百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

スポンサード リンク

236

夏になると“百日紅(サルスベリ)の花”が開花時期を迎えます。“サルスベリ”なんとも面白い名前だと思いませんか?印象的なので、一度聞いたらその名前が記憶に残ります。そんな百日紅(サルスベリ)名前の由来花言葉、そして育て方などをまとめてみました。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

百日紅(サルスベリ)の花言葉は?

百日紅の花言葉は、
「雄弁・活動・不用意・愛敬」
になります。

百日紅は夏に花を咲かせます。この枝先に群がる花が、まるでお話をしているように見えることから“雄弁”という花言葉がついているようですよ。なんだか可愛いですね。

百日紅(サルスベリ)の名前の由来は?

さて、百日紅(サルスベリ)の名前の由来はどこから来ているのでしょうか。調べてみたところ幾つか諸説があるようです。

一つは猿にまつわるお話です。
この樹の樹皮はツルツルしている為、木登りが得意な猿でさえ滑り落ちて登れないというところからきているそうです。
また、同じような意味の別名で“サルナメリ”というのもあり、この“ナメリ”とは滑るという意味らしいです。

他には中国の伝説からきている話があります。
昔、恋人と百日後に会う約束をした娘がいました。しかし約束の百日目の直前に亡くなってしまいました。

亡くなった後、娘のお墓には一本の木が生えてきて、その木は綺麗な紅色の花を咲かせました。

人々は、その木を娘の生まれ変わりとして大事に育てました。
百日の間、恋人を待ち続けた娘にちなんで“百日紅”という名前をつけたとされています。

サルスベリの育て方。うどん粉病に注意

サルスベリを綺麗に咲かせるコツとしては日当りがあげられます。
日当りの悪いところだと花が付きにくいので、日当りの良い場所を選びましょう。7月〜10月頃に花を咲かせます。

百日紅は比較的、強健な植物で暑さにも強いですが、反面寒さには弱かったり、また“うどん粉病”に注意しなくてはなりません。

うどん粉病は葉や茎を白く覆い生育を弱らせてしまうので、日当りと風遠しに気をつけ、枝が混み合わないように冬の時期に剪定をしましょう。

水やりは極端にやる必要はありませんが、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやりましょう。用土は水はけがよく、肥沃な土にします。

サルスベリ の育て方・日常管理

こちらの動画ではサルスベリの育て方を親切に教えてくれています。


サルスベリ(百日紅)の育て方・日常管理



サルスベリの育て方

こちらの動画ではサルスベリの育て方と剪定の仕方を親切に教えてくれています。


まとめ

●百日紅(サルスベリ)の花言葉は、雄弁・活動・不用意・愛敬。
●百日紅(サルスベリ)の名前の由来は、猿からきている説と、中国の伝説からきている説がある。
●百日紅(サルスベリ)は強健だが、うどん粉病に気をつけよう。

名前の由来では猿は滑るとなっていますが、本当か検証してみたいです。
ヒョイヒョ〜イと楽勝で猿に登られてしまったら、“サルノボリ”に改名しないといけませんね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

夏の“熱中症対策”は大丈夫ですか?熱中症で救急搬送される人は、年々増えていってます。中でも半数近くの

記事を読む

防災の日(防災週間)はいつ?非常時に役立つ防災グッズなど

防災の日(防災週間)訓練はいつ?非常時に役立つ防災グッズ

自然災害はいつなんどき起こるかわかりません。日頃からいざという時や、災害時の意識を持つことが大事です

記事を読む

クールビズ 期間はいつから?環境省が推進。服装・靴・シャツは?

クールビズ 期間はいつから?環境省が推進。服装・靴・シャツは?

クールビズ(COOL BIZ)は、夏期にネクタイと上着を着ないでシャツだけで仕事をしょうという運動で

記事を読む

彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉や名所・別名は?彼岸花の毒の話など

彼岸花(曼珠沙華・ヒガンバナ)の花言葉や名所・別名は?毒の話など

秋のお彼岸の頃に真っ赤な花を咲かせる“彼岸花(ヒガンバナ)”。スッと伸ばした茎は一日に10cm以上も

記事を読む

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

春から初夏頃になると、カモミールの花が咲き始めます。カモミールをカモミールティーにして飲むのも良いで

記事を読む

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

4月〜6月初旬頃まで、見事な花を咲かせる“シャクナゲ(石楠花)”。大きなボールのような花は気品があり

記事を読む

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

初夏になると、本州、四国、九州では夏椿(ナツツバキ)の花が見られます。白い清楚な花と、その涼しげな出

記事を読む

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培の仕方など

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培・育て方

カレーの名脇役と言えば?そう“らっきょう(辣韮)”ですね。僕も大好きです。ところでらっきょうって栄養

記事を読む

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生(はんげしょう)とは、“夏至(一年で一番昼が長く夜が短い日)”から、数えて11日目にあたる“雑

記事を読む

レンゲツツジの名前の由来と花言葉。ヤマツツジとの違いは?

レンゲツツジの花言葉や名所など。ヤマツツジとの違いは?

5月〜6月になると山地などで、レンゲツツジ(蓮華躑躅)やヤマツツジ(山躑躅) が見られるようになりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑