羅生門のあらすじと感想。下人の老婆への仕打ちに思う事。

スポンサード リンク

322

芥川龍之介の羅生門についてのあらすじと感想をまとめてみました。

羅生門のあらすじと感想。下人の老婆への仕打ちに思う事。

羅生門のあらすじは?

平安時代、天変地異が平安京を襲います。
都は衰微していました。

ある夕暮れ、荒廃した羅生門の下で、若い下人が途方に暮れていました。

数日前に仕えていた主人から解雇されたのです。
生活の糧が無い彼は、このままだと飢え死にしてしまいます。
いっその事、盗賊になろうかと思い詰めます。
が、どうしてもその勇気が出ません。

そんな折り、下人は羅生門の2階で老婆に出会います。
楼閣の上には身寄りの無い遺体がいくつも捨ててありました。

老婆は松明を灯しながら、若い女性の遺体から
髪の毛を引き抜いていました。

その行為を見た下人は、激しい怒りを覚え、
刀を抜き老婆に踊りかかりその行為を問い詰めます。

老婆は抜いた髪の毛で鬘を作り売ろうとしていると答え、
自分が生きる為には仕方の無い事だと説明しました。

この若い女も生前、蛇の干物を魚の干物だと偽って売り歩いていたが、
だが、それも生きていく為に仕方無く行った悪だった。

だから、自分が髪を抜いたところで、
この女も理解し許してくれるだろうと言うのであった。

髪を抜く老婆に怒りを燃やしていた下人でしたが、
老婆の言葉を聞いて、心にある勇気が湧いてきます。

下人は老婆を組み伏せて着物を剥ぎ取ります。
そして、「では、おれが引きはぎをしようと恨むまいな、
己(おのれ)もそうしなければ、餓死をする体なのだ。」
と言い残し漆黒の闇の中へ消えて行きました。

下人の行方は誰も知らない。


羅生門を読んだ感想

羅生門は人間の生きるか死ぬかの極限状態の
心理を表した作品だと思います。

下人は、このまま飢え死にするか、
いっそ盗賊になるかという選択に迫られ、
最後は「生きて行くためだ」と割り切り、
老婆の服を剥ぎ取って暗闇の中へ姿を消してしまいます。

物語はここで終わりますが、もし続きがあるとしたら、
下人は次も同じような行為に出るでしょう。

人にした事は遅かれ早かれ自分の身にも起こるでしょうから、
下人も同じ目に合うかもしれません。

下人もそれを覚悟の上で生きて行くのでしょうが…。

綺麗事を言ってられる状況で無いのはわかるが、
やはり、この下人の決断と行動は道徳に反していると
思えてしまうのが正直な感想です。

このような極限状態を経験した事は無いですが、
最後まで追い剥ぎのような真似はしないと思います。

ただし、もし、守るべき人が横にいたら…と
考えた時に、考えさせられました。

…にしても他の手を模索すると思います。

例えば、老婆の鬘造りを手伝うとか。
他の手段を模索するでしょう。

その模索する事には、
同じ境遇を“力を合わせて生き抜こう”という
愛すら感じられると思う。

ちょっと話がずれるかもしれませんが、
人は日々、肉や魚や野菜といった命を頂き生きています。

この頂いている、与えてもらっている、
生かされているという捉え方には、
感謝の気持ちが感じられますよね。

これに対して戦争やテロなどで人を殺める事は、
尊い物を奪う行為です。

同じ命を殺めるという行為でも、頂くのと奪うのとでは
天と地の開きが有り、全然違うと思うのです。

この下人がした事は、生きて行く為仕方のない行為…
なのかもしれませんが、これは奪う行為だと思います。
相手に対しての愛や優しさが感じられないので、
僕は好きでは無いですね。

つまるところ人の正義は、良くも悪くも自分本位に
自分を納得させるもので、人によってそれも
変わるものなのかもしれません。

究極の極限状態でも、誇らしい選択をする自分でありたいと
思わされる作品でした。

あなたはどう感じましたか?




スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

晩夏とはいつ頃?意味は?晩夏に関した書籍・楽曲を集めてみました。

晩夏とはいつ?意味は?晩夏を題材にした書籍・楽曲を集めてみました

もう夏も終わりが近づき、だんだん秋になってきましたね。夜もだいぶ涼しくなってきました。今のこの時期の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑