とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・ゆで方・焼き方など。

スポンサード リンク

338

今年もあまーい“とうもろこし”が美味しい季節になってきました。とうもろこしはただ甘くて美味しいというだけでなく、栄養も満点で、美肌効果便秘解消などにも役立つとか。そんな魅力的なとうもろこしについてまとめてみました。

とうもろこしの栄養や効果とカロリー。蒸し方・ゆで方・焼き方など。

とうもろこし(トウモロコシ)の栄養や効果は?

とうもろこしは皮を剥くと“鮮度”が落ちてしまいます。皮はなるべく食べる直前に剥くようにしましょう。

すぐに食べない時は、蒸すか茹でてラップに包み、冷蔵冷凍庫で保存します。

とうもろこしは食物繊維を豊富に含んでいます。食物繊維は腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘排泄の促進有害物の排出などに効果があります。

とうもろこしは特に胚芽部分に栄養があります。胚芽部分には、糖質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいます。ビタミンEは血行の改善を促し、しみしわなどのお肌トラブルの予防にも繋がります。

また、とうもろこしに含まれるリノール酸にはコレストロールを下げる働きがあり、動脈硬化の予防にもなります。

とうもろこしは甘くて美味しいだけではなく、栄養も満点の野菜なんですね。

便秘解消美肌効果も期待出来るので、特に女性には嬉しい食べ物ではないでしょうか。

とうもろこしのカロリーは?

甘くて美味しくて栄養満点のとうもろこし!と良いことづくしですが、食事制限や体重などを日頃から気にしている人にとってはカロリーが気になるところですよね。とうもろこしのカロリーは一般的には

100g(可食部)あたり約100kcalといわれています。また、茹でると生の時よりもカロリーが上がります。野菜の中で見れば高カロリーな食材ですね。

この数値が高いかどうかは個人差によると思いますが、ごはん一杯で大体 168kcal、食パン1枚で大体 129kcalと考えると、食べ過ぎないでいれば、そんなに気にする必要もないように思えます。

なんでもバランスが大事ですね。

とうもろこしの調理法は?美味しい食べ方は?

とうもろこしは茹でて良し、蒸して良し、焼いて良しと、食べ方も楽しめますね。

もちろん人それぞれの楽しみ方があると思いますが、栄養面や食感などで見ると、一番のおすすめの食べ方は“蒸す”方法です。

とうもろこしは茹でると、お湯の中に旨味や栄養分が溶け出してしまうんですね。また焼くと水分がなくなり、とうもろこしのせっかくのプリプリした食感が楽しめなくなります。

その点、蒸すと旨味を生かしたまま、プリプリの食感も味わえます。

とうもろこしの蒸し方

とうもろこしを蒸す時は、

(1)
一番内側の皮を1枚残したまま、蒸し器に入れます。
(2)
蒸し器で約7分程蒸します。
(3)
蒸し上がったら皮を剥きます。
蒸し上がると、皮とヒゲが柔らかくなっていますので、簡単に剥くことが出来ます。

蒸した後、氷水に1分程付けると、冷めてもふっくらした状態を保つことができます。

とうもろこしのゆで方

下記の動画では、とうもろこしの茹でかたを教えてくれています。


とうもろこしのゆで方(おいしく茹でる2つの方法) – How to boil Sweet Corn.

下記の動画では、とうもろこしの美味しい茹でかたを教えてくれています。


焼きとうもろこしの作り方(魚焼きグリルで屋台の味!) – How to make Grilled Corn.

下記の動画では、焼きとうもろこしの作り方を教えてくれています。


とうもろこしの綺麗で上手なむき方

下記の動画では、とうもろこしの上手な剥き方を教えてくれています。


茹でとうもろこしはレンジで作れる! You can make a boiled corn in the microwave!

下記の動画では、電子レンジでとうもろこしをゆでる方法を教えてくれています。


電子レンジでとうもろこしをゆでる【オレンジページ:料理の基礎】

下記の動画では、電子レンジでとうもろこしをゆでる方法を教えてくれています。

まとめ

とうもろこしはただ甘くて美味しいだけでなく、こんなに栄養があるんですね。調理の仕方も簡単なのが嬉しいですね。この夏たくさん食べたいと思います。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

冷夏とは?エルニーニョ現象影響とは。長梅雨。気象庁注意を呼びかけ

冷夏とは?エルニーニョ現象から影響?長梅雨。気象庁注意を呼びかけ

冷夏(れいか)とは、平年の平均気温と比べて、気温の低い夏の事を言います。よく天気予報で平年並・冷夏・

記事を読む

ツクツクボウシの鳴き声は?漢字で書くとどんな字?名前の由来など

ツクツクボウシの鳴き声は?漢字で書くとどんな字?名前の由来など

「ツクツクボーシ!ツクツクボーシ!」 今年も“ツクツクボウシ”の鳴き声が聞こえるようになってきまし

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培の仕方など

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培・育て方

カレーの名脇役と言えば?そう“らっきょう(辣韮)”ですね。僕も大好きです。ところでらっきょうって栄養

記事を読む

七夕はなぜ短冊へ願い事を書く?由来や歌など。織姫と彦星の七夕伝説

七夕はなぜ短冊へ願い事を書く?由来や歌など。織姫と彦星の七夕伝説

7月7日は七夕ですね。七夕は五節句の一つで“七夕の節句”ともいわれます。また短冊に願いを込め

記事を読む

栗ご飯のレシピや作り方と栗の選び方・剥き方・冷凍保存の仕方まとめ

栗ご飯のレシピや作り方と栗の選び方・剥き方・冷凍保存の仕方まとめ

食欲の秋!といえば栗ですね。栗は大体9月中旬〜10月上旬が旬です。今晩は栗ご飯など如何ですか。

記事を読む

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

夏の“熱中症対策”は大丈夫ですか?熱中症で救急搬送される人は、年々増えていってます。中でも半数近くの

記事を読む

そうめんの栄養やダイエット効果は?レシピやアレンジの仕方

そうめんの栄養やカロリーとダイエット効果。レシピアレンジ

夏バテ気味で、なんだか食欲が出ない… そんな時は“そうめん”などは如何でしょうか。冷たい麺に、お好み

記事を読む

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

この季節、野山の日当りの良い場所に行くと“サギソウ”の花を見る事が出来ます。7月〜8月が見頃です。

記事を読む

ガクアジサイ(額紫陽花)ヤマアジサイの違い。花言葉・育て方・剪定

ガクアジサイ(額紫陽花)ヤマアジサイの違い。花言葉・育て方・剪定

6月中旬頃になると、ガクアジサイの花が見られるようになります。ガクアジサイは優しく淡い色をしていて可

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑