ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

スポンサード リンク

216

4月頃から11月ぐらいまで、花壇などでは紫、黄色、赤、ピンク、白といった色とりどりの“ペチュニアの花”が見られます。日本では“ツクバネアサガオ”とも呼ばれています。

このペチュニアは原産地は南アメリカの花です。日本に伝わった時は、枯れることも多いため人気も今ひとつだったとか。

その後、品種改良が進み丈夫な種類や人気品種が生まれ、人気出てきたそうです。日本にガーデニングのブームを起こすきっかけにもなったとか。

そんなペチュニアのことをまとめてみました。

ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

ペチュニアの花言葉は?

ペチュニアの花言葉

あなたと一緒なら心が和らぐ・心がなごむ・心のやすらぎ・咲きたての笑顔・変化に富む

になります。

癒しキャラみたいな花言葉ですね。色鮮やかに咲く姿は、まさしく“咲きたての笑顔”といった感じがします。

ペチュニアの育て方や摘芯(てきしん)や切り戻しについて

ペチュニアは4月下旬頃〜5月に植え付けします。植え替えの場合は連作障害を起こす可能性があるので、土を替えましょう。

ペチュニアは日当りの良い場所を好みます。雨にあたると傷んでしまうので、雨のあたらない場所が的しています。水を好みますので、水はけの良い土を選び、土が乾いたらたっぷりと水をやりましょう。※ただし花にはかけないように。花に水をかけると傷んでしまいます。

また肥料を切らすと、花のつきが悪くなりますので、10日に1回は、液体肥料を追肥しましょう。夏の暑さには強いですが、寒さには弱いので冬には枯れてしまいます。

ペチュニアは“摘芯”(芽先を摘み取ること)してやると株が大きく育ちます。また、ある程度花が咲き終わったら“切り戻し”をしてやることで、更に株が大きくなります。

摘芯(てきしん)とは?

下記の動画では、摘芯について解説してくれています。


3回目も楽しもう ペチュニアの育て方・日常管理

下記の動画ではペチュニア育て方日常管理の仕方のポイントを説明してくれています。


ペチュニアの育て方・日常管理 切り戻し 4回目

下記の動画ではペチュニア育て方日常管理の仕方のポイントを説明してくれています。


ペチュニアの切り戻し

下記の動画では、ペチュニア切り戻しについての手順を説明してくれています。


【家庭菜園】ベジトラグ菜園の連作障害対策・土壌改良

下記の動画では、連作障害の対策について説明をしてくれています。


まとめ

ペチュニアの花は花壇などでよく見かけるなじみのある花です。初心者にも比較的育てやすいようなので、興味のあるかたは育ててみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

紫外線アレルギーと日焼け対策 。目やシミや皮膚など人体へ影響は?

紫外線(UV)アレルギーと日焼け対策 。目・シミ・皮膚と人体影響

日差しの強い季節になると気になる事の一つが紫外線(UV)ですね。特に夏などは旅行やイベントに出かける

記事を読む

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・茹で方・焼き方など。

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・ゆで方・焼き方など。

今年もあまーい“とうもろこし”が美味しい季節になってきました。とうもろこしはただ甘くて美味しいという

記事を読む

そうめんの栄養やダイエット効果は?レシピやアレンジの仕方

そうめんの栄養やカロリーとダイエット効果。レシピアレンジ

夏バテ気味で、なんだか食欲が出ない… そんな時は“そうめん”などは如何でしょうか。冷たい麺に、お好み

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉や名所・別名は?彼岸花の毒の話など

彼岸花(曼珠沙華・ヒガンバナ)の花言葉や名所・別名は?毒の話など

秋のお彼岸の頃に真っ赤な花を咲かせる“彼岸花(ヒガンバナ)”。スッと伸ばした茎は一日に10cm以上も

記事を読む

栗(くり)の栄養や効果・効能やカロリーは?栗料理レシピ紹介

栗(くり)の栄養や効果・効能やカロリーは?栗料理レシピ紹介

秋の味覚といえば“栗(くり)”ですね。栗ごはん・栗きんとん・むき栗と、栗(くり)が美味しい季

記事を読む

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

おいさ!おいさ!7月1日〜7月15日にかけて、福岡県福岡市博多では“博多祇園山笠(はかたぎおんやまか

記事を読む

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

夏になると“百日紅(サルスベリ)の花”が開花時期を迎えます。“サルスベリ”なんとも面白い名前だと思い

記事を読む

レンゲツツジの名前の由来と花言葉。ヤマツツジとの違いは?

レンゲツツジの花言葉や名所など。ヤマツツジとの違いは?

5月〜6月になると山地などで、レンゲツツジ(蓮華躑躅)やヤマツツジ(山躑躅) が見られるようになりま

記事を読む

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

皆さんは暑い日は何を食べますか?冷たい物…も良いですが、あえて汗をかくカレーとかも良いですよね。そん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑