冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

: , 食事

スポンサード リンク

222

むしむしと暑い季節になってきました。
この時期、食物を長い時間、外に出し放置しておくと傷むの早いので、
食中毒や食あたりなどには充分気をつける必要がありますね。

現代は冷蔵庫があるので、食物を安心して保存出来るので有り難い事です。
でも昔は冷蔵庫なんて便利なものありませんでした。

昔の人はどうやって食物を保存していたのでしょう?
今回は室町時代や江戸時代を中心に、
食物の保存方法について調べてみました。

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

室町時代や江戸時代は冷蔵庫が無いのに、どうやって食品を保存していたの?

冷蔵庫の無い時代、人々は食物を保存出来るように様々な工夫をしていました。

冬の寒い時期に氷室(ひむろ)といって、氷を蓄える部屋や穴を用意し天然の氷を保存していました。
暑い夏場にその氷室から氷を取り出し活用していたんですね。
井戸水なども活用されていたようです。

野菜などはぬか漬け塩漬け酢付けといった漬け物として保存したり、
その他、干したり燻製にして保存していました。

ご飯は白米が主流?お寿司などは?

ちなみにご飯は、貧乏な人でも腐りにくい白米を食べていたと言われています。

握り寿司に関しても生ものは直接使用せずに、
酢締めや醤油漬けにしたり、火を通して使用していました。

わさびやガリ、そしてお茶などは殺菌作用があるので、
合わせて食されていました。

当時の人は経験から食べ合わせする術を知り工夫していたようです。

腐りやすい生魚はどうしてたの?

江戸では、魚屋さんは魚市場周辺で、魚の鮮度が落ちない範囲で移動しながら売っていました。店舗では燻製や干物にしたり、他に塩漬けや煮物として売っていました。

衛生面はどうだったの?

現代とは違い、冷蔵庫が無かった江戸時代は、食べ物に関しては徹底して「あぶない者は食べない」ようにしていました。

江戸の街には水道網がありましたが、当然ですが現代のように整備されてはいませんので、水は澱み匂ったりしていたようです。庶民は沸かして飲んでいたと言われています。

ちなみに排泄物は田畑の肥料として撒かれていました。

食中毒や食あたりなどはなかったの?

食あたりで亡くなられる人もいたようです。
武士の中には切腹するのが嫌で、わざと食あたりになり亡くなった方もおられるとか…。

北陸金沢の奥座敷 湯涌温泉の氷室雪詰め

下記の動画では、金沢の湯涌温泉での毎冬恒例の伝統行事「氷室の雪詰め」がご覧になれます。
江戸時代は6月に氷室開きをし将軍家に献上していたそうです。


まとめ

冷蔵庫の無い時代、昔の人は冬場に氷を蓄えたり、食べ物を塩漬け、酢漬け、干物などに乾燥させたりと
様々な工夫をして食物を保存していたんですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜は熱中症注意(気象庁)東京はいつ?

日差しの強い、暑い日が続く季節になってきました。 熱中症などにくれぐれもご用心ください。 夏日と

記事を読む

インパチェンス【アフリカホウセンカ】育て方や花言葉。八重咲きも。

インパチェンス【アフリカホウセンカ】育て方や花言葉。八重咲きも。

6月の初夏頃になると赤・白・ピンク・オレンジ・紫など、カラフルで鮮やかなインパチェンスの花が、花壇な

記事を読む

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

梅雨の時期になると日本各地で、あじさいが見られるようになります。青・紫・ピンクと色とりどりに咲く花が

記事を読む

ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

6月頃になると山地などでは、ヤマボウシの花が見られるようになり、また街路樹や個人宅の庭木などでも見る

記事を読む

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

4月〜6月初旬頃まで、見事な花を咲かせる“シャクナゲ(石楠花)”。大きなボールのような花は気品があり

記事を読む

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用丑の日はやっぱり鰻を食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

記事を読む

睡蓮花の花言葉。睡蓮鉢でメダカ飼育。モネの絵も有名。蓮との違い。

睡蓮花の花言葉。睡蓮鉢でメダカ飼育。モネの絵も有名。蓮との違い。

6月頃になると池や沼などで、睡蓮(スイレン)の花が見られるようになります。水辺に睡蓮の花が咲く姿はと

記事を読む

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

この季節、野山の日当りの良い場所に行くと“サギソウ”の花を見る事が出来ます。7月〜8月が見頃です。

記事を読む

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

おつまみに重宝する“枝豆”。最近では海外でも人気急上昇だとか!そんな枝豆の茹でかたや栄養・効果・カロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑