アマリリスの花言葉や歌詞。球根の植え替えや花後の手入れと育て方

スポンサード リンク

337

ラリラリラリラ〜しらべはアマリリス♪
5月〜6月頃になると、花壇などで、濃い紅色に咲き誇るアマリリスの花が観れるようになります。そんなアマリリスのことをまとめてみました。

アマリリスの花言葉や歌詞。球根の植え替えや花後の手入れと育て方

アマリリスの花について。ホンアマリリスとの違いは?

一般的に“アマリリス”と呼ばれているこの花、実は“ヒガンバナ科ヒッペアストルム属”になります。だから正式には“ヒガンバナ”になるんですね。

なぜ、こんなややこしいことになっているかというと、かつては“アマリリス属”とされていたので、その名残で今でも一般的にアマリリスと呼ばれているそうです。

かつてアマリリス属は沢山の種類があり、昔はまとめて“アマリリス”としていました。それが、分類の細分化に伴い、この種類はヒッペアストルム属に引っ越になったんですね。

では、本来のアマリリスは?というと、ベラドンナ・リリー(別名:ホンアマリリス)がそれにあたるそうです。

このアマリリスは、ユリに似た形で見事な花を咲かせます。花の色は濃い紅色、ピンク、白などがあり、絞り模様、覆輪(花びらや葉の外部分が、地の色と違う色で縁取られているもの)、八重咲きや斑入りの葉のものもあります。

アマリリスの花言葉は?強い虚栄心を持ちながら、実は内気?フランス民謡「アマリリス」の作曲者は?

アマリリスの花言葉

誇り・すばらしく美しい・強い虚栄心・内気・おしゃべり

となります。

アマリリスは見事に花を咲かせるので、
“誇り・すばらしく美しい”はピッタリですね。

アマリリスと言えばフランス民謡「アマリリス」が思い浮かびます。

みんなで聞こう
楽しい オルゴールを
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス
 
月の光
花園を あおく照らして
ああ 夢を見てる
花々の眠りよ

フランスみやげ
やさしい その音色(ねいろ)よ
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス

岩佐東一郎 作詞
ルイ13世、ヘンリー・ギース(アンリ・ギス) 作曲

この曲の、作曲者はこれまではルイ13世とされてきましたが、最近ではヘンリー・ギースを作曲者とする例も増えてきました。どちらにしてもフランス王家とゆかりのある曲のようです。それもあり誇りという花言葉がついているんですね。

アマリリスは横向きに花を咲かせます。アマリリスは見事な花を咲かせるので、自惚れて横向きになったとか…これが虚栄心という花言葉に繋がっているようですね。

また、その横を向いている姿が、女の子が夢中でおしゃべりをしているように見えるところから“おしゃべり”という花言葉もきているそうです。

アマリリスは花は立派ですが、茎は空洞らしく、扱う時に優しく丁寧に扱わないと折れてしまします。こういったところから“内気”という花言葉がきているようです。

このアマリリスの花言葉はいろんな説があるので、もっと調べてみると面白いかもしれません。

アマリリスの育て方は?

アマリリスの球根の植え替え・植え付けは3月〜4月頃が良いでしょう。
鉢植えは球根の首が出るくらいに植えます。

日当りが良く、風通しの良い場所に植えます。真夏は直射日光を避け、半日陰で育てます。アマリリスは寒さに弱いので、冬は10度を超えると生育しなくなります。なので冬の寒い時期は室内で育てる事をおすすめします。

土は水はけの良い土を選びます。春〜夏にかけて、土が乾いたら水をしっかりやります。水を多くやり過ぎると腐ってしまうので気を付けましょう。

肥料は生育期に充分与え球根を太らせます。花後は10日に1回程度の割合で、液体肥料を与えましょう。冬は与えなくても大丈夫です。

アマリリスの植え方(株)東樹園

下記の動画ではアマリリスの植え方を、わかりやすく教えてくれています。


アマリリスの球根の植え付け~咲かせるまで 育て方

下記の動画ではアマリリスの植え方や土の選び方を、わかりやすく教えてくれます。


アマリリスの花がら摘みと花後の管理の仕方

下記の動画ではアマリリスの花後の管理を、わかりやすく教えてくれています。


まとめ

立派な花を咲かせるアマリリス。花言葉には意外な面もあり面白かったです。ご興味がある方は育ててみては如何でしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉や名所・別名は?彼岸花の毒の話など

彼岸花(曼珠沙華・ヒガンバナ)の花言葉や名所・別名は?毒の話など

秋のお彼岸の頃に真っ赤な花を咲かせる“彼岸花(ヒガンバナ)”。スッと伸ばした茎は一日に10cm以上も

記事を読む

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

7月7日は七夕ですね。この日に天気が晴れていれば、夜9時頃の東の夜空を見上げると、彦星(ひこぼし)と

記事を読む

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

夏に可愛い花を咲かせるムクゲ(むくげ)。漢字では木槿花(もくきんか)と書きます。別名はハチスです。

記事を読む

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

セミが元気に鳴き始める季節になってきました。セミの鳴き声を聞くと夏を実感します。セミの中でも丸っこく

記事を読む

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

暑い日に“冷や奴”なんかを食べると美味しいですよね。そんな時に重宝する薬味のひとつ“みょうが”。

記事を読む

バーベキュー(BBQ)コンロお勧め。食材の定番。セットとかある?

バーベキュー(BBQ)コンロお勧め。食材の定番。セットとかある?

夏と言えばアウトドア!バーベキュー(BBQ)ですね。バーベキューのことをまとめてみました。

記事を読む

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手が浜。育て方や花言葉

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手ヶ浜。育て方や花言葉

4月〜6月にかけ、北海道から本州や四国の山間部では、濃い薄紫色のクリンソウの花が見られるようになりま

記事を読む

そうめんの栄養やダイエット効果は?レシピやアレンジの仕方

そうめんの栄養やカロリーとダイエット効果。レシピアレンジ

夏バテ気味で、なんだか食欲が出ない… そんな時は“そうめん”などは如何でしょうか。冷たい麺に、お好み

記事を読む

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

この季節、野山の日当りの良い場所に行くと“サギソウ”の花を見る事が出来ます。7月〜8月が見頃です。

記事を読む

防災の日(防災週間)はいつ?非常時に役立つ防災グッズなど

防災の日(防災週間)訓練はいつ?非常時に役立つ防災グッズ

自然災害はいつなんどき起こるかわかりません。日頃からいざという時や、災害時の意識を持つことが大事です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑