あやめ・かきつばた(杜若)・花菖蒲の違い見分け方。花言葉は?

スポンサード リンク

258

4月の終わり頃から初夏にかけて、全国各地で、あやめや、かきつばたや、花菖蒲の花が見られるようになります。このあやめ・かきつばた・花菖蒲は見た目もよく似ています。それぞれの違いについてまとめてみました。

あやめ・かきつばた(杜若)・花菖蒲の違い見分け方。花言葉は?

アヤメ・カキツバタ・ハナショウブはよく似ています。

「何れ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)」という和歌(諺)があります。

この諺も、菖蒲と杜若はよく似ており、どちらも優れているので選択に迷うという例えからきているようです。

アヤメもショウブも漢字で書くと、どちらも「菖蒲」と書きます。漢字もかぶっていたり、見た目も似ていると、違いがよくわからなくなりますね。

そして、ショウブ(菖蒲)とハナショウブ(花菖蒲)も全く違い別物なんですね。ひとつひとつ紐解くために、まずは菖蒲からみていきます。

菖蒲と花菖蒲の違い。菖蒲は薬草や漢方薬に用いられ菖蒲湯に使われる。

菖蒲と花菖蒲の違いですが、菖蒲は“里芋(サトイモ)科のショウブ属”に辺り、花菖蒲は“文目(アヤメ)科のノハナショウブの園芸種”になります。

見た目も全然違います。

菖蒲は川や池などで見られ、花はガマ(蒲)の穂のような形をしており小さく目立ちません。表面からは葉や茎だけが見える感じです。

この菖蒲は薬草や漢方薬に用いられ、葉や根茎には芳香があり、5月5日の端午の節句には“菖蒲湯”として使われます。菖蒲は古くから邪気を払う植物として使われてきました。

また名前のショウブと尚武(武道や武運を重んじること)や勝負とかけて、得に武家社会では縁起物とされました。

一方、花菖蒲は紫・白・ピンク・青・黄色と色鮮やかな花を咲かせます。菖蒲園で見られるのは、この花菖蒲です。

あやめ(文目)・かきつばた(杜若)・はなしょうぶ(菖蒲)の違いは?見分けるポイント

わかりやすい見分けのポイントとしては、花弁の元を見るとわかりやすいかと思います。

あやめの花弁の元には、網目状の模様があります。あやめの名前の由来は、この編んだような網目状の模様が見られるところから付いた名前なんですね。

かきつばたは花弁の元に白い、または淡く黄色の細い模様があります。
花菖蒲は花弁の元に黄色い菱模様が見られます。

これらの模様は昆虫に蜜の場所を教えるものだそうです。

その他の違いとしては、かきつばたや花菖蒲が湿った場所で生育するのに対し、あやめは乾いた場所に生育します。

アヤメ・カキツバタ・ハナショウブの花言葉は?

文目(アヤメ)の花言葉は

優雅な心・うれしい便り・神秘な人

杜若(カキツバタ)の花言葉は

幸運が必ず来る・幸せはあなたのもの・贈り物・音信

花菖蒲(ハナショウブ)の花言葉は

あなたを信じています・優しい心・優美な心・忍耐・伝言

となります。どれも春から初夏にかけて明るいイメージにぴったりですね。

アヤメ・カキツバタ・花ショウブ・イチハツ・ジャーマンアイリスの見分け方

下記の動画では、アヤメ・カキツバタ・花ショウブなどの見分け方を、わかりやすく説明してくれています。


[HD]堀切菖蒲園のハナショウブ Iris garden 花の名所案内

下記の動画では、東京都葛飾区の堀切菖蒲園の、美しく咲き誇る花菖蒲を紹介してくれています。


まとめ

あやめ、かきつばた、花菖蒲の花は、色とりどりでとても綺麗ですね。
この時期は各地の園で鑑賞出来ます。ご興味がある方は足を運んでみては如何でしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

梅ジュース(シロップ)の栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅ジュース(梅シロップ)栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅の旬は6月。梅干しが食用として普及し始めたのは、江戸時代からと言われています。昔から日本人に愛され

記事を読む

晩夏とはいつ頃?意味は?晩夏に関した書籍・楽曲を集めてみました。

晩夏とはいつ?意味は?晩夏を題材にした書籍・楽曲を集めてみました

もう夏も終わりが近づき、だんだん秋になってきましたね。夜もだいぶ涼しくなってきました。今のこの時期の

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

春から初夏頃になると、カモミールの花が咲き始めます。カモミールをカモミールティーにして飲むのも良いで

記事を読む

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れを告げる植物に出会えます。例え

記事を読む

バラ園 東京・千葉・神奈川・関東地方でおすすめスポットは?

バラ園の関東地方名所は?東京近郊・千葉・神奈川・秋10月も見頃

今年も綺麗で甘い香りがするバラが咲き誇る季節の到来です。各地のバラ園でバラが美しく満開になってきてい

記事を読む

ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

4月頃から11月ぐらいまで、花壇などでは紫、黄色、赤、ピンク、白といった色とりどりの“ペチュニアの花

記事を読む

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培の仕方など

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培・育て方

カレーの名脇役と言えば?そう“らっきょう(辣韮)”ですね。僕も大好きです。ところでらっきょうって栄養

記事を読む

ヤマモモジャムやヤマモモ酒の作り方やレシピ。花言葉や栄養・効能は?

ヤマモモジャムやヤマモモ酒の作り方レシピ。花言葉や栄養や効能効果

春に花が咲き、夏に赤く可愛い実がなる“ヤマモモ(山桃)”。その果実は、ヤマモモジャム(山桃ジ

記事を読む

金木犀(キンモクセイ)の花言葉や香りの話と金木犀の育て方・挿し木など

金木犀(キンモクセイ)の花言葉や香りの話と金木犀の育て方・挿し木など

今年も街路樹や庭木などで金木犀(キンモクセイ)の花を見かける時期になりました。金木犀の花を見ると秋本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑