エアコンの電気代【暖房・冷房】を節約。1時間・1日の計算方法は?

スポンサード リンク

314

エアコンの電気代って気になりますよね。油断をしていると、じわりじわりと家計に響いてきます。エアコンの電気代の節約術や、1時間や1日辺りの計算方法をまとめてみました。

エアコンの電気代(暖房・冷房)の節約。1時間・1日の計算方法は?

エアコンの電気代【暖房】を節約する方法

まずはエアコンの暖房時から。

● 設定温度を下げる
エアコンの室内設定温度を、21度から20度に変えるだけで、半年間で約1,170円の節約が出来ると言われています。

●フィルターを掃除する
エアコンのフィルターは一週間に一度は掃除しましょう。フィルターの掃除をするだけでも、年間5%、消費電力を押さえる事ができますよ。

●カーテンやブラインドをしたり、暖房シートを貼る
部屋を暖房で暖めても、窓は外の冷気でひんやりしています。これだとせっかく暖めた空気が冷めてしまいますよね。それを防ぐため、窓にはカーテンやブラインドをしたり、また暖房シートを貼りましょう。

エアコンの電気代【冷房】を節約する方法

夏の消費電力の大半を占めるのはやはりエアコンですね。次はエアコンの冷房時の節約術です。

まずエアコンの電気代の節約云々の前に、あまりにも涼しくしすぎると、身体に良くありませんので、適度な温度が理想的です。“涼しい温度”に合わせるのではなく、“暑く感じない程度”の温度に設定しましょう。

●窓をしっかり占め、緑のカーテンやよしずをつかう。
基本的な事ですが、冷気を外に逃さない為に、しっかり窓を占めましょう。外の熱の大半は窓から入ってくるので、緑のカーテンやよしずを使うのも良いでしょう。

●エアコンの室外機の熱を上手く逃がすために、日よけを用意する。
エアコンの室外機は温度が高くなると、うまく熱を排出できなくなります。これを防ぐために室外機に簡単な日よけを用意しましょう。日よけをする事で雨水も当たりにくくなるので、室外機自体も長持ちします。

●冷房で部屋を冷ました後は、弱冷房除湿に切り替える。
エアコンの消費電力が大きい順にならべると、再加熱除湿 > 冷房 > 弱冷房除湿となります。まずは冷房で部屋の温度と湿度を下げたら、次は弱冷房除湿に切り替えましょう。

例えば、28度の設定で20分程度冷房した後、弱冷房除湿に切り替えた場合、冷房を4時間稼働させるよりも節約出来ますよ。

エアコンの電気代計算方法は?1時間、1日辺りいくらなの?

エアコンの電気代は、使用する消費電力によって計算されます。つまり使用する消費電力を減らす事が出来ると節約出来ますね。

電気代はそれぞれの家庭や電気会社との契約や使用量によって変化してくるので、正確な数値というのはまちまちです。しかし、あくまで目安の数値としてはいかの計算の方法があります。

一般的に電力量料金単価は22円1kWで計算します。
なので計算式にすると…

例)
定格消費電力(キロワット)×使用時間×1時間の電力料金単価(平均22円)=1日の電気代

となります。

この定格消費電力はエアコンのカタログなどの消費電力(w)で確認出来ます。例えば、暖房の消費電力が420Wの場合だと、これを一旦キロワットの単位に合わせると0.420キロワットになります。

これで計算すると5時間暖房を使用すると、
0.420(キロワット)×5(時間)×1時間の電力料金単価(平均22円)=46.2(円)という目安になります。

エアコンの電気代

下記の動画では実際にワットモニターを使い、エアコン冷房時の電気代を計測しています。


まとめ

エアコンは立ち上がりの時に多くの電力を消費します。付けたり切ったりと繰り返すよりも、付けたままの状態の方が消費電力を押さえる事ができます。

フィルターをまめに掃除したりと出来る事から始めて、エアコンの電気代を少しでも軽減出来ると良いですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

日本の夏の“雑節”の一つ、“半夏生(はんげしょう)”。 “夏至”の日から数えて11日目にあたる日か

記事を読む

ひまわり(ヒマワリ/向日葵)の名前の由来や花言葉と育て方

ひまわり(ヒマワリ/向日葵)の花言葉と育て方。種の栄養や効果は?

太陽めがけ元気よくスクッと立ち上がり、立派な黄色い花を満開に咲かせる“ひまわり(向日葵)”。なんとも

記事を読む

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

夏に可愛い花を咲かせるムクゲ(むくげ)。漢字では木槿花(もくきんか)と書きます。別名はハチスです。

記事を読む

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

夏バテの原因・症状や予防と対策。解消効果のある食材。

夏バテの原因・症状や予防と対策。解消効果のある食材は?

う〜ん…だるい…。暑い日が続き、食欲が出ないし、なんだかバテ気味。あなたは“夏バテ”になってはいませ

記事を読む

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方のポイントやレシピ情報。

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方・下ごしらえ・冷凍保存やレシピ

そら豆が美味しい季節になってきました。さっと茹でるだけで、様々な料理にもアレンジ出来ますし、栄養も豊

記事を読む

月下美人の花言葉とその由来や食べ方・育て方

月下美人の花言葉とその由来や食べ方・育て方

今年も月下美人の花が咲く時期になりました。月下美人の開花時期は6月〜11月頃です。月下美人は

記事を読む

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生(はんげしょう)とは、“夏至(一年で一番昼が長く夜が短い日)”から、数えて11日目にあたる“雑

記事を読む

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

初夏になると甘い香りを放つ、クチナシ(梔子)の純白の花が咲きます。その白さが緑葉の中で一際目立ちます

記事を読む

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

梅雨の時期になると日本各地で、あじさいが見られるようになります。青・紫・ピンクと色とりどりに咲く花が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑