半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

スポンサード リンク

223

半夏生(はんげしょう)とは、“夏至(一年で一番昼が長く夜が短い日)”から、数えて11日目にあたる“雑節(特別な暦日)”のことです。もしくは、その日からの5日間を指します。毎年7月2日頃、もしくは7月2日頃〜7日頃までを指します。

この半夏生を向かえると、梅雨明け間近、もしくは梅雨明けの頃といわれています。そんな半夏生のことをまとめてみました。

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生(はんげしょう)の由来や風習

半夏生は農家にとって大事な節目とされてきました。

この頃に降る雨は大雨になることが多く“半夏雨(もしくは半夏水)”と呼ばれています。

半夏生は天から毒気が降るといわれており、井戸にも蓋をして毒気を塞いだり、この日に採れた野菜も食べてはいけないとされました。

地方によっては、半夏生までに農作業を終わらせ、5日間は休むとするころもあります。また各地方によって、この日にたこ(タコ)サバ(鯖)うどんを食べる風習があります。

半夏生と呼ばれるようになった説には、“半夏(ハンゲ)”という薬草が生える時期だからという説、“半夏生(ハンゲショウ)”の花が咲く時期だからという説などがあります。

今回は“ハンゲショウ”の花に焦点をあててみました。

ハンゲショウの名前の由来や花言葉

ハンゲショウ(半夏生)は、ドクダミ科の多年草になります。

別名は片白草(カタシロソウ、カタシロクサ)、サンパクソウ、半化粧。

名前の由来は先に書いたように、半夏生の頃に花が咲くことからついた説と、カタシロソウや半化粧という名前の通り、葉の半分が白くなり、まるで化粧をしているように見えることなどの説があります。

ハンゲショウ花言葉

内に秘めた情熱、内気

になります。


ハンゲショウの育て方

ハンゲショウを育てるには、日当りの良い湿潤地が良いでしょう。水を好み、乾燥を嫌いますので、土は水持ちの良いものを選び、湿り気を保ちます。肥料は控えめでも大丈夫です。開花時期は6月中旬〜8月上旬頃です。

ハンゲショウの育て方・日常管理

下記の動画では、ハンゲショウの育て方を教えてくれています。


両足院の半夏生

下記の動画では、両足院に咲く半夏生の綺麗な花が鑑賞頂けます。


大覚寺の半夏生

下記の動画では、大覚寺に咲く半夏生の綺麗な花が鑑賞頂けます。


まとめ

半夏生は昔から農家の人にとっては大事な節目とされてきたのですね。
半分化粧をしたようなハンゲショウの花も不思議な魅力がありますね。

半夏生の日をむかえるということは、今年も残すところ半分ということですね。気を引き締めてがんばりたいと思います。


こちらの記事も合わせてどうぞ。
半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

7月7日は七夕ですね。この日に天気が晴れていれば、夜9時頃の東の夜空を見上げると、彦星(ひこぼし)と

記事を読む

金木犀(キンモクセイ)の花言葉や香りの話と金木犀の育て方・挿し木など

金木犀(キンモクセイ)の花言葉や香りの話と金木犀の育て方・挿し木など

今年も街路樹や庭木などで金木犀(キンモクセイ)の花を見かける時期になりました。金木犀の花を見ると秋本

記事を読む

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

梅雨の時期になると日本各地で、あじさいが見られるようになります。青・紫・ピンクと色とりどりに咲く花が

記事を読む

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

夏になると“百日紅(サルスベリ)の花”が開花時期を迎えます。“サルスベリ”なんとも面白い名前だと思い

記事を読む

台風対策 窓ガラスをガムテープやダンボールで強化。浸水には雑巾

台風対策|窓ガラスをガムテープやダンボールで強化。浸水には雑巾

今年も台風のシーズンとなりました。台風は風害、水害、高潮害、波浪害など様々な災害を引き起こします。し

記事を読む

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に出し放置しておくと傷むの早いの

記事を読む

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

おいさ!おいさ!7月1日〜7月15日にかけて、福岡県福岡市博多では“博多祇園山笠(はかたぎおんやまか

記事を読む

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方のポイントやレシピ情報。

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方・下ごしらえ・冷凍保存やレシピ

そら豆が美味しい季節になってきました。さっと茹でるだけで、様々な料理にもアレンジ出来ますし、栄養も豊

記事を読む

インパチェンス【アフリカホウセンカ】育て方や花言葉。八重咲きも。

インパチェンス【アフリカホウセンカ】育て方や花言葉。八重咲きも。

6月の初夏頃になると赤・白・ピンク・オレンジ・紫など、カラフルで鮮やかなインパチェンスの花が、花壇な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑