ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

スポンサード リンク

215

セミが元気に鳴き始める季節になってきました。セミの鳴き声を聞くと夏を実感します。セミの中でも丸っこくて小型なのが“ニイニイゼミ”です。ニイニイゼミ鳴き声は?名前の由来は?漢字ではどう書く?分布は?今回はニイニイゼミのことをまとめてみました。

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

ニイニイゼミの鳴き声と名前の由来

地域にもよりますがニイニイゼミは、他のセミより早く鳴き始めます。
ニイニイゼミの鳴き声は「チ--」または「ジージー」と高い声で鳴き、次第に音程が早くなっていき、途中、「チッチッチ・・・」と鳴きます。これが「ニィニィ」と鳴いているようにも聞こえるというところから、ニイニイゼミという名前がついたという説もあります。

ニイニイゼミ

下記の動画では、ニィニィゼミの泣く姿がご覧になれます。


ニイニイゼミを漢字で書くとどんな字

ニイニイゼミを漢字で書くと「蟪蛄」と書きます。“けいこ”とも読むようですね。

ニイニイゼミの分布と生息地は?

ニイニイゼミの生息地は北海道、本州、四国、九州、沖縄島と広く分布しています。

ニイニイゼミの特徴は

ニイニイゼミは他のセミと比べると、小型(体長は20〜24mm程度)で体型が丸っこく、横幅が広いという特徴があります。

また日本のセミの中では珍しく翅(はね)にまだらな模様があります。木に止まったニイニイゼミを遠くから見ると、まるで木の模様と同化しているかのように見えます。ニイニイゼミは主に桜の木に止まっている事が多いようです。

ニイニイゼミが鳴き始める時期や、ニイニイゼミの一生

ニイニイゼミが鳴き始める時期は、6月の終わり、または7月の初旬頃から8月の中旬くらい迄と言われています。

平地の明るい雑木林などで見ることが出来ます。幼虫が育つには湿った土壌が必要なので、乾燥した場所では数が少ないようです。

そのためかニイニイゼミの抜け殻は泥がついています。地中から出てきたニイニイゼミは成虫になる時間が短く、羽化するとその日の夜には飛行する事ができます。寿命は2週間前後と言われています。

まとめ

夏の風物詩ともいえるセミ芭蕉の句に有名は「閑さや岩にしみいる蝉の声」という句がありますが、これは一説によればこのセミニイニイゼミではないかとされているそうですよ。

セミのあのかん高い鳴く鳴く姿は、何年も地中で過ごし、成虫になってからわずか二週間程度で命を燃やし尽くす姿そのもののように思えます。

こちらの記事も合わせてどうぞ
クマゼミ(熊蝉)の鳴き声や分布・生息地と幼虫〜成虫までの一生

ツクツクボウシの鳴き声は?漢字で書くとどんな字?名前の由来など

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

6月頃になると山地などでは、ヤマボウシの花が見られるようになり、また街路樹や個人宅の庭木などでも見る

記事を読む

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

5月〜7頃になると山野で、ウツギの花が観られるようになります。このウツギ、漢字では“空木”と

記事を読む

鈴虫寺の魅力(幸福地蔵様・幸福お守り・鈴虫の鳴き声・説法)

鈴虫寺の魅力(鈴虫の鳴き声・幸福お守り・鈴虫説法・幸福地蔵様)

紅葉が美しい秋の観光シーズンになると、京都はたくさんの人で賑わいます。その中で一際長蛇の列を作るお寺

記事を読む

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

この季節、野山の日当りの良い場所に行くと“サギソウ”の花を見る事が出来ます。7月〜8月が見頃です。

記事を読む

栗(くり)の栄養や効果・効能やカロリーは?栗料理レシピ紹介

栗(くり)の栄養や効果・効能やカロリーは?栗料理レシピ紹介

秋の味覚といえば“栗(くり)”ですね。栗ごはん・栗きんとん・むき栗と、栗(くり)が美味しい季

記事を読む

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

7月7日は七夕ですね。この日に天気が晴れていれば、夜9時頃の東の夜空を見上げると、彦星(ひこぼし)と

記事を読む

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

日差しの強い、暑い日が続く季節になってきました。 熱中症などにくれぐれもご用心ください。 夏日と

記事を読む

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

初夏になると、本州、四国、九州では夏椿(ナツツバキ)の花が見られます。白い清楚な花と、その涼しげな出

記事を読む

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

初夏になると甘い香りを放つ、クチナシ(梔子)の純白の花が咲きます。その白さが緑葉の中で一際目立ちます

記事を読む

台風対策 窓ガラスをガムテープやダンボールで強化。浸水には雑巾

台風対策|窓ガラスをガムテープやダンボールで強化。浸水には雑巾

今年も台風のシーズンとなりました。台風は風害、水害、高潮害、波浪害など様々な災害を引き起こします。し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑