クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

スポンサード リンク

230

初夏になると甘い香りを放つ、クチナシ(梔子)の純白の花が咲きます。その白さが緑葉の中で一際目立ちます。クチナシは香りがジャスミンに似ているところから、英語では“ケープ・ジャスミン”とも呼ばれています。そんなクチナシのことをまとめてみました。

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

クチナシ(梔子)の名前の由来は?

クチナシの名前の由来は、その名の通り“口無し”からきており、果実が熟しても割れないところからきていると言われています。

また他の説では、“クチナワナシ”からきていると言われており、この“クチナワ”とは蛇のことで、“ナシ”とは果実のなる木のこと。つまりこの木の実は、蛇くらいしか食べない、という意味からきているとされています。

もともとクチナシは一重咲きでしたが、品種改良により八重咲きの品種も作られました。

アメリカやイギリスでは“ガーデニア”とも呼ばれています。

クチナシの果実は漢方薬に、また色素は着色料として用いられる。

クチナシは自然では森林の低木として生育していますが、園芸用として栽培されることも多いです。

その果実“山梔子(さんしし)”と呼ばれ、漢方薬に使用されたり、また乾燥させたものは古くから黄色着色料として、醗酵させたものは青色の着色料として使用されてきました。

この着色料は繊維を染めるほかに、たくあんやさつまいもや栗の甘露煮や和菓子といった、食品の色づけに用いられています。

クチナシ黄色素が健康に影響を及ぼすといった報告はありません。

クチナシの花言葉は?

クチナシの花言葉は、

とても幸せです・喜びを運ぶ・洗練・優雅

となります。

アメリカやイギリスではダンスパーティーなどで、男性が女性を誘う時に、このクチナシの花を贈るそうで、花言葉の“とても幸せです”はここからきているそうです。

日本ではクチナシが“嫁の口が無い”に繋がり縁起が悪いというところから、女の子のいる家庭では植えないほうがよいとされる俗信もあるといいます。

同じ花でも、国が違えば解釈が変わるものですね。

クチナシの育て方は?

クチナシは半日陰の場所で育てたほうがよいです。クチナシは乾燥に弱く、水を好むので、夏場は特にたっぷりと水をやります。ただし冬は水やりを控えます。土は水はけの良いものを選びます。肥料は2月と8月に化成肥料と油かすを混ぜたものを株元に与えます。

クチナシの育て方

下記の動画では、クチナシは育て方のポイントを教えてくれています。


ガーデニア(姫クチナシ)の育て方・日常管理

下記の動画では、ガーデニア(姫クチナシ)の育て方のポイントを教えてくれています。


クチナシの育て方・日常管理

下記の動画では、クチナシは育て方のポイントを教えてくれています。


まとめ

クチナシは、アメリカやイギリスでは男性が女性を、ダンスパーティーに誘う時に贈る花だとか、なんだかお洒落な花ですね。花言葉も素敵ですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方のポイントやレシピ情報。

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方・下ごしらえ・冷凍保存やレシピ

そら豆が美味しい季節になってきました。さっと茹でるだけで、様々な料理にもアレンジ出来ますし、栄養も豊

記事を読む

グラジオラスの花言葉や植え方・育て方。支柱の立て方は?

グラジオラスの花言葉や球根の植え方と育て方・支柱の立て方

まるで剣のようにシャープな葉と、スラッと背を伸ばし美しい花を咲かせる“グラジオラス”。その名

記事を読む

海の日とはどういう祝日?いつ?海の日が始まった由来など

海の日とはどういう祝日?いつ?海の日が始まった由来など

今年も“海の日”が近づいてきました。晴れると良いですね。 この三連休、あなたはどう過ごされますか?

記事を読む

台風対策 窓ガラスをガムテープやダンボールで強化。浸水には雑巾

台風対策|窓ガラスをガムテープやダンボールで強化。浸水には雑巾

今年も台風のシーズンとなりました。台風は風害、水害、高潮害、波浪害など様々な災害を引き起こします。し

記事を読む

防水スプレー靴の注意点。アメダスの使い方と防水効果。フッ素危険?

アメダスの持続性と効果。防水スプレー靴用の使い方。フッ素危険?

防水スプレーを使うと、雨だけでなく汚れなどもはじいてくれます。吹き掛けると、吹き掛けた物の表面に薄い

記事を読む

あやめ・かきつばた(杜若)・花菖蒲の違い見分け方。花言葉は?

あやめ・かきつばた(杜若)・花菖蒲の違い見分け方。花言葉は?

4月の終わり頃から初夏にかけて、全国各地で、あやめや、かきつばたや、花菖蒲の花が見られるようになりま

記事を読む

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生(はんげしょう)とは、“夏至(一年で一番昼が長く夜が短い日)”から、数えて11日目にあたる“雑

記事を読む

夏バテの原因・症状や予防と対策。解消効果のある食材。

夏バテの原因・症状や予防と対策。解消効果のある食材は?

う〜ん…だるい…。暑い日が続き、食欲が出ないし、なんだかバテ気味。あなたは“夏バテ”になってはいませ

記事を読む

クマゼミ(熊蝉)の鳴き声や分布・生息地と幼虫〜成虫までの一生

クマゼミ(熊蝉)の鳴き声や分布・生息地と幼虫〜成虫までの一生

セミの鳴き声が聞こえてくると夏本番だなという気になります。セミにも種類がたくさんあり、鳴き声も体の大

記事を読む

レンゲツツジの名前の由来と花言葉。ヤマツツジとの違いは?

レンゲツツジの花言葉や名所など。ヤマツツジとの違いは?

5月〜6月になると山地などで、レンゲツツジ(蓮華躑躅)やヤマツツジ(山躑躅) が見られるようになりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑