レンゲツツジの花言葉や名所など。ヤマツツジとの違いは?

スポンサード リンク

327

5月〜6月になると山地などで、レンゲツツジ(蓮華躑躅)ヤマツツジ(山躑躅) が見られるようになります。赤色などに染まった山道は鮮やかで良いですね。そんなレンゲツツジヤマツツジのことをまとめてみました。

レンゲツツジの花言葉や名所など。ヤマツツジとの違いは?

ツツジ(躑躅)とレンゲツツジ(蓮華躑躅)の名前の由来

“ツツジ(躑躅)”名前の由来は解明されていないようです。

次々に花を咲かせる様から名付けられたという説や、花の姿形が“筒咲く”が転訛したという説があります。

レンゲツツジ(蓮華躑躅)名前の由来は、レンゲツツジには毒があり動物が食べないので放牧地などでは“大群落”となっていることがあります。

赤い花がたくさん咲き、まるで“蓮華畑”のようなので、“蓮華躑躅“という名前が付けられました。

レンゲツツジ(蓮華躑躅)は有毒

レンゲツツジはツツジ科ツツジ属になります。

一見綺麗なこのレンゲツツジですが、先程書いたように、実は毒があります。

ツツジの花の甘い蜜を吸ったことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんが、レンゲツツジの場合は致死性になりうる毒がありますので口にしないよう注意が必要です。

漢字で“躑躅(つつじ)”“羊躑躅”とされることがありますが、
これは

羊この葉を食せば躑躅(てきちょく:ウロウロする)として斃 (たお)る

からきており、ツツジにはレンゲツツジなど一部有毒なものがあることから“躑躅”となっているんですね。

牛や馬が誤ってこの葉を食べてしまうと、麻痺するということから、“馬酔木(あせび)”とも言われます。

レンゲツツジの花言葉とヤマツツジの花言葉は?

レンゲツツジの花言葉

溢れる向上心・情熱・堅実

になります。

赤やオレンジなどの花が咲き誇る姿がは、“溢れる向上心・情熱”という花言葉はピッタリですね。

ヤマツツジの花言葉

努力・燃える思い

になります。

先のレンゲツツジに似ていますが、こちらも鮮やかに花を咲かせる姿が“努力・燃える思い”という花言葉がピッタリですね。

野山をまるで花色で染め上げる様からこの花言葉がついたようです。

ちなみにヤマツツジは、もっとも一般的な種類で、全国の低山に生育しています。“春葉”と“夏葉”をもつ半落葉植物です。

レンゲツツジ(蓮華躑躅)と ヤマツツジ(山躑躅) 違い。見分け方は?

レンゲツツジとヤマツツジはとても似ていますが、よく見ると花の形が違います。

レンゲツツジの花の方は細く先が尖っているのに対し、ヤマツツジの花の方は丸みがあります。

レンゲツツジ(蓮華躑躅)の名所やスポット

霧ヶ峰のレンゲツツジ

下記の動画では霧ヶ峰に咲くレンゲツツジの様子がご覧頂けます。


湯の丸高原のレンゲツツジ/Yunomaru Highlands Azalea Festival(shot on red one)

下記の動画では湯の丸高原に咲くレンゲツツジの様子がご覧頂けます。


甘利山レンゲツツジと富士山(2010.6.19)

下記の動画では甘利山に咲くレンゲツツジ富士山の様子がご覧頂けます。


赤城山(赤城神社とレンゲツツジ)

下記の動画では赤城山に咲くレンゲツツジの様子がご覧頂けます。


徳仙丈山 (宮城県 気仙沼市 及び 本吉町)

下記の動画では徳仙丈山に咲くレンゲツツジの様子がご覧頂けます。


つつじ(躑躅)は松尾芭蕉や小林一茶も俳句にも


ツツジ(躑躅)を詠んだ俳句には

つつじいけて 其陰に 干鱈さく女
松尾芭蕉

百両の 石にもまけぬ つつじ哉
小林一茶

近道へ 出てうれし野  躑躅かな
与謝蕪村

などがあります。

ツツジは日本でも古くから愛されている花なんですね。

まとめ

初夏の山を彩るレンゲツツジやヤマツツジ。花言葉の通り、見ている人の気持ちも高めてくれそうです。天気の良い日に山へ散策に出かけてみるのも良いですね。

レンゲツツジ■良品庭木■紅花レンゲツツジ10.5cmポット

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手が浜。育て方や花言葉

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手ヶ浜。育て方や花言葉

4月〜6月にかけ、北海道から本州や四国の山間部では、濃い薄紫色のクリンソウの花が見られるようになりま

記事を読む

ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

6月頃になると山地などでは、ヤマボウシの花が見られるようになり、また街路樹や個人宅の庭木などでも見る

記事を読む

アガパンサス(ムラサキクンシラン)の育て方と花言葉や名前の由来は

アガパンサス(ムラサキクンシラン)の育て方と花言葉や名前の由来は

梅雨の時期を中心に花を咲かせる“アガパンサス”。和名では“ムラサキクンシラン(紫君子蘭)”と呼ぶそう

記事を読む

冷夏とは?エルニーニョ現象影響とは。長梅雨。気象庁注意を呼びかけ

冷夏とは?エルニーニョ現象から影響?長梅雨。気象庁注意を呼びかけ

冷夏(れいか)とは、平年の平均気温と比べて、気温の低い夏の事を言います。よく天気予報で平年並・冷夏・

記事を読む

紫外線アレルギーと日焼け対策 。目やシミや皮膚など人体へ影響は?

紫外線(UV)アレルギーと日焼け対策 。目・シミ・皮膚と人体影響

日差しの強い季節になると気になる事の一つが紫外線(UV)ですね。特に夏などは旅行やイベントに出かける

記事を読む

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

4月〜6月初旬頃まで、見事な花を咲かせる“シャクナゲ(石楠花)”。大きなボールのような花は気品があり

記事を読む

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

夏になると“百日紅(サルスベリ)の花”が開花時期を迎えます。“サルスベリ”なんとも面白い名前だと思い

記事を読む

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

セミが元気に鳴き始める季節になってきました。セミの鳴き声を聞くと夏を実感します。セミの中でも丸っこく

記事を読む

クーラー病(冷房病)の症状、頭痛・吐き気・むくみ。原因と対策は?

クーラー病(冷房病)の症状、頭痛・吐き気・むくみ。原因と対策は?

暑い日は、室内でクーラーに涼むに限りますね。でもこのクーラー、“クーラー病”という言葉があるだけあっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑