アサイーボウルの栄養や作り方。味やカロリーやダイエット効果は?

スポンサード リンク

347

アサイー女性に人気ですね。アサイーはブラジル発症のデザートで、その後ハワイで人気が出て多くの人に知られるようになりました。見た目は、ブルーベリーに似ています。アサイーは、とても栄養価が高く美容にも良い果物だとか。そんなアサイーのことをまとめてみました。

アサイーボウルの栄養や作り方。味やカロリーやダイエット効果は?

アサイーの栄養や効果

アサイーは多くの栄養分がありますが、その中で主なものを幾つかあげてみます。

まずポリフェノールが豊富です。アサイーはブルーベリーの18倍も多く、ポリフェノールを含んでいます。このポリフェノールは、肌にハリやツヤを与える美肌効果。老化防止アンチエイジング効果眼精疲労の軽減の効果があります。

アサイーは牛乳の2倍も多くカルシウムが含まれており、“アマゾンのミルク”と言われています。カルシウム、鉄、マグネシウムといったミネラルによる、貧血防止や免疫機能の強化も期待されます。鉄はレバーの約3倍、プルーン150個分に相当します。

ビタミンEもレモンの3倍も多く、抗酸化作用、細胞の健康維持を助けてくれます。その他、食物繊維も豊富ですので便秘解消の効果も期待出来ます。

このようにアサイーは超栄養満点な食品です。

アサイーってどんな味なの?

この記事をご覧の方の中には、まだアサイーは未体験という方もいると思います。
そんな方はアサイーの味が気になりますよね。

アサイーは甘酸っぱいイメージがしそうですが、実際はそんなに甘みも酸味もありません。アサイー自体は上品な味で、ココアの風味に似ていると言われていて、クセがありません。味自体は一緒に使われるフルーツなどによります。

人気のアサイーボウル、アサイージュース、アサイースムージーの作り方は?自宅で出来る簡単レシピ

アサイーの主な食べ方には“アサイージュース”や“アサイースムージー”や“アサイーのサプリ”などあります。

アサイーボールの作り方

アサイーに投入を混ぜてペースト状にしたものです。
シリアルやイチゴなどをトッピングしていただきます。

・アサイーピューレ 適量
・豆乳 100cc
・ヨーグルト 適量
・バナナ 半分

など

これらをミキサーにかけて出来上がりです。
あとはお好みでシリアルやイチゴやバナナなどのフルーツをトッピングします。
お好みでいろんなバリエーションを楽しめますね。

アサイージュースの作り方

アサイージュースはヨーグルトなどと混ぜるのも人気ですね。

・アサイージュース 100CC
・プレーンヨーグルト50cc
・お好みではちみつ

これらを混ぜます。

他にもミキサーを使い、アサイーピューレとバナナや野菜ジュースを割るなど、
こちらもお好みでいろんなバリエーションを楽しめますね。

アサイースムージーの作り方

ダイエットなどでよく耳にするスムージー。
アサイーと水・牛乳・豆乳・ヨーグルトを、ミキサーにかけスムージー状態にします。
お好みではちみつなどを加えるのも良いですね。

アサイーボウルなどの気になるカロリーは?ダイエットに向いている?

いくら身体によく、美肌効果があるといってもカロリーが高かったら嫌ですよね。

そこで気になるカロリーですが、市販で売られているアサイースムージーパック(無糖タイプ)などが72Kcal、バナナが1本で100Kcal、豆乳が200mlで128kcalぐらいなので、これだけで合計300Kcalとなります。これにトッピングした分などをプラスします。

1回辺りの食事のカロリーの平均は、当然性別や年代など個人差はありますが、例えば18~29(歳)の女性が1日に必要なエネルギーを2,050kcalとした時、朝食・昼食・夜食を分配すると、1回の食事は約683kcalなので全然低カロリーですね。ダイエットにも最適です。

【アサイー】TV雑誌などで話題のアサイー!ハワイと同じ味はサンバゾンだけ♪アサイー、アサイ…

Costco★アサイースムージーパック★でアサイーボウル

下記の動画ではコストコで購入したアサイースムージーパックを実際に、ミキサーで作る過程をご覧いただけます。


まとめ

アサイーはダイエット食品としても注目されていますよね。見た目がブルーベリーに似ているので、ブルーベリーのようなイメージをしていましたが、実際は栄養もはるかに高いんですね。しかも低カロリーという嬉しさ。自宅でも気軽にいただけるので、今度試してみたいと思います。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

ヤマモモジャムやヤマモモ酒の作り方やレシピ。花言葉や栄養・効能は?

ヤマモモジャムやヤマモモ酒の作り方レシピ。花言葉や栄養や効能効果

春に花が咲き、夏に赤く可愛い実がなる“ヤマモモ(山桃)”。その果実は、ヤマモモジャム(山桃ジ

記事を読む

梅ジュース(シロップ)の栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅ジュース(梅シロップ)栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅の旬は6月。梅干しが食用として普及し始めたのは、江戸時代からと言われています。昔から日本人に愛され

記事を読む

梅ジャムレシピと作り方。栄養と効能や灰汁(アク)抜きなど

梅ジャムレシピと作り方。栄養や効能と灰汁(アク)抜きなど

梅は梅干し・梅酒・梅サワー・梅みそ・梅肉と様々な使い道がありますが、“梅ジャム”なんてのも良いですよ

記事を読む

おはぎのカロリーは?ぼたもちとの違いや冷凍保存仕方・作り方レシピ

おはぎとぼたもちとの違いは?カロリーや冷凍保存仕方・作り方レシピ

お彼岸の季節になると仏壇に供える“おはぎ”。甘くて美味しいですね〜。今回はそんな美味しいおはぎの気に

記事を読む

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

枝豆(えだまめ)の茹で方や栄養・効果とカロリー。栽培や育て方など

おつまみに重宝する“枝豆”。最近では海外でも人気急上昇だとか!そんな枝豆の茹でかたや栄養・効果・カロ

記事を読む

秋野菜レシピ集。栄養・効果・効能は?秋野菜の栽培・育て方・種まき

秋野菜レシピ集。栄養・効果・効能は?秋野菜の栽培・育て方・種まき

だいぶ涼しくなってきましたね。朝晩は秋の気配を感じます。さて秋と言えば、かぼちゃ、秋なす、さつまいも

記事を読む

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

皆さんは暑い日は何を食べますか?冷たい物…も良いですが、あえて汗をかくカレーとかも良いですよね。そん

記事を読む

巨峰狩り♪そのカロリー・栄養・効果・効能と美味しい食べ方は?

巨峰狩り♪そのカロリー・栄養・効果・効能と美味しい食べ方は?

秋の味覚狩りの時期ですね。ご家族や仲の良いお友達と“巨峰狩り”なんてのも良いですね。巨峰はぶどうの王

記事を読む

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用の丑の日の土用とは?うなぎを食べ始めた由来は?丑の日とは?

土用丑の日はやっぱり鰻を食べて精をつけたいですよね。そんな土用丑の日の事をまとめてみました。

記事を読む

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培の仕方など

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培・育て方

カレーの名脇役と言えば?そう“らっきょう(辣韮)”ですね。僕も大好きです。ところでらっきょうって栄養

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑