クーラー病(冷房病)の症状、頭痛・吐き気・むくみ。原因と対策は?

スポンサード リンク

225

暑い日は、室内でクーラーに涼むに限りますね。でもこのクーラー、“クーラー病”という言葉があるだけあって、体調不良の原因になる事があるので注意が必要です。クーラー病は冷房病(れいぼうびょう)とも言いますが、もちろん正式な病名ではありません。また、日本独自の概念のようです。そんなクーラー病についてまとめてみました。

クーラー病(冷房病)の症状、頭痛・吐き気・むくみ。原因と対策は?

クーラー病(冷房病)の原因は?どんな人に多い?

クーラー病は、急激な温度変化によって身体の調整機能が、鈍ってしまう事でひき起こされます。

本来、人の身体は気温の変化に対応出来るように、調整機能が備わっています。

ですが、外は太陽がカンカンに照りつけた暑いのに、室内や社内は冷えている状態だと、この調整機能が乱れてしまいます。

このような環境に長時間いるうちに、体調を壊し、頭痛や肩こり、食欲がなくなる…などの症状が出てきます。

得に自律神経の働きが不安定な乳幼児やお年寄り、よく冷えた室内で働いている薄着の労働者に多いとされています。

また逆に冷房の効いた寒い場所から、急に暑い場所に移動するのも危険です。極端な温度変化は、血圧を急激にあげてしまいます。

クーラー病(冷房病)の症状は?

クーラー病で起こる主な症状は

体の冷え・頭痛・吐き気・肩こり・むくみ・腹痛・便秘・下痢・月経不順・疲労感・鼻炎・不眠・食欲不振・神経痛・腰痛・頻尿など

と言われています。

クーラー病(冷房病)の対策は?

クーラー病は、外気と室内の温度差が引き起こしているわけなので、症状が出る前に、室内の温度を、出来る限り外の温度に合わせたいところですね。クーラーの設定温度を27度〜28度程度に調整することをお勧めします。

…とはいうものの、職場などだとそうもいかないという場合も多いと思います。

そのような場合は、ご自分で調整するしかありません。夏は冷たいものを口にしがちですが、あえて暖かいものを口にしてみたり、上着ブランケットなどで調整してみてください。

また身体の機能を整える為にも規則正しい生活と、適度な運動を心がけましょう。

暑い日はシャワーだけで済ます人も多いと思いますが、
38度くらいのお風呂につかり身体を芯から暖める事も良いでしょう。

食事も根菜類は、体を温めてくれる作用があるので、積極的に口にし、ビタミンE等を摂取すると良いでしょう。

湯沸し電気ポットで作るくず湯レシピ

下記の動画ではくず湯の作り方を教えてくれています。くず湯は、お腹の調子が悪­いときや、体の冷えや、クーラー病などにお勧めです。


まとめ

暑い日はついクーラーに長時間あたってしまいがちですが、油断せずにしっかり体調管理をしていきたいですね。

こちらの記事もあわせてどうぞ
エアコンの電気代【暖房・冷房】を節約。1時間・1日の計算方法は?

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生(はんげしょう)とは、“夏至(一年で一番昼が長く夜が短い日)”から、数えて11日目にあたる“雑

記事を読む

そうめんの栄養やダイエット効果は?レシピやアレンジの仕方

そうめんの栄養やカロリーとダイエット効果。レシピアレンジ

夏バテ気味で、なんだか食欲が出ない… そんな時は“そうめん”などは如何でしょうか。冷たい麺に、お好み

記事を読む

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

カモミールティー(ハーブ・カモミール)の効能・作り方。妊婦は?

春から初夏頃になると、カモミールの花が咲き始めます。カモミールをカモミールティーにして飲むのも良いで

記事を読む

レンゲショウマが見頃な群生地は?名前の由来や花言葉など

レンゲショウマが見頃な群生地は?名前の由来や花言葉など

夏のこの季節になると淡く可愛い花を下向きに咲かせる“レンゲショウマ”。 今回はそんなレンゲショウマ

記事を読む

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培の仕方など

らっきょうの栄養・効果・効能・副作用・カロリーは?栽培・育て方

カレーの名脇役と言えば?そう“らっきょう(辣韮)”ですね。僕も大好きです。ところでらっきょうって栄養

記事を読む

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

春から初夏頃になると、ハーブ園などで見られる可愛いカモミールの花。ハーブティーやアロマなどでも親しま

記事を読む

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

半夏生にたこ(タコ)を食べる理由は?蛸の栄養・効果・効能

日本の夏の“雑節”の一つ、“半夏生(はんげしょう)”。 “夏至”の日から数えて11日目にあたる日か

記事を読む

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

ムクゲ(むくげ)の育て方・剪定・害虫や花言葉

夏に可愛い花を咲かせるムクゲ(むくげ)。漢字では木槿花(もくきんか)と書きます。別名はハチスです。

記事を読む

梅ジャムレシピと作り方。栄養と効能や灰汁(アク)抜きなど

梅ジャムレシピと作り方。栄養や効能と灰汁(アク)抜きなど

梅は梅干し・梅酒・梅サワー・梅みそ・梅肉と様々な使い道がありますが、“梅ジャム”なんてのも良いですよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑