らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

スポンサード リンク

242

皆さんは暑い日は何を食べますか?冷たい物…も良いですが、あえて汗をかくカレーとかも良いですよね。そんなカレーに欠かせないのが“らっきょう(辣韮)”ですよね。人によっては、あの匂いがちょっと…という人もいますが、僕はあの甘酸っぱいシャキシャキした感じが大好きです。そんならっきょうのことをまとめてみました。

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

らっきょう酢の作り方とらっきょうの漬け方

らっきょう酢の作り方

まずはらっきょう酢の作り方から紹介していきます。らっきょう酢の作り方は簡単です。まずは材料として以下の物を揃えましょう。

(らっきょう1㎏分に使う量)
● ハチミツ 50g
● 酢 500cc
● 塩 少々
● 砂糖 150g
● 水 100cc

鍋に先程の材料を全て入れ中火で暖めます。沸騰直前くらいで火を止めます。その後は自然と熱が冷めるまで放置します。その際にアクが出てきますので、綺麗にとりましょう。

アクを取り、熱が冷めたららっきょう酢の完成です。

らっきょうの漬け方

市場で売られているらっきょうは、根の付いた“根付きらっきょう”、掘り取ったままの“泥付きらっきょう”、水洗いした“洗いらっきょう”があります。

この洗いらっきょうは、既に下処理がされており、皮が剥かれ、茎と根の切除(芽が出ないように)され、塩水などで洗ってくれています。今回はすぐに使える“洗いらっきょう”の漬け方を紹介していきます。

まずは、らっきょうを流水で揉むように洗います。この洗っている時に、薄皮がはがれます。その後ザルにあげます。

次に鍋にお湯をたっぷりと湧かし、先程のザルごと、10秒間浸します。その後、ザル事一気に湯きりし冷まします。

最後に煮沸殺菌した容器にらっきょうを入れ、らっきょう酢をひたひたになるまで流し込みます。

らっきょう酢に漬けた後、10日もすれば食べれるようになります。理想としては一ヶ月程漬けると味が染み込みより美味しく頂けます。

作成後は冷蔵庫や冷暗所で保存しましょう。

らっきょう酢の作り方(簡単な甘酢のレシピ) – How to make Sweet Pickling Vinegar

下記の動画ではらっきょう酢(甘酢)の作り方の手順を、わかりやすく説明してくれています。先に紹介した材料とは違いますが、こちら甘酢が一般的ですね。


簡単だからやってみよう!らっきょう簡単漬け

下記の動画では、らっきょうの漬け方の手順を、わかりやすく説明してくれています。


ラッキョウの選び方と保存方法について

らっきょうを選ぶ時は、ふっくらしており全体的に粒がそろっているものを選ぶと良いようです。根付けらっきょうの場合は、芽があまり伸びすぎていないものを選びます。またらっきょうは買ってきたらすぐに酢漬けするなど加工する事をおすすめします。生の場合食べる場合も乾燥しないように袋詰めにし冷蔵庫などで保存しましょう。

まとめ

らっきょうはお手軽に栄養も取れるし、保存も楽ですね。今後もカレーのお供に、らっきょうは欠かせません。

こちらの記事もあわせてどうぞ
らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培・育て方

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生(はんげしょう)とは、“夏至(一年で一番昼が長く夜が短い日)”から、数えて11日目にあたる“雑

記事を読む

インパチェンス【アフリカホウセンカ】育て方や花言葉。八重咲きも。

インパチェンス【アフリカホウセンカ】育て方や花言葉。八重咲きも。

6月の初夏頃になると赤・白・ピンク・オレンジ・紫など、カラフルで鮮やかなインパチェンスの花が、花壇な

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

初夏になると甘い香りを放つ、クチナシ(梔子)の純白の花が咲きます。その白さが緑葉の中で一際目立ちます

記事を読む

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

7月7日は七夕ですね。この日に天気が晴れていれば、夜9時頃の東の夜空を見上げると、彦星(ひこぼし)と

記事を読む

夏バテの原因・症状や予防と対策。解消効果のある食材。

夏バテの原因・症状や予防と対策。解消効果のある食材は?

う〜ん…だるい…。暑い日が続き、食欲が出ないし、なんだかバテ気味。あなたは“夏バテ”になってはいませ

記事を読む

梅ジャムレシピと作り方。栄養と効能や灰汁(アク)抜きなど

梅ジャムレシピと作り方。栄養や効能と灰汁(アク)抜きなど

梅は梅干し・梅酒・梅サワー・梅みそ・梅肉と様々な使い道がありますが、“梅ジャム”なんてのも良いですよ

記事を読む

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

4月〜6月初旬頃まで、見事な花を咲かせる“シャクナゲ(石楠花)”。大きなボールのような花は気品があり

記事を読む

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・茹で方・焼き方など。

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・ゆで方・焼き方など。

今年もあまーい“とうもろこし”が美味しい季節になってきました。とうもろこしはただ甘くて美味しいという

記事を読む

バラ園 東京・千葉・神奈川・関東地方でおすすめスポットは?

バラ園の関東地方名所は?東京近郊・千葉・神奈川・秋10月も見頃

今年も綺麗で甘い香りがするバラが咲き誇る季節の到来です。各地のバラ園でバラが美しく満開になってきてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑