま)のカロリーは?旨いさんまの見分け方や食べ方やレシピなど

秋刀魚(さんま)のカロリーは?旨いさんまの見分け方や食べ方やレシピなど

食欲の秋。秋は秋刀魚(さんま)が美味しい季節です。さんまの旬は8月の終わり頃から10月頭くらいです。

記事を読む

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

日差しの強い、暑い日が続く季節になってきました。 熱中症などにくれぐれもご用心ください。 夏日と

記事を読む

重陽の節句(菊の節句)とは?意味や由来。行事食(料理・菊酒)など

重陽の節句(菊の節句)とは?意味や由来。行事食(料理・菊酒)など

9月9日は五節句のひとつ、長寿祈願を願う“重陽の節句”の日です。この日は菊を用いて行事を行うので“菊

記事を読む

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・茹で方・焼き方など。

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・ゆで方・焼き方など。

今年もあまーい“とうもろこし”が美味しい季節になってきました。とうもろこしはただ甘くて美味しいという

記事を読む

海の日とはどういう祝日?いつ?海の日が始まった由来など

海の日とはどういう祝日?いつ?海の日が始まった由来など

今年も“海の日”が近づいてきました。晴れると良いですね。 この三連休、あなたはどう過ごされますか?

記事を読む

ひまわり(ヒマワリ/向日葵)の名前の由来や花言葉と育て方

ひまわり(ヒマワリ/向日葵)の花言葉と育て方。種の栄養や効果は?

太陽めがけ元気よくスクッと立ち上がり、立派な黄色い花を満開に咲かせる“ひまわり(向日葵)”。なんとも

記事を読む

ヤマモモジャムやヤマモモ酒の作り方やレシピ。花言葉や栄養・効能は?

ヤマモモジャムやヤマモモ酒の作り方レシピ。花言葉や栄養や効能効果

春に花が咲き、夏に赤く可愛い実がなる“ヤマモモ(山桃)”。その果実は、ヤマモモジャム(山桃ジ

記事を読む

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用丑の日はやっぱり鰻を食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

記事を読む

入谷朝顔市とは。あさがおの花言葉・種まき育て方。緑のカーテンにも

入谷朝顔市とは。あさがおの花言葉・種まき育て方。緑のカーテンにも

7月頃になると花壇などで朝顔の花が見られるようになります。 朝顔は日本人に古くから愛されている夏の

記事を読む

防水スプレー靴の注意点。アメダスの使い方と防水効果。フッ素危険?

アメダスの持続性と効果。防水スプレー靴用の使い方。フッ素危険?

防水スプレーを使うと、雨だけでなく汚れなどもはじいてくれます。吹き掛けると、吹き掛けた物の表面に薄い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑