半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

スポンサード リンク

223

半夏生(はんげしょう)とは、“夏至(一年で一番昼が長く夜が短い日)”から、数えて11日目にあたる“雑節(特別な暦日)”のことです。もしくは、その日からの5日間を指します。毎年7月2日頃、もしくは7月2日頃〜7日頃までを指します。

この半夏生を向かえると、梅雨明け間近、もしくは梅雨明けの頃といわれています。そんな半夏生のことをまとめてみました。

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生(はんげしょう)の由来や風習

半夏生は農家にとって大事な節目とされてきました。

この頃に降る雨は大雨になることが多く“半夏雨(もしくは半夏水)”と呼ばれています。

半夏生は天から毒気が降るといわれており、井戸にも蓋をして毒気を塞いだり、この日に採れた野菜も食べてはいけないとされました。

地方によっては、半夏生までに農作業を終わらせ、5日間は休むとするころもあります。また各地方によって、この日にたこ(タコ)サバ(鯖)うどんを食べる風習があります。

半夏生と呼ばれるようになった説には、“半夏(ハンゲ)”という薬草が生える時期だからという説、“半夏生(ハンゲショウ)”の花が咲く時期だからという説などがあります。

今回は“ハンゲショウ”の花に焦点をあててみました。

ハンゲショウの名前の由来や花言葉

ハンゲショウ(半夏生)は、ドクダミ科の多年草になります。

別名は片白草(カタシロソウ、カタシロクサ)、サンパクソウ、半化粧。

名前の由来は先に書いたように、半夏生の頃に花が咲くことからついた説と、カタシロソウや半化粧という名前の通り、葉の半分が白くなり、まるで化粧をしているように見えることなどの説があります。

ハンゲショウ花言葉

内に秘めた情熱、内気

になります。


ハンゲショウの育て方

ハンゲショウを育てるには、日当りの良い湿潤地が良いでしょう。水を好み、乾燥を嫌いますので、土は水持ちの良いものを選び、湿り気を保ちます。肥料は控えめでも大丈夫です。開花時期は6月中旬〜8月上旬頃です。

ハンゲショウの育て方・日常管理

下記の動画では、ハンゲショウの育て方を教えてくれています。


両足院の半夏生

下記の動画では、両足院に咲く半夏生の綺麗な花が鑑賞頂けます。


大覚寺の半夏生

下記の動画では、大覚寺に咲く半夏生の綺麗な花が鑑賞頂けます。


まとめ

半夏生は昔から農家の人にとっては大事な節目とされてきたのですね。
半分化粧をしたようなハンゲショウの花も不思議な魅力がありますね。

半夏生の日をむかえるということは、今年も残すところ半分ということですね。気を引き締めてがんばりたいと思います。


こちらの記事も合わせてどうぞ。
半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

ニッコウキスゲ(日光キスゲ)の名所や花言葉

ニッコウキスゲ(日光キスゲ)見頃の時期や名所と花言葉

5月上旬〜8月上旬になると、草原などで山吹色に咲き誇る群生の“ニッコウキスゲ”を見ることが出来ます。

記事を読む

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

夏に可愛い花を咲かせるムクゲ(むくげ)。漢字では木槿花(もくきんか)と書きます。別名はハチスです。

記事を読む

ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

4月頃から11月ぐらいまで、花壇などでは紫、黄色、赤、ピンク、白といった色とりどりの“ペチュニアの花

記事を読む

梅ジャムレシピと作り方。栄養と効能や灰汁(アク)抜きなど

梅ジャムレシピと作り方。栄養や効能と灰汁(アク)抜きなど

梅は梅干し・梅酒・梅サワー・梅みそ・梅肉と様々な使い道がありますが、“梅ジャム”なんてのも良いですよ

記事を読む

アガパンサス(ムラサキクンシラン)の育て方と花言葉や名前の由来は

アガパンサス(ムラサキクンシラン)の育て方と花言葉や名前の由来は

梅雨の時期を中心に花を咲かせる“アガパンサス”。和名では“ムラサキクンシラン(紫君子蘭)”と呼ぶそう

記事を読む

秋桜(コスモス)の花言葉と育て方。コスモスの名所・群生地

秋桜(コスモス)の花言葉と育て方。コスモスの名所・群生地まとめ

秋になるとピンク、白、赤、黄色などの可愛い花を咲かせる秋桜。今年も秋桜が咲く季節になりました。秋桜と

記事を読む

グラジオラスの花言葉や植え方・育て方。支柱の立て方は?

グラジオラスの花言葉や球根の植え方と育て方・支柱の立て方

まるで剣のようにシャープな葉と、スラッと背を伸ばし美しい花を咲かせる“グラジオラス”。その名

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

レンゲツツジの名前の由来と花言葉。ヤマツツジとの違いは?

レンゲツツジの花言葉や名所など。ヤマツツジとの違いは?

5月〜6月になると山地などで、レンゲツツジ(蓮華躑躅)やヤマツツジ(山躑躅) が見られるようになりま

記事を読む

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れを告げる植物に出会えます。例え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑