七五三での母親(ママ)父親(パパ)の服装は?

スポンサード リンク

227

七五三は子どもの晴れ舞台ですね。

七五三の起源は室町時代といわれており、武家社会を中心に関東から全国へ伝わったとされています。

さて、そんな七五三ですが、付き添う親はどういう服装が良いのでしょうか?
今回は“七五三に付き添う親の服装”についてまとめてみました。

七五三での母親(ママ)父親(パパ)の服装は?

七五三での親の服装は?

七五三は子どものイベントなので、子どもの事ばかりに気をとられ、当日近くになって自分達の服装にあたふたする親も少なくないようです。

七五三に付き添う親の服装は、あまりかしこまりすぎる必要は無いです。
七五三の主役はあくまで子どもなので、親は目立ちすぎる必要はありません。

…ですが、もちろん普段着のような、カジュアルすぎる服装も避けた方が良いでしょう。

七五三の親の服装は和装(着物)か洋装(スーツ)に別れます。

母親(ママ)の七五三の服装は?

お母さんが七五三で着る服装はどのようなものが良いのでしょうか。

和装(着物)の場合

和装(着物)の場合は、訪問着や色無地など控えめで清楚な着物が良いでしょう。

ここで気をつけたい事は、当日はお子様の着付けなど、なにかと時間や手間が取られます。なので普段から着物を着慣れしているか、着付けサービスなどを利用するなどを考慮しておくことです。

着物はスーツと比べ動きにくく、着付けも大変かもしれません。ですが、七五三はお子さんの晴れ舞台であり記念に残る日なので、普段着物を着ない方も着物デビューする良い機会かもしれません。

洋装(ワンピースやスーツ)の場合

洋装であればワンピースやスーツになります。入園式や入学式などにも着用出来るスーツを用意していると重宝しますね。

派手なアクセサリーは控えめにします。ストッキングを着用します。

全体的に見て清楚感のある身だしなみを心がけましょう。

父親(パパ)の七五三の服装は?

お父さんが七五三で着る服装はどのようなものが良いのでしょうか。
男性の場合は礼服などが一般的のようです。

和装の場合

和装の場合は、紋付羽織と袴を着用します。

洋装の場合

洋装の場合はスーツになります。色は派手な色は避け、落ち着いた黒やグレーなどが良いでしょう。
ワイシャツは白。ネクタイは白やグレーか、派手すぎない華やかな色が好ましいでしょう。

髪型やヒゲなども整えて清楚な身だしなみにしましょう。

七五三当日の衣装について「親の服装はどうしたらいいの?」すがわら貸衣裳店

こちらの動画では、七五三での親の服装についての質問に答えてくれています。


まとめ

七五三は子どもが主役なので、親は控えめで清楚な服装が良いようですね。
うちももうすぐ七五三なので、今から準備しておきたいと思います。

こちらの記事も合わせてどうぞ。
七五三はいつからいつまで?起源・由来は?千歳飴の由来は?

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

十五夜(お月見)、中秋の名月とは?由来は?月見団子は何個?

十五夜(お月見)、中秋の名月とは?由来は?月見団子は何個?

秋の行事に綺麗なお月様を眺める“十五夜(お月見)”がありますね。“中秋の名月”とも“芋名月”とも言わ

記事を読む

おはぎのカロリーは?ぼたもちとの違いや冷凍保存仕方・作り方レシピ

おはぎとぼたもちとの違いは?カロリーや冷凍保存仕方・作り方レシピ

お彼岸の季節になると仏壇に供える“おはぎ”。甘くて美味しいですね〜。今回はそんな美味しいおはぎの気に

記事を読む

七夕はなぜ短冊へ願い事を書く?由来や歌など。織姫と彦星の七夕伝説

七夕はなぜ短冊へ願い事を書く?由来や歌など。織姫と彦星の七夕伝説

7月7日は七夕ですね。七夕は五節句の一つで“七夕の節句”ともいわれます。また短冊に願いを込め

記事を読む

海の日とはどういう祝日?いつ?海の日が始まった由来など

海の日とはどういう祝日?いつ?海の日が始まった由来など

今年も“海の日”が近づいてきました。晴れると良いですね。 この三連休、あなたはどう過ごされますか?

記事を読む

敬老の日はいつ?プレゼントの人気の定番は?その由来や意味

敬老の日はいつ?プレゼントの人気の定番は?その由来や意味

9月の第3月曜日は“敬老の日”です。敬老の日は日本独自の祝日です。 お爺さん、お婆さんにプレゼント

記事を読む

防災の日(防災週間)はいつ?非常時に役立つ防災グッズなど

防災の日(防災週間)訓練はいつ?非常時に役立つ防災グッズ

自然災害はいつなんどき起こるかわかりません。日頃からいざという時や、災害時の意識を持つことが大事です

記事を読む

七五三はいつからいつまで?起源・由来は?千歳飴の由来は?

七五三はいつからいつまで?起源・由来は?千歳飴の由来は?

10月〜11月は、3歳・5歳・7歳のお子様がいらっしゃるご家庭では七五三のシーズンですね。七

記事を読む

重陽の節句(菊の節句)とは?意味や由来。行事食(料理・菊酒)など

重陽の節句(菊の節句)とは?意味や由来。行事食(料理・菊酒)など

9月9日は五節句のひとつ、長寿祈願を願う“重陽の節句”の日です。この日は菊を用いて行事を行うので“菊

記事を読む

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

7月7日は七夕ですね。この日に天気が晴れていれば、夜9時頃の東の夜空を見上げると、彦星(ひこぼし)と

記事を読む

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

日本の夏の“雑節”の一つ、“半夏生(はんげしょう)”。 “夏至”の日から数えて11日目にあたる日か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑