シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

スポンサード リンク

241

4月〜6月初旬頃まで、見事な花を咲かせる“シャクナゲ(石楠花)”。大きなボールのような花は気品があり魅力的ですね。シャクナゲは花木の女王とも呼ばれるとか。またこの季節はシャクナゲ園も開園していますね。そんなシャクナゲのことをまとめてみました。

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

シャクナゲの名前の由来

この名前の由来は、漢字で書くと“石楠花”と書きます。

この石楠花は本来、他の花を指しているのだそうですが、日本では間違われて認識され、“しゃくなんげ”がしゃくなげになったとか。また、やや背が低い(尺なし)、“尺無し”からきているとも言われています。

シャクナゲの花言葉

シャクナゲの花言葉

威厳・警戒・危険・荘厳

になります。

なんだかシャクナゲの花には似合わない花言葉だと思いませんか?

実はシャクナゲは、元々ヒマラヤなどの高山地帯の奥地に咲く花だとか。

高山に咲いていた、このシャクナゲの花を摂りに行くには危険が伴い、また荘厳なイメージがあったのですね。このことから、これらの花言葉が付けられたようです。

また、遠くから眺めているだけで、自分のものにならないという意味で“高嶺の花”という言葉がありますが、これはこのシャクナゲからきていると言われています。

しゃくなげ(石南花)には毒がある

ちなみに、しゃくなげの花には痙攣(けいれん)を引き起こす、ロードトキシンなどを含んだ毒があります。大量に葉を摂取すると下痢や吐き気、呼吸困難を引き起こすおそれがあります。

シャクナゲの育て方

シャクナゲは日当りの良い場所を好みます。ただし直射日光は避けましょう。

根が浅く、乾燥しやすいので、水切れに注意しましょう。また根元には、乾燥を防ぐため腐葉土をかぶせます。

シャクナゲは酸性の土を好みます。肥料は3月と9月に固形肥料を根元に与え、11月〜2月までは肥料を与えません。若木の場合は、薄い液肥を与えます。

マレーシャクナゲの育て方・日常管理

下記の動画ではマレーシャクナゲ育て方日常管理について説明してくれています。


姫シャクナゲの育て方・日常管理

下記の動画では姫シャクナゲ育て方日常管理について説明してくれています。


シャクナゲ園情報

この季節になるとシャクナゲの花が楽しめる、シャクナゲ園に出かけるのもよいですね。

北軽井沢・浅間高原シャクナゲ園8・Petite Fleur小さな花

下記の動画では北軽井沢・浅間高原シャクナゲ園の様子がご覧になれます。


春 シャクナゲの花

下記の動画では宮崎県三股町しゃくなげの森の様子がご覧になれます。


グリーンピア八女 シャクナゲ園

下記の動画ではグリーンピア八女 シャクナゲ園の様子がご覧になれます。


伊豆市昭和の森シャクナゲ園

下記の動画では伊豆市昭和の森シャクナゲ園の様子がご覧になれます。


まとめ

見事な花を咲かせるシャクナゲ。でも毒があるんですね、驚きました。
高嶺の花という言葉もシャクナゲの花からきていたんですね。
シャクナゲにご興味のある方は、シャクナゲ園にお出かけしみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手が浜。育て方や花言葉

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手ヶ浜。育て方や花言葉

4月〜6月にかけ、北海道から本州や四国の山間部では、濃い薄紫色のクリンソウの花が見られるようになりま

記事を読む

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

セミが元気に鳴き始める季節になってきました。セミの鳴き声を聞くと夏を実感します。セミの中でも丸っこく

記事を読む

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

7月7日は七夕ですね。この日に天気が晴れていれば、夜9時頃の東の夜空を見上げると、彦星(ひこぼし)と

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

暑い日に“冷や奴”なんかを食べると美味しいですよね。そんな時に重宝する薬味のひとつ“みょうが”。

記事を読む

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用丑の日はやっぱり鰻を食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

記事を読む

そうめんの栄養やダイエット効果は?レシピやアレンジの仕方

そうめんの栄養やカロリーとダイエット効果。レシピアレンジ

夏バテ気味で、なんだか食欲が出ない… そんな時は“そうめん”などは如何でしょうか。冷たい麺に、お好み

記事を読む

エゴノキの花は白くて清楚。育て方は?庭木(シンボルツリー)人気

エゴノキの花は白くて清楚。育て方は?庭木(シンボルツリー)人気

初夏の5月頃になると雑木林にエゴノキの花が顔を覗かせます。エゴノキの名前の由来は、果実の味がえぐい(

記事を読む

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

夏の“熱中症対策”は大丈夫ですか?熱中症で救急搬送される人は、年々増えていってます。中でも半数近くの

記事を読む

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

春から初夏頃になると、ハーブ園などで見られる可愛いカモミールの花。ハーブティーやアロマなどでも親しま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑