みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

スポンサード リンク

227

暑い日に“冷や奴”なんかを食べると美味しいですよね。そんな時に重宝する薬味のひとつ“みょうが”

あのシャキシャキした感じと独特の香りがたまりません。一般的にみょうがとして使用される、赤い芽のようなものは、実はみょうがの花のつぼみで“花みょうが”です。そんな“みょうが”のことをまとめてみました。

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

みょうが(冥加)の栄養や効果は?

みょうがの、あの独特の香りの正体は、アルファビネンという精油成分によるものです。このアルファビネンには、発汗作用、呼吸や血液の循環、肩こり、腰痛、神経痛、高血圧などに効果があり、またホルモンバランスを整えてくれる働きがあり、女性特有の生理不順や生理痛などにも効果があるようです。

みょうがのあの辛さには、殺菌作用もあり、解毒作用や口内炎、喉の痛みにも効果があります。

ミョーガの選び方は?

ミョーガを選ぶ時のポイントは、形に丸みがあり、なるべく身がしまったものを選ぶと良いでしょう。また色もややピンクがかったものが良いでしょう。

みょうがの切り方

みょうがのさわやかな香りは、和食の薬味としては最適ですね。あのさわやかな香りが、食欲を促進してくれます。

しかし、みょうがのように香りの強いものは、切り方次第で風味が全然変わるようです。料理に合わせて切り方を変わってきます。

例として、豆腐や煮物など、いろいろとつかえる、みょうがの千切りを紹介します。

みょうがを千切りにする際は、まずはさっと水洗いをしてから、根元を切り落し、次に縦に半分に切り、その縦半分にしたものを細かく千切りします。

細かく千切りしたみょうがは、水に浸し、さっとあくを落し、ざるでしっかり水を切ります。長時間水にさらすと、せっかくの香りを辛みが逃げてしまいますので気をつけましょう。

みょうがの保存の仕方

保存する場合は、冷蔵庫で保管します。乾くと独特の香りが消えてしまうので、保存袋に入れ、霧吹きなどで水分を与えるとよいです。冷凍保存は一ヶ月ほど持ちます。

みょうがのレシピ

そんなみょうがは、そばそうめん冷や奴の薬味から、天ぷら酢の物味噌汁の具と、いろんな食材と合わせれる便利な食材ですね。

みょうがの甘酢漬け

下記の動画では、みょうがの甘酢漬けの調理方法がご覧になれます。


おかず屋 じゅてーむ 梅じそサラダ レシピ

下記の動画では、みょうがを使った梅じそサラダの調理の仕方がご覧になれます。


内田悟のやさい塾.tv:夏野菜(オクラ・みょうが・大葉)

下記の動画では、夏バテに効く夏野菜の調理の仕方を教えてくれています。
そうめんをパスタ風にあえ、いただくと美味しいようです。


まとめ

みょうがのあの香りと辛さは料理を引き立てるだけでなく、身体にも良い成分がいろいろあるんですね。
料理の一品に、みょうがを付け足すと良いですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

防水スプレー靴の注意点。アメダスの使い方と防水効果。フッ素危険?

アメダスの持続性と効果。防水スプレー靴用の使い方。フッ素危険?

防水スプレーを使うと、雨だけでなく汚れなどもはじいてくれます。吹き掛けると、吹き掛けた物の表面に薄い

記事を読む

クールビズ 期間はいつから?環境省が推進。服装・靴・シャツは?

クールビズ 期間はいつから?環境省が推進。服装・靴・シャツは?

クールビズ(COOL BIZ)は、夏期にネクタイと上着を着ないでシャツだけで仕事をしょうという運動で

記事を読む

レンゲツツジの名前の由来と花言葉。ヤマツツジとの違いは?

レンゲツツジの花言葉や名所など。ヤマツツジとの違いは?

5月〜6月になると山地などで、レンゲツツジ(蓮華躑躅)やヤマツツジ(山躑躅) が見られるようになりま

記事を読む

海の日とはどういう祝日?いつ?海の日が始まった由来など

海の日とはどういう祝日?いつ?海の日が始まった由来など

今年も“海の日”が近づいてきました。晴れると良いですね。 この三連休、あなたはどう過ごされますか?

記事を読む

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

夏の“熱中症対策”は大丈夫ですか?熱中症で救急搬送される人は、年々増えていってます。中でも半数近くの

記事を読む

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

5月〜7頃になると山野で、ウツギの花が観られるようになります。このウツギ、漢字では“空木”と

記事を読む

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

春から初夏頃になると、カモミールの花が咲き始めます。カモミールをカモミールティーにして飲むのも良いで

記事を読む

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用丑の日はやっぱり鰻を食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

記事を読む

バラ園 東京・千葉・神奈川・関東地方でおすすめスポットは?

バラ園の関東地方名所は?東京近郊・千葉・神奈川・秋10月も見頃

今年も綺麗で甘い香りがするバラが咲き誇る季節の到来です。各地のバラ園でバラが美しく満開になってきてい

記事を読む

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

初夏になると甘い香りを放つ、クチナシ(梔子)の純白の花が咲きます。その白さが緑葉の中で一際目立ちます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑