そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方・下ごしらえ・冷凍保存やレシピ

スポンサード リンク

226

そら豆が美味しい季節になってきました。さっと茹でるだけで、様々な料理にもアレンジ出来ますし、栄養も豊富で身体に嬉しい食品です。そんなそら豆のことをまとめてみました。

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方・下ごしらえ・冷凍保存やレシピ

そら豆の栄養・効果・効能は?

そら豆は春から初夏にかけて旬を迎え、美味しく頂けます。そら豆には、植物性タンパク質、食物繊維、カリウム、鉄分、マグネシムウム、亜鉛、ビタミンB1・B2と栄養分が豊富です。

タンパク質は身体の筋肉や臓器などの材料となる欠かせない栄養素です。食物繊維は腸内環境を改善し、便秘解消に効果があります。カリウムは身体から塩分を排出し、高血予防の効果を発揮します。マグネシウムは血圧の調整や、骨の形成を促します。またイライラなどを解消してくれます。

ビタミンB1は疲労物質である乳酸が身体に溜まるのを防ぎ、疲労回復の効果があります。ビタミンB2は、新陳代謝を高め、シミやシワの予防などの美肌効果が期待でき、また健康な皮膚や毛髪、爪などの成長を促します。

そら豆は豆類の中でも、亜鉛が多く、肌荒れなどやニキビ予防にも効果があります。また利尿効果があり、体内の滞った水を綺麗に排出してくれる効果があります。

そら豆は身体に優しい、栄養満点の食品なんですね。

そら豆の下ごしらえやゆで方。冷凍保存は出来るの?

豆の黒い部分に包丁で切れ込みを少し入れて茹でるなど、そら豆をゆでる時にはポイントがあります。

そら豆はサヤから豆を出すと水分が蒸発し始めますので、下ごしらえを行うタイミングは調理する直前が良いでしょう。“美味しいのは3日間”と言われるほど鮮度が大事です。

保存する際は、サヤから出した後に早めに固めに茹で、ビニール袋に並べて冷凍しましょう。

オリンピックの超簡単レシピ ゆでそら豆の作り方 ★ちょっとしたコツがあります

下記の動画では、ゆでそら豆の作り方を紹介しています。包丁の切り方のポイントも詳しく教えてくれていますよ。


そら豆の料理のレシピは?

そら豆はなんといっても食感が大事です。ゆで過ぎず、焼き過ぎず加減をみましょう。下記にそら豆に関するレシピ動画を集めてみました。

超簡単!美味しいそら豆パスタのレシピ

下記の動画では、そら豆を使ったパスタの作り方を解説してくれています。


ガスコンロで「そら豆とチーズのパスタ」料理動画レシピ

下記動画では、そら豆を使ったチーズパスタの作り方を解説してくれています。


そら豆のペペロンチーノ

下記動画では、そら豆を使ったペペロンチーノの作り方を解説してくれています。


そら豆ごはん

下記動画では、そら豆ごはんの作り方を解説してくれています。


まとめ

炒めて良し、焼いて良し、煮て良し、揚げて良しと使い勝手も良く、栄養満点で美味しいそら豆。美味しく頂いて元気を付けたいと思います。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

花菖蒲園は明治神宮が有名。あやめとの違い見分け方・花言葉・育て方

花菖蒲園は明治神宮が有名。あやめとの違い見分け方・花言葉・育て方

6月頃になると花菖蒲(ハナショウブ)が見頃になってきますね。この夏、菖蒲園に行くのが楽しみという人も

記事を読む

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

5月〜7頃になると山野で、ウツギの花が観られるようになります。このウツギ、漢字では“空木”と

記事を読む

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

梅雨の時期になると日本各地で、あじさいが見られるようになります。青・紫・ピンクと色とりどりに咲く花が

記事を読む

入谷朝顔市とは。あさがおの花言葉・種まき育て方。緑のカーテンにも

入谷朝顔市とは。あさがおの花言葉・種まき育て方。緑のカーテンにも

7月頃になると花壇などで朝顔の花が見られるようになります。 朝顔は日本人に古くから愛されている夏の

記事を読む

クランベリーの膀胱炎効果は?効能はシミや美肌も期待。育て方や剪定

クランベリーの膀胱炎効果は?栄養効能はシミや美肌に。育て方や剪定

女性に多いと言われる病気、膀胱炎。男性は比較的少なく、“女性の5人に1人が生涯に1度は経験する病気”

記事を読む

アマリリスの花について。花言葉は?球根の植え替えと育て方

アマリリスの花言葉や歌詞。球根の植え替えや花後の手入れと育て方

ラリラリラリラ〜しらべはアマリリス♪ 5月〜6月頃になると、花壇などで、濃い紅色に咲き誇るアマリリ

記事を読む

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生(はんげしょう)とは、“夏至(一年で一番昼が長く夜が短い日)”から、数えて11日目にあたる“雑

記事を読む

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

この季節、野山の日当りの良い場所に行くと“サギソウ”の花を見る事が出来ます。7月〜8月が見頃です。

記事を読む

防水スプレー靴の注意点。アメダスの使い方と防水効果。フッ素危険?

アメダスの持続性と効果。防水スプレー靴用の使い方。フッ素危険?

防水スプレーを使うと、雨だけでなく汚れなどもはじいてくれます。吹き掛けると、吹き掛けた物の表面に薄い

記事を読む

ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

4月頃から11月ぐらいまで、花壇などでは紫、黄色、赤、ピンク、白といった色とりどりの“ペチュニアの花

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑