ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

スポンサード リンク

225

夏に可愛い花を咲かせるムクゲ(むくげ)。漢字では木槿花(もくきんか)と書きます。別名はハチスです。

韓国では国花になっています。そんなムクゲ育て方剪定害虫花言葉などをまとめてみました。

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

ムクゲ(むくげ)の育て方

ムクゲは丈夫な花木で、手間もあまりかかりません。昔から庭木シンボルツリーとしても人気があります。

植え付けは3月頃が適しています。日当りが良く、風通しの良い場所を選びましょう。

土は特には選びませんが、水はけの良いものが適しています。植え付け場所には腐葉土を施すとなお良いでしょう。

水は地植えの場合は一度根付いてしまえば、特に水やりをする必要はないですが、鉢植えの場合は、表面が乾いてきたらたっぷりと水をやりましょう。夏場は特に乾きやすいので注意が必要です。

肥料は、真冬は株辺りに寒肥として完熟堆肥などをすきこみます。夏は7月上旬と9月に化成肥料を少量施します。

ムクゲの剪定

ムクゲの剪定は花芽のない秋〜春の落葉期に行いましょう。芽が出て伸び始める春でも出来ますが、その場合は5月中には終わらせます。放任してもある程度まとまった形になりますので、樹形や全体のバランスを整える感じで枝を切ると良いでしょう。

ムクゲにつきやすい害虫

ムクゲは丈夫なので病気の被害はほとんど見られませんが、春〜夏にかけてはアブラムシやハマキムシなどの害虫に注意が必要です。見つけ次第薬剤を散布して駆除しましょう。

ムクゲの育て方に関する動画

ムクゲの育て方・日常管理

こちらの動画では、ムクゲの特徴や育て方のポイントをわかりやすく説明してくれています。


ムクゲの育て方

こちらの動画では、ムクゲの特徴や剪定の仕方や害虫、育て方についての注意点を詳しく教えてくれています。


ムクゲ(むくげ)の花言葉は?

ムクゲ(むくげ)の花言葉
尊敬・柔和・信念・デリケートな美
となります。

ムクゲは明るくなる前に咲き始め、夕方にはしぼんでしまう一日花です。
その様からも、デリケートな美はピッタリの花言葉ですね。

花の命は短いですが、散っても散っても後から次々に新しい花を咲かせます。信念という花言葉はこの逞しい様からきているのかもしれませんね。

このようにムクゲはかなり長い間咲き続けます。
栽培も容易なところから、庭木としても昔から人気があります。

まとめ

ムクゲは丈夫で育てやすい植物だが、ハマキムシなどの害虫には注意が必要。一日花なので、デリケートな美という花言葉がピッタリの花ですね。

この花のように散っても散っても、何度も人生に綺麗な花を咲かせたいものです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に出し放置しておくと傷むの早いの

記事を読む

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方のポイントやレシピ情報。

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方・下ごしらえ・冷凍保存やレシピ

そら豆が美味しい季節になってきました。さっと茹でるだけで、様々な料理にもアレンジ出来ますし、栄養も豊

記事を読む

紫外線アレルギーと日焼け対策 。目やシミや皮膚など人体へ影響は?

紫外線(UV)アレルギーと日焼け対策 。目・シミ・皮膚と人体影響

日差しの強い季節になると気になる事の一つが紫外線(UV)ですね。特に夏などは旅行やイベントに出かける

記事を読む

防水スプレー靴の注意点。アメダスの使い方と防水効果。フッ素危険?

アメダスの持続性と効果。防水スプレー靴用の使い方。フッ素危険?

防水スプレーを使うと、雨だけでなく汚れなどもはじいてくれます。吹き掛けると、吹き掛けた物の表面に薄い

記事を読む

ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

4月頃から11月ぐらいまで、花壇などでは紫、黄色、赤、ピンク、白といった色とりどりの“ペチュニアの花

記事を読む

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

セミが元気に鳴き始める季節になってきました。セミの鳴き声を聞くと夏を実感します。セミの中でも丸っこく

記事を読む

アマリリスの花について。花言葉は?球根の植え替えと育て方

アマリリスの花言葉や歌詞。球根の植え替えや花後の手入れと育て方

ラリラリラリラ〜しらべはアマリリス♪ 5月〜6月頃になると、花壇などで、濃い紅色に咲き誇るアマリリ

記事を読む

梅ジュース(シロップ)の栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅ジュース(梅シロップ)栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅の旬は6月。梅干しが食用として普及し始めたのは、江戸時代からと言われています。昔から日本人に愛され

記事を読む

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

日差しの強い、暑い日が続く季節になってきました。 熱中症などにくれぐれもご用心ください。 夏日と

記事を読む

おはぎのカロリーは?ぼたもちとの違いや冷凍保存仕方・作り方レシピ

おはぎとぼたもちとの違いは?カロリーや冷凍保存仕方・作り方レシピ

お彼岸の季節になると仏壇に供える“おはぎ”。甘くて美味しいですね〜。今回はそんな美味しいおはぎの気に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑