織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

スポンサード リンク

222

7月7日七夕ですね。この日に天気が晴れていれば、夜9時頃の東の夜空を見上げると、彦星(ひこぼし)織姫(おりひめ)、そして天の川を見る事が出来ます。一年に一度だけ会えるという彦星と織姫の七夕物語は、なんとも切なくそしてロマンチックに感じます。そんな彦星織姫のことをまとめてみました。

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

彦星と織姫の星は?

織姫の星は琴座のベガ、彦星の星は鷲座のアルタイルになります。また、これに白鳥座のデネブを合わせると、“夏の大三角形”になります。

この織姫星彦星天の川を隔てて、向かい合うように位置しています。
天の川とは夜空を横切るように存在する雲状の光の帯の銀河のことです。

都会では星自体を見る事も難しくなってきています。

普段なかなか夜空をじっくり見たりしないかもしれませんが、
この日は夜空を見上げて、織姫と彦星を探してみては如何でしょうか。

彦星と織姫の七夕物語

夜空に輝く天の川の近くに天の神様がいました。その天の神様には、織姫という娘がいました。織姫ははたを織って着物を作る仕事をしていました。

織姫は年頃になると、牛使いの彦星と結婚しました。彦星はとてもよく働く若者でした。

二人は仲が良すぎる為、仕事を忘れ遊んでばかりいました。
そのため周囲から不満があがり、やがて天の神様の耳にも入りました。

それに怒った天の神様は、二人を天の川の両岸に離ればなれにしました。

別れ別れのなった二人はとても悲しみました。

それを見た天の神様は、年に一度7月7日だけ
二人を合わせてやることにしました。

二人は年に一度会えるこの日を励みにして
また仕事に精を出すようになりました。

「七夕物語」(Tanabata story)中国の昔話 福娘童話集Aminated.avi

下記の動画では、織姫と彦星のお話をアニメで教えてくれています。


織姫と彦星を折り紙で作ろう。

簡単!折り紙 織姫と彦星の折り方 七夕飾り|Origami Tanabata

下記の動画では、織姫と彦星の折り方を教えてくれています。


簡単折り紙★ 七夕飾りの折り方 ★天の川(あみかざり)| Origami Tanabata

下記の動画では、天の川の折り方を教えてくれています。


七夕かざり  くす玉  おりがみ 簡単  origami kusudama

下記の動画では、七夕のくす玉の折り方を教えてくれています。


まとめ

一年に一度しか会えない七夕のお話は、なんだかちょっと切ない気がします。7月7日は晴れたらいいですね。この日は短冊にお願い事をしてみましょう。


こちらの記事も合わせてどうぞ
七夕はなぜ短冊へ願い事を書く?由来や歌など。織姫と彦星の七夕伝説

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

クールビズ 期間はいつから?環境省が推進。服装・靴・シャツは?

クールビズ 期間はいつから?環境省が推進。服装・靴・シャツは?

クールビズ(COOL BIZ)は、夏期にネクタイと上着を着ないでシャツだけで仕事をしょうという運動で

記事を読む

今回は七五三に付き添う親の服装についてまとめてみました。

七五三での母親(ママ)父親(パパ)の服装は?

七五三は子どもの晴れ舞台ですね。七五三の起源は室町時代といわれており、武家社会を中心に関東か

記事を読む

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

初夏になると甘い香りを放つ、クチナシ(梔子)の純白の花が咲きます。その白さが緑葉の中で一際目立ちます

記事を読む

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

日本の夏の“雑節”の一つ、“半夏生(はんげしょう)”。 “夏至”の日から数えて11日目にあたる日か

記事を読む

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

春から初夏頃になると、カモミールの花が咲き始めます。カモミールをカモミールティーにして飲むのも良いで

記事を読む

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

皆さんは暑い日は何を食べますか?冷たい物…も良いですが、あえて汗をかくカレーとかも良いですよね。そん

記事を読む

アマリリスの花について。花言葉は?球根の植え替えと育て方

アマリリスの花言葉や歌詞。球根の植え替えや花後の手入れと育て方

ラリラリラリラ〜しらべはアマリリス♪ 5月〜6月頃になると、花壇などで、濃い紅色に咲き誇るアマリリ

記事を読む

エゴノキの花は白くて清楚。育て方は?庭木(シンボルツリー)人気

エゴノキの花は白くて清楚。育て方は?庭木(シンボルツリー)人気

初夏の5月頃になると雑木林にエゴノキの花が顔を覗かせます。エゴノキの名前の由来は、果実の味がえぐい(

記事を読む

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

春から初夏頃になると、ハーブ園などで見られる可愛いカモミールの花。ハーブティーやアロマなどでも親しま

記事を読む

レンゲツツジの名前の由来と花言葉。ヤマツツジとの違いは?

レンゲツツジの花言葉や名所など。ヤマツツジとの違いは?

5月〜6月になると山地などで、レンゲツツジ(蓮華躑躅)やヤマツツジ(山躑躅) が見られるようになりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑