あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

スポンサード リンク

227

梅雨の時期になると日本各地で、あじさいが見られるようになります。青・紫・ピンクと色とりどりに咲く花がとても綺麗です。そんなあじさいのことをまとめてみました。

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

アジサイ寺の名所鎌倉

6月頃になるとあじさいの花が各地で見られるようになってきます。日本各地には、紫陽花の花を多く植えているアジサイ寺と呼ばれる寺が、数多く点在しています。

各寺の境内には、様々な種類のあじさいが咲き誇ります。色も青・紫・ピンクとカラフルでとても綺麗です。このアジサイ寺は鎌倉が名所として知られており、毎年6月は多くの人で賑わいます。

中でも明月院は鎌倉屈指のあじさいの名所です。満開時は境内が青色に染まります。その見事な美しさから“明月院ブルー”と呼ばれているそうです。ご興味がある方は足を運んでみては如何でしょうか。

鎌倉のアジサイ寺

【 北鎌倉】
● 明月院 ● 東慶寺 ● 浄智寺

【 長谷】
● 成就院 ● 長谷寺 ● 光則寺 ● 虚空蔵堂

【 その他】
● 鎌倉宮 ● 安国論寺 ● 妙本寺 ● 瑞泉寺

紫陽花の育て方は?

あじさいは日差しが強い場所よりも、半日陰の場所の方が好ましいです。なるべく涼しい場所を選びましょう。

寒さには強いですが、乾いた寒風に当たると花芽を傷めてしまう事があるので、寒風が直接当たるのは防ぎましょう。

あじさいは水をよく好みます。土が乾燥すると生育に影響するので、夏場は特に気を付け、たっぷりと水をやりましょう。土は水はけのよい土を選びましょう。

肥料は芽出しの3月の下旬頃と、花が咲いた後に骨粉入りの油かすなどを与えます。

あじさいの花言葉は?

あじさいの花言葉は

移り気・浮気・高慢・冷淡・あなたは美しいが冷淡だ・あなたは冷たい・無情・自慢家・変節

…とあまり良いイメージが無いですが、

辛抱強い愛情・元気な女性・家族団欒

といった意味もあるそうです。

花の色は土壌が酸性かアルカリ性かで変化すると言われています。
酸性だと青っぽく変化し、アルカリ性だと赤っぽく変化します。

あじさいは成長する過程で色が変化する事から、別名“七変化”とも呼ばれています。

移り気・浮気といった花言葉の由来はこの辺りからきているんですね。
高慢・冷淡は花の青いイメージからきているそうです。

ヨーロッパでは土壌がアルカリ性で、ピンク色の花が主流なので、フランスではその色づいたピンクのイメージから「元気な女性」という花言葉があります。

鎌倉のアジサイ寺(明月院、長谷寺、成就院)Kamakura Hydrangea temple spot 花の名所案内

下記の動画では鎌倉のアジサイ寺の名所を案内してくれています。


まとめ

色とりどりに咲くあじさいを見ていると癒されます。じめじめした梅雨の時期を、美しく演出してくれますね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来と育て方。うどん粉病注意

夏になると“百日紅(サルスベリ)の花”が開花時期を迎えます。“サルスベリ”なんとも面白い名前だと思い

記事を読む

睡蓮花の花言葉。睡蓮鉢でメダカ飼育。モネの絵も有名。蓮との違い。

睡蓮花の花言葉。睡蓮鉢でメダカ飼育。モネの絵も有名。蓮との違い。

6月頃になると池や沼などで、睡蓮(スイレン)の花が見られるようになります。水辺に睡蓮の花が咲く姿はと

記事を読む

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に出し放置しておくと傷むの早いの

記事を読む

ひまわり(ヒマワリ/向日葵)の名前の由来や花言葉と育て方

ひまわり(ヒマワリ/向日葵)の花言葉と育て方。種の栄養や効果は?

太陽めがけ元気よくスクッと立ち上がり、立派な黄色い花を満開に咲かせる“ひまわり(向日葵)”。なんとも

記事を読む

防災の日(防災週間)はいつ?非常時に役立つ防災グッズなど

防災の日(防災週間)訓練はいつ?非常時に役立つ防災グッズ

自然災害はいつなんどき起こるかわかりません。日頃からいざという時や、災害時の意識を持つことが大事です

記事を読む

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

初夏になると甘い香りを放つ、クチナシ(梔子)の純白の花が咲きます。その白さが緑葉の中で一際目立ちます

記事を読む

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

おつまみに重宝する“枝豆”。最近では海外でも人気急上昇だとか!そんな枝豆の茹でかたや栄養・効果・カロ

記事を読む

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

暑い日に“冷や奴”なんかを食べると美味しいですよね。そんな時に重宝する薬味のひとつ“みょうが”。

記事を読む

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

月下美人の花言葉とその由来や食べ方・育て方

月下美人の花言葉とその由来や食べ方・育て方

今年も月下美人の花が咲く時期になりました。月下美人の開花時期は6月〜11月頃です。月下美人は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑