アマリリスの花言葉や歌詞。球根の植え替えや花後の手入れと育て方

スポンサード リンク

337

ラリラリラリラ〜しらべはアマリリス♪
5月〜6月頃になると、花壇などで、濃い紅色に咲き誇るアマリリスの花が観れるようになります。そんなアマリリスのことをまとめてみました。

アマリリスの花言葉や歌詞。球根の植え替えや花後の手入れと育て方

アマリリスの花について。ホンアマリリスとの違いは?

一般的に“アマリリス”と呼ばれているこの花、実は“ヒガンバナ科ヒッペアストルム属”になります。だから正式には“ヒガンバナ”になるんですね。

なぜ、こんなややこしいことになっているかというと、かつては“アマリリス属”とされていたので、その名残で今でも一般的にアマリリスと呼ばれているそうです。

かつてアマリリス属は沢山の種類があり、昔はまとめて“アマリリス”としていました。それが、分類の細分化に伴い、この種類はヒッペアストルム属に引っ越になったんですね。

では、本来のアマリリスは?というと、ベラドンナ・リリー(別名:ホンアマリリス)がそれにあたるそうです。

このアマリリスは、ユリに似た形で見事な花を咲かせます。花の色は濃い紅色、ピンク、白などがあり、絞り模様、覆輪(花びらや葉の外部分が、地の色と違う色で縁取られているもの)、八重咲きや斑入りの葉のものもあります。

アマリリスの花言葉は?強い虚栄心を持ちながら、実は内気?フランス民謡「アマリリス」の作曲者は?

アマリリスの花言葉

誇り・すばらしく美しい・強い虚栄心・内気・おしゃべり

となります。

アマリリスは見事に花を咲かせるので、
“誇り・すばらしく美しい”はピッタリですね。

アマリリスと言えばフランス民謡「アマリリス」が思い浮かびます。

みんなで聞こう
楽しい オルゴールを
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス
 
月の光
花園を あおく照らして
ああ 夢を見てる
花々の眠りよ

フランスみやげ
やさしい その音色(ねいろ)よ
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス

岩佐東一郎 作詞
ルイ13世、ヘンリー・ギース(アンリ・ギス) 作曲

この曲の、作曲者はこれまではルイ13世とされてきましたが、最近ではヘンリー・ギースを作曲者とする例も増えてきました。どちらにしてもフランス王家とゆかりのある曲のようです。それもあり誇りという花言葉がついているんですね。

アマリリスは横向きに花を咲かせます。アマリリスは見事な花を咲かせるので、自惚れて横向きになったとか…これが虚栄心という花言葉に繋がっているようですね。

また、その横を向いている姿が、女の子が夢中でおしゃべりをしているように見えるところから“おしゃべり”という花言葉もきているそうです。

アマリリスは花は立派ですが、茎は空洞らしく、扱う時に優しく丁寧に扱わないと折れてしまします。こういったところから“内気”という花言葉がきているようです。

このアマリリスの花言葉はいろんな説があるので、もっと調べてみると面白いかもしれません。

アマリリスの育て方は?

アマリリスの球根の植え替え・植え付けは3月〜4月頃が良いでしょう。
鉢植えは球根の首が出るくらいに植えます。

日当りが良く、風通しの良い場所に植えます。真夏は直射日光を避け、半日陰で育てます。アマリリスは寒さに弱いので、冬は10度を超えると生育しなくなります。なので冬の寒い時期は室内で育てる事をおすすめします。

土は水はけの良い土を選びます。春〜夏にかけて、土が乾いたら水をしっかりやります。水を多くやり過ぎると腐ってしまうので気を付けましょう。

肥料は生育期に充分与え球根を太らせます。花後は10日に1回程度の割合で、液体肥料を与えましょう。冬は与えなくても大丈夫です。

アマリリスの植え方(株)東樹園

下記の動画ではアマリリスの植え方を、わかりやすく教えてくれています。


アマリリスの球根の植え付け~咲かせるまで 育て方

下記の動画ではアマリリスの植え方や土の選び方を、わかりやすく教えてくれます。


アマリリスの花がら摘みと花後の管理の仕方

下記の動画ではアマリリスの花後の管理を、わかりやすく教えてくれています。


まとめ

立派な花を咲かせるアマリリス。花言葉には意外な面もあり面白かったです。ご興味がある方は育ててみては如何でしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

ニイニイゼミの鳴き声や名前の由来。漢字ではどう書く?特徴や分布

セミが元気に鳴き始める季節になってきました。セミの鳴き声を聞くと夏を実感します。セミの中でも丸っこく

記事を読む

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

熱中症対策 高齢者の方は特に注意。その原因と予防と対策

夏の“熱中症対策”は大丈夫ですか?熱中症で救急搬送される人は、年々増えていってます。中でも半数近くの

記事を読む

エアコンの電気代(暖房・冷房)の節約。1時間・1日の計算方法は?

エアコンの電気代【暖房・冷房】を節約。1時間・1日の計算方法は?

エアコンの電気代って気になりますよね。油断をしていると、じわりじわりと家計に響いてきます。エアコンの

記事を読む

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方のポイントやレシピ情報。

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方・下ごしらえ・冷凍保存やレシピ

そら豆が美味しい季節になってきました。さっと茹でるだけで、様々な料理にもアレンジ出来ますし、栄養も豊

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

栗(くり)の栄養や効果・効能やカロリーは?栗料理レシピ紹介

栗(くり)の栄養や効果・効能やカロリーは?栗料理レシピ紹介

秋の味覚といえば“栗(くり)”ですね。栗ごはん・栗きんとん・むき栗と、栗(くり)が美味しい季

記事を読む

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

4月〜6月初旬頃まで、見事な花を咲かせる“シャクナゲ(石楠花)”。大きなボールのような花は気品があり

記事を読む

防水スプレー靴の注意点。アメダスの使い方と防水効果。フッ素危険?

アメダスの持続性と効果。防水スプレー靴用の使い方。フッ素危険?

防水スプレーを使うと、雨だけでなく汚れなどもはじいてくれます。吹き掛けると、吹き掛けた物の表面に薄い

記事を読む

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

5月〜7頃になると山野で、ウツギの花が観られるようになります。このウツギ、漢字では“空木”と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑