どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

スポンサード リンク

244

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、身体に良いと聞きます。“どくだみ”という名前は毒を抑える「毒矯み」からきているそうですよ。

どくだみと言えばやはり連想するのはどくだみ茶ですよね。そんなどくだみ茶のことをまとめてみました。

どくだみ茶の効能・効果・副作用。妊婦は大丈夫?化粧水や入浴剤にも

どくだみ茶の効能・効果は?

どくだみの葉を、乾燥させて作るのがどくだみ茶。どくだみは多年草で十種類の効能がある事から、生薬名(日本薬局名にも収録)を十薬と呼ばれています。

どくだみ茶の主な効能や効果としては、身体中の老廃物や毒素を、体外へ排出してくれるデトックスの効果があり、健康面はもちろん、美容面においても効能があります。

デトックス効果としては、ニキビや吹き出物、アトピー性皮膚炎、花粉症、アレルギー疾患などの、肌トラブルの予防や改善が期待出来ます。腸内の老廃物も排出してくれるので便秘解消にも効果があります。

どくだみ茶の副作用は?妊婦でも大丈夫?

どくだみ茶はノンカフェインなので、妊婦の方が飲んでも基本問題はありません。ただし、その他の種類のお茶とブレンドされているケースもあるので、商品内容を確認する事をおすすめします。

どくだみ茶の気になる副作用ですが、過剰に飲み過ぎると下痢の症状が出ます。

また、どくだみには“カリウム”が多く含んでいるので過剰な摂取は避けた方が良いでしょう。

カリウムを過剰に摂取しすぎると、高カリウム血症の症状(四肢の痺れ・不整脈、頻脈・筋力低下・吐き気)が出る怖れもありますので充分注意しましょう。

高齢者や肝機能・腎機能等が低下している人、カリウムを保持する利尿剤を服用中の人などは用心が必要です。

どくだみ茶は化粧水や入浴剤としても仕える。

どくだみって化粧水にも仕えるという事をご存知ですか?先にどくだみは吹き出物、ニキビ予防に効果があると書きましたが、このどくだみを使った生薬には殺菌作用があります。シミを薄くしてくれたり、美白作用、炎症を押さえてくれます。

どくだみ化粧水の作り方は、花が咲く頃の5月〜9月(この頃が最も薬効成分の含有量が多い)にどくだみの葉を採取します。採取後は、水でよく洗い一週間程度陰干しして乾燥させます。

乾燥したら、次は葉を硝子容器に詰めていきます。硝子瓶の大きさに合うように適当な大きさにハサミで切ります。容器の半分まで入れたら、アルコール度20度の焼酎を容器いっぱい入れます。

後はしっかり蓋をしっかり閉めて冷暗所に約一ヶ月〜三ヶ月(1年寝かせるとさらに良い)寝かせれば完成です。なお使用する時にグリセリンを少々加えると保湿に良いです。

また、乾燥したどくだみの葉をお茶だしのパックなどに詰め、お風呂に入れると入浴剤にも仕えます。あせもや皮膚病の改善や美肌効果も期待出来ます。

どくだみ茶に副作用はあるのか?

下記の動画では、どくだみ茶の副作用について説明してくれています。


まとめ

身近なところで見られるどくだみですが、その効能・効果は凄いですね。化粧水や入浴剤効果もあるので広い範囲に使えるので驚きです。過剰摂取に気を付ければ、生活に上手に取り入れて行けそうですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

海の日とはどういう祝日?いつ?海の日が始まった由来など

海の日とはどういう祝日?いつ?海の日が始まった由来など

今年も“海の日”が近づいてきました。晴れると良いですね。 この三連休、あなたはどう過ごされますか?

記事を読む

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手が浜。育て方や花言葉

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手ヶ浜。育て方や花言葉

4月〜6月にかけ、北海道から本州や四国の山間部では、濃い薄紫色のクリンソウの花が見られるようになりま

記事を読む

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

5月〜7頃になると山野で、ウツギの花が観られるようになります。このウツギ、漢字では“空木”と

記事を読む

ガクアジサイ(額紫陽花)ヤマアジサイの違い。花言葉・育て方・剪定

ガクアジサイ(額紫陽花)ヤマアジサイの違い。花言葉・育て方・剪定

6月中旬頃になると、ガクアジサイの花が見られるようになります。ガクアジサイは優しく淡い色をしていて可

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

ひまわり(ヒマワリ/向日葵)の名前の由来や花言葉と育て方

ひまわり(ヒマワリ/向日葵)の花言葉と育て方。種の栄養や効果は?

太陽めがけ元気よくスクッと立ち上がり、立派な黄色い花を満開に咲かせる“ひまわり(向日葵)”。なんとも

記事を読む

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

おつまみに重宝する“枝豆”。最近では海外でも人気急上昇だとか!そんな枝豆の茹でかたや栄養・効果・カロ

記事を読む

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れを告げる植物に出会えます。例え

記事を読む

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用丑の日はやっぱり鰻を食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

記事を読む

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培の仕方など

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培・育て方

カレーの名脇役と言えば?そう“らっきょう(辣韮)”ですね。僕も大好きです。ところでらっきょうって栄養

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑