クランベリーの膀胱炎効果は?栄養効能はシミや美肌に。育て方や剪定

スポンサード リンク

243

女性に多いと言われる病気、膀胱炎。男性は比較的少なく、“女性の5人に1人が生涯に1度は経験する病気”と言われています。この膀胱炎は膀胱が炎症を起こす事で起きますが、この膀胱炎にも2種類のタイプがあります。

それは“急性膀胱炎”と“慢性膀胱炎”。急性膀胱炎は細菌性の感染症で、慢性膀胱炎は急性膀胱炎が慢性化した状態などです。

この膀胱炎には“クランベリージュースが効く”という説があります。
…が、逆に膀胱炎に“クランベリージュースは効果がない”という説もあります。

果たしてどちらが正しいのでしょうか?
今回はそんなクランベリーについてまとめてみました。

クランベリーの膀胱炎効果は?栄養効能はシミや美肌に。育て方や剪定

クランベリージュースは膀胱炎に効果的?

クランベリーに含まれるキナ酸は、尿道炎膀胱炎などに効果があるとされ、尿が酸性化し尿路感染に効果があると言われてきました。また、古くから民間療法としても尿路感染に効果があるとして、クランベリージュースが飲まれてきました。

けれども現在では違う見方もあるようです。

クランベリーにはプロアントシアニジンという化合物が含まれており、これが尿路感染症の原因となる、大腸菌が膀胱などの粘膜に付着するのを防いでくれるという報告があります。

ですが、この研究の臨床試験では、クランベリージュースが尿路感染症を予防に効果的と定義をするには、ばらつきが大きいとされていて、慎重に解釈する必要があるとされています。

クランベリーの栄養・効能・効果は?シミや肌荒れ、ニキビ予防など美肌効果にも期待

クランベリーが膀胱炎に効くのか?は置いといたとしても、クランベリーには多彩な栄養効能があります。

クランベリーには、ブルーベリーの約2.5倍のポリフェノールが含まれており、動脈硬化脳梗塞を防ぎ、抗酸化作用ホルモンの促進を促します。

ポリフェノールは殺菌作用があるので、ニキビ肌荒れを押さえ、また抗酸化作用は細胞の老化を押さえてくれるので、シミシワなどから肌を守ってくれます。また、コレステロール値減少にも効果があります。

クランベリーエキスは口内の細菌を抑え、歯周予防にもなります。

クランベリーは美肌効果やコレステロール値減少など、女性には嬉しい効果をもたらせてくれる果実なんですね。

クランベリーの育て方や剪定は?

クランベリーは地植え・鉢植え・プランターどれでも大丈夫です。
植え付けは秋なら10月〜11月頃、春であれば3月〜4月頃に行います。

クランベリーはもともと湿地や沼地で育つ植物で、乾燥に弱いので水切れに注意しましょう。
常に土が湿っている感じがベストです。土は水はけの良い酸性の土壌にします。ブルーベリー用の栽培土を使うと良いでしょう。

寒さには強いですが、暑さには弱いので夏場は対策が入ります。

クランベリーの剪定は収穫後に行います。剪定をする必要はほとんど無いようですが、気になるようでしたら、長く伸びすぎた枝を整えましょう。

クランベリーの育て方・日常管理

下記の動画ではクランベリーの育て方について説明してくれています。


まとめ

見た目も可愛く、栄養価も高いクランベリー。人気の理由がわかりますね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

えんどう豆の保存・栄養・種類・剥き方は?家庭での栽培方法は?

えんどう豆の冷凍保存・栄養・種類・剥き方は?家庭での栽培方法は?

えんどう豆は料理もしやすく栄養価も高い野菜。甘くてシャキシャキして美味しい!そんなえんどう豆のことを

記事を読む

栗ご飯のレシピや作り方と栗の選び方・剥き方・冷凍保存の仕方まとめ

栗ご飯のレシピや作り方と栗の選び方・剥き方・冷凍保存の仕方まとめ

食欲の秋!といえば栗ですね。栗は大体9月中旬〜10月上旬が旬です。今晩は栗ご飯など如何ですか。

記事を読む

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

日本の夏の“雑節”の一つ、“半夏生(はんげしょう)”。 “夏至”の日から数えて11日目にあたる日か

記事を読む

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

皆さんは暑い日は何を食べますか?冷たい物…も良いですが、あえて汗をかくカレーとかも良いですよね。そん

記事を読む

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

暑い日に“冷や奴”なんかを食べると美味しいですよね。そんな時に重宝する薬味のひとつ“みょうが”。

記事を読む

仰向けは妊婦には負担?寝れない・息苦しい・腰・背中が痛くなる事も

仰向けは妊婦には負担?寝れない・息苦しい・腰・背中が痛くなる事も

寝方は仰向きよりも、横向きが良いと聞いた事があります。今回はこの寝方についてまとめてみました。

記事を読む

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方のポイントやレシピ情報。

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方・下ごしらえ・冷凍保存やレシピ

そら豆が美味しい季節になってきました。さっと茹でるだけで、様々な料理にもアレンジ出来ますし、栄養も豊

記事を読む

アサイーボウル人気の秘密。栄養や効果や作り方。味やカロリーは?

アサイーボウルの栄養や作り方。味やカロリーやダイエット効果は?

アサイーは女性に人気ですね。アサイーはブラジル発症のデザートで、その後ハワイで人気が出て多くの人に知

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑