カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

スポンサード リンク

247

春から初夏頃になると、ハーブ園などで見られる可愛いカモミールの花ハーブティーアロマなどでも親しまれるカモミールですが、どんな花言葉があるのでしょうか?また育て方は?そんなカモミールのことをまとめてみました。

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

カモミールの花言葉は?

カモミールは19世紀にオランダから日本に伝わったそうです。

カモミールの和名は“カミツレ(加密列)”といいます。これはオランダ語でカモミールを“カーミレ”と読んでいたのが、日本語で“カミツレ(加密列)”となったとされています。

カモミールの花言葉は

苦難に耐える・逆境に耐える・逆境の中の活力・逆境にあっても負けません・逆境に負けない強さ・逆境の中のエネルギー・親交、仲直り・清楚

となります。

“逆境”やら“苦難”やら、立ち向かう的な、なんだか苦しいイメージですね。

これはカモミールの種類の“ローマン種”が、芝生として使用されていたところから、踏まれても、踏まれても立ち直る様から付けられた花言葉のようですね。

カモミールには風邪の初期症状鼻炎などのアレルギー症状胃腸のケアにも効果があるなど、様々な薬用効果があるので、“あなたを癒す”という花言葉はここら辺からきているのでしょう。カモミールの小さく可愛らしい白い花びらも“清楚”という花言葉にピッタリですね。

カモミールはどんな香りがするの?

カモミールは香りが良く“大地のリンゴ”と呼ばれています。カモミールの花には、リンゴに似た甘い香りがあるためこう呼ばれているようです。

ちなみのカモミールの語源は、ギリシャ人が“カマイ・メロン(地面のリンゴ)”と読んだところから、英語名カモマイルが出来たとされています。

カモミールは抽出エキスから、ローションポプリなどにも利用されていますね。

カモミールの育て方は?

カモミールには主に“ジャーマン種”と“ローマン種”があります。一般的によくハーブティーに使用されるのは“ジャーマン種”になります。

植え付けは春か秋に種をまきましょう。カモミールは日当りの良い場所を好みますが、高温多湿に弱いです。直射日光は避け、風通しの良い場所で育てましょう。酸性の土を嫌うので、種まきをする一週間前から土に苦土石灰や腐葉土も混ぜておきます。水を好みますので水はけの良い土を選びます。ですが、水をやり過ぎず、土が湿っ気がある程度に保つのが良いでしょう。肥料も控えめでも充分育ちます。

ジャーマンカモミールは1年草なので、春先から初夏にかけて花が終わると枯れてしまいますが、こぼれダネで、翌年以降もまた花が咲きます。

ローマンカモミールは背の低い多年草になります。踏みつけると、良い香りがするので芝生代わりにも使用されます。

カモミールの育て方 how to grow chamomile
下記の動画ではカモミールの育て方を詳しく説明してくれています。



まとめ

カモミールの花言葉は意外な印象を受けましたが、ローマンカモミールが芝生としても使用されるところから、なるほどと思いました。育てるのも難しくないようなので、興味がある人は育ててみては如何でしょうか。

こちらの記事も合わせてどうぞ
カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

おいさ!おいさ!7月1日〜7月15日にかけて、福岡県福岡市博多では“博多祇園山笠(はかたぎおんやまか

記事を読む

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

5月〜7頃になると山野で、ウツギの花が観られるようになります。このウツギ、漢字では“空木”と

記事を読む

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用丑の日はやっぱり鰻を食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

記事を読む

エゴノキの花は白くて清楚。育て方は?庭木(シンボルツリー)人気

エゴノキの花は白くて清楚。育て方は?庭木(シンボルツリー)人気

初夏の5月頃になると雑木林にエゴノキの花が顔を覗かせます。エゴノキの名前の由来は、果実の味がえぐい(

記事を読む

レンゲショウマが見頃な群生地は?名前の由来や花言葉など

レンゲショウマが見頃な群生地は?名前の由来や花言葉など

夏のこの季節になると淡く可愛い花を下向きに咲かせる“レンゲショウマ”。 今回はそんなレンゲショウマ

記事を読む

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

暑い日に“冷や奴”なんかを食べると美味しいですよね。そんな時に重宝する薬味のひとつ“みょうが”。

記事を読む

エアコンの電気代(暖房・冷房)の節約。1時間・1日の計算方法は?

エアコンの電気代【暖房・冷房】を節約。1時間・1日の計算方法は?

エアコンの電気代って気になりますよね。油断をしていると、じわりじわりと家計に響いてきます。エアコンの

記事を読む

梅ジャムレシピと作り方。栄養と効能や灰汁(アク)抜きなど

梅ジャムレシピと作り方。栄養や効能と灰汁(アク)抜きなど

梅は梅干し・梅酒・梅サワー・梅みそ・梅肉と様々な使い道がありますが、“梅ジャム”なんてのも良いですよ

記事を読む

入谷朝顔市とは。あさがおの花言葉・種まき育て方。緑のカーテンにも

入谷朝顔市とは。あさがおの花言葉・種まき育て方。緑のカーテンにも

7月頃になると花壇などで朝顔の花が見られるようになります。 朝顔は日本人に古くから愛されている夏の

記事を読む

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

日本の夏の“雑節”の一つ、“半夏生(はんげしょう)”。 “夏至”の日から数えて11日目にあたる日か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑