百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

スポンサード リンク

236

夏になると“百日紅(サルスベリ)の花”が開花時期を迎えます。“サルスベリ”なんとも面白い名前だと思いませんか?印象的なので、一度聞いたらその名前が記憶に残ります。そんな百日紅(サルスベリ)名前の由来花言葉、そして育て方などをまとめてみました。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

百日紅(サルスベリ)の花言葉は?

百日紅の花言葉は、
「雄弁・活動・不用意・愛敬」
になります。

百日紅は夏に花を咲かせます。この枝先に群がる花が、まるでお話をしているように見えることから“雄弁”という花言葉がついているようですよ。なんだか可愛いですね。

百日紅(サルスベリ)の名前の由来は?

さて、百日紅(サルスベリ)の名前の由来はどこから来ているのでしょうか。調べてみたところ幾つか諸説があるようです。

一つは猿にまつわるお話です。
この樹の樹皮はツルツルしている為、木登りが得意な猿でさえ滑り落ちて登れないというところからきているそうです。
また、同じような意味の別名で“サルナメリ”というのもあり、この“ナメリ”とは滑るという意味らしいです。

他には中国の伝説からきている話があります。
昔、恋人と百日後に会う約束をした娘がいました。しかし約束の百日目の直前に亡くなってしまいました。

亡くなった後、娘のお墓には一本の木が生えてきて、その木は綺麗な紅色の花を咲かせました。

人々は、その木を娘の生まれ変わりとして大事に育てました。
百日の間、恋人を待ち続けた娘にちなんで“百日紅”という名前をつけたとされています。

サルスベリの育て方。うどん粉病に注意

サルスベリを綺麗に咲かせるコツとしては日当りがあげられます。
日当りの悪いところだと花が付きにくいので、日当りの良い場所を選びましょう。7月〜10月頃に花を咲かせます。

百日紅は比較的、強健な植物で暑さにも強いですが、反面寒さには弱かったり、また“うどん粉病”に注意しなくてはなりません。

うどん粉病は葉や茎を白く覆い生育を弱らせてしまうので、日当りと風遠しに気をつけ、枝が混み合わないように冬の時期に剪定をしましょう。

水やりは極端にやる必要はありませんが、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやりましょう。用土は水はけがよく、肥沃な土にします。

サルスベリ の育て方・日常管理

こちらの動画ではサルスベリの育て方を親切に教えてくれています。


サルスベリ(百日紅)の育て方・日常管理



サルスベリの育て方

こちらの動画ではサルスベリの育て方と剪定の仕方を親切に教えてくれています。


まとめ

●百日紅(サルスベリ)の花言葉は、雄弁・活動・不用意・愛敬。
●百日紅(サルスベリ)の名前の由来は、猿からきている説と、中国の伝説からきている説がある。
●百日紅(サルスベリ)は強健だが、うどん粉病に気をつけよう。

名前の由来では猿は滑るとなっていますが、本当か検証してみたいです。
ヒョイヒョ〜イと楽勝で猿に登られてしまったら、“サルノボリ”に改名しないといけませんね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

ガクアジサイ(額紫陽花)ヤマアジサイの違い。花言葉・育て方・剪定

ガクアジサイ(額紫陽花)ヤマアジサイの違い。花言葉・育て方・剪定

6月中旬頃になると、ガクアジサイの花が見られるようになります。ガクアジサイは優しく淡い色をしていて可

記事を読む

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

春から初夏頃になると、カモミールの花が咲き始めます。カモミールをカモミールティーにして飲むのも良いで

記事を読む

アガパンサス(ムラサキクンシラン)の育て方と花言葉や名前の由来は

アガパンサス(ムラサキクンシラン)の育て方と花言葉や名前の由来は

梅雨の時期を中心に花を咲かせる“アガパンサス”。和名では“ムラサキクンシラン(紫君子蘭)”と呼ぶそう

記事を読む

入谷朝顔市とは。あさがおの花言葉・種まき育て方。緑のカーテンにも

入谷朝顔市とは。あさがおの花言葉・種まき育て方。緑のカーテンにも

7月頃になると花壇などで朝顔の花が見られるようになります。 朝顔は日本人に古くから愛されている夏の

記事を読む

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用丑の日はやっぱり鰻を食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

記事を読む

台風対策 窓ガラスをガムテープやダンボールで強化。浸水には雑巾

台風対策|窓ガラスをガムテープやダンボールで強化。浸水には雑巾

今年も台風のシーズンとなりました。台風は風害、水害、高潮害、波浪害など様々な災害を引き起こします。し

記事を読む

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

梅雨の時期になると日本各地で、あじさいが見られるようになります。青・紫・ピンクと色とりどりに咲く花が

記事を読む

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

初夏になると甘い香りを放つ、クチナシ(梔子)の純白の花が咲きます。その白さが緑葉の中で一際目立ちます

記事を読む

晩夏とはいつ頃?意味は?晩夏に関した書籍・楽曲を集めてみました。

晩夏とはいつ?意味は?晩夏を題材にした書籍・楽曲を集めてみました

もう夏も終わりが近づき、だんだん秋になってきましたね。夜もだいぶ涼しくなってきました。今のこの時期の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑