エゴノキの花は白くて清楚。育て方は?庭木(シンボルツリー)人気

スポンサード リンク

241

初夏の5月頃になると雑木林にエゴノキの花が顔を覗かせます。エゴノキの名前の由来は、果実の味がえぐい(えごい)ことからきており、別名、チシャノキ、チサノキ、ロクロギ、斉墩果と呼ばれます。そんなエゴノキについてまとめてみました。

エゴノキは白くて清楚な花。育て方は?庭木(シンボルツリー)人気

エゴノキの花について。桃紅色の花を咲かせる種類もある(ピンクチャイム)

エゴノキはエゴノキ科で、中国、朝鮮半島、日本と広く分布する落葉性の樹木です。日当りの良い雑木林に多く見られます。エゴノキの花の開花時期は5〜6月。枝先に白い房状の花を、下向けに多数つけ、芳香があります。下向きに咲くため鑑賞もしやすいですね。

花冠は5片に裂け、大きくは開かずにつぼみ加減に咲きます。雄しべは10本で、花柱は雄しべより長いです。白く清楚な花です。品種によっては淡紅色の花を付けます。

果実は2cmほどで楕円の形をしており灰白色。大きい種子を一個含みます。10月頃に熟してくると、果皮が裂けて果実が落下します。

このエゴノキの果皮には、エゴサポニンという毒性(溶血作用、胃腸障害)があり、洗濯石鹸などに使ったり、すりつぶして魚の漁などに使ったそうです。木材は将棋の駒の材料にすることもあるそうです。

エゴノキの育て方や剪定は?

植え付けは非常に寒い1〜2月は避け落葉の時期にします。
エゴノキが好む土は、腐葉土や堆肥などの有機質が入った土で、市販されている花と野菜の土で大丈夫です。

エゴノキを育てる場合は鉢植えよりも、庭植えで育てる方が多いです。
狭いスペースで育てるよりは、広めのスペースで育てる方が良いようです。

水を好みます。若いうちは水が切れないようにしますが、充分に育ってくると雨だけでも生育します。ただし雨が振らない日が続いたりした時は水をやりましょう。日当りを好みますが、半日陰でも大丈夫です。

肥料は開花が終わった時期に緩効性肥料を与えます。冬の間は有機質肥料を与えましょう。寒さにも強いので防寒は必要ありません。

剪定は落葉の時期に行いましょう。伸びやかで綺麗な樹形にするポイントとしては、枝先を切るのではなく、不要な枝の、根元の枝分かれした部分などを切り落とします。

エゴノキは庭木やシンボルツリーとしても人気がある

日本人にはシンボルツリーという概念が一般的では無いかもしれませんが、簡単に言うと「玄関先で目立つ印象的な木」といったところです。

エゴノキは新緑や黄葉が綺麗で、白く清楚な花を下向きに咲かせるので、鑑賞もしやすく庭木のシンボルツリーとしても人気があります。

狭いスペースで育てるよりは、広いスペースで伸び伸びと育てるほうが向いています。まれに、病害虫の被害をうける事もあるようなので、農薬なども与えるあると良いでしょう。

下記の動画ではエゴノキの育て方を説明してくれています。

まとめ

春に芽吹き、初夏に下向きの白い花を咲かすエゴノキ。公園などでもよく見られる木なので、お散歩がてら鑑賞してみては如何でしょうか。


スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

花菖蒲園は明治神宮が有名。あやめとの違い見分け方・花言葉・育て方

花菖蒲園は明治神宮が有名。あやめとの違い見分け方・花言葉・育て方

6月頃になると花菖蒲(ハナショウブ)が見頃になってきますね。この夏、菖蒲園に行くのが楽しみという人も

記事を読む

秋桜(コスモス)の花言葉と育て方。コスモスの名所・群生地

秋桜(コスモス)の花言葉と育て方。コスモスの名所・群生地まとめ

秋になるとピンク、白、赤、黄色などの可愛い花を咲かせる秋桜。今年も秋桜が咲く季節になりました。秋桜と

記事を読む

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

日差しの強い、暑い日が続く季節になってきました。 熱中症などにくれぐれもご用心ください。 夏日と

記事を読む

ツクツクボウシの鳴き声は?漢字で書くとどんな字?名前の由来など

ツクツクボウシの鳴き声は?漢字で書くとどんな字?名前の由来など

「ツクツクボーシ!ツクツクボーシ!」 今年も“ツクツクボウシ”の鳴き声が聞こえるようになってきまし

記事を読む

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

おいさ!おいさ!7月1日〜7月15日にかけて、福岡県福岡市博多では“博多祇園山笠(はかたぎおんやまか

記事を読む

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

暑い日に“冷や奴”なんかを食べると美味しいですよね。そんな時に重宝する薬味のひとつ“みょうが”。

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

初夏になると、本州、四国、九州では夏椿(ナツツバキ)の花が見られます。白い清楚な花と、その涼しげな出

記事を読む

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

セミが元気に鳴き始める季節になってきました。セミの鳴き声を聞くと夏を実感します。セミの中でも丸っこく

記事を読む

ニッコウキスゲ(日光キスゲ)の名所や花言葉

ニッコウキスゲ(日光キスゲ)見頃の時期や名所と花言葉

5月上旬〜8月上旬になると、草原などで山吹色に咲き誇る群生の“ニッコウキスゲ”を見ることが出来ます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑