夏風邪(子供)の原因と症状(熱・咳・鼻水)が出た時の食事や治療法

スポンサード リンク

253

の例年7月8月に、子供の間で流行する病気“夏風邪”発熱鼻水くしゃみ頭痛下痢といった症状が出ます。

5歳以下の患者さんが多いと言われています。冬の風邪とは違い、夏風邪は長引く傾向にあるので油断が出来ません。

今回は夏風邪原因症状治療法食事、また保育園・幼稚園・学校に登園・登校させて大丈夫なのか調べてみました。

夏風邪(子供)の原因と症状(熱・咳・鼻水)が出た時の食事や治療法

夏風邪の原因や症状は?なんで子供がかかるの?

夏はクーラーの効いた室内や、プールといった夏風邪の原因となる環境やウイルスと接しやすい状況になる事が多くなります。

そのため特に子供は抵抗力が弱いので、夏風邪にかかりやすいと言われています。

夏風邪と一言でいっても、手足口病ヘルパンギーナプール熱(咽頭結膜熱)と、大きく別けて3つのタイプにわかれます。これを“三大夏風邪”といいます。

手足口病

手や足や口に発疹ができる。

ヘルパンギーナ

高熱が出て、口の中に水ぶくれが出来、喉や口内が痛む。

プール熱(咽頭結膜熱)

プールでかかりやすいことからこの名前がついています。高熱が出て、のどの痛み、結膜炎、下痢などを起こす。

といった症状が見られます。

夏風邪の予防対策と特効薬は?

夏風邪には予防接種や特効薬は残念ながらありません。なので各ご家庭で自己管理をしっかりしましょう。

●うがい、手洗い、排泄物の適切な処理、マスク、触れる物を消毒するといった衛生面を徹底しましょう。
●目を流水で洗う。
●栄養バランスの良い食事と睡眠を心がける。
●クーラーは26〜28度と適温に保ち部屋を冷やしすぎないようにする。
●おなかにタオルをかけるなどして冷やさないようにする。

子供は自分で管理が難しいので、大人がしっかり管理してやる事が大事ですね。

夏風邪の治療法

先程も書きましたが、夏風邪には残念ながら特効薬はありません。

なので発熱などの症状が現れたら、焦らずにじっくり治療しましょう。

自宅で出来る事は、部屋の温度を適温にし、無理をさせず横になって安静にし睡眠をたっぷりとらせます。

食事は消化に良いおかゆなどが良いでしょう。あとはこまめに水分補給をしましょう。

汗をかきはじめると熱は下がりはじめます。治療中はこまめに汗を拭き取り、着替えをさせます。

症状にもよりますが、治療期間はだいたい2〜3日。長くて一週間程度といわれています。

夏風邪の治療に良い食事は?

食事は身体を暖める物や、グルタミン(卵・大豆・肉・魚など)やビタミンC(パセリ・ブロッコリー・ピーマン)を多く含んだものを摂ると良いでしょう。

おかゆ【ごはん・めん類:レシピ大百科】

こちらの動画ではおかゆの作り方を教えてくれています。


保育園・幼稚園・学校に登校させて大丈夫?

手足口病やヘルパンギーナは特に登園・登校停止対象にはなっていません。
プール熱の場合は学校保健法で症状が治ってから2日経過するまでは出席停止とされています。

まとめ

夏はこどもの夏風邪に注意しなくてはいけませんね。日頃から衛生面といった予防対策が必要ですね。もしも夏風邪にかかってしまった場合は、無理をせず安静にしてじっくり時間をかけて治療していきたいものです。


こちらの記事も合わせてどうぞ
クーラー病(冷房病)の症状、頭痛・吐き気・むくみ。原因と対策は?

スポンサード リンク

スポンサード リンク

関連記事

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

みょうが(ミョーガ)栄養や効果。レシピ・切り方・保存方法

暑い日に“冷や奴”なんかを食べると美味しいですよね。そんな時に重宝する薬味のひとつ“みょうが”。

記事を読む

p_0614e

スイカの名前の由来。栄養・カロリー・切り方・栽培・育て方

夏になると食べたくなるのが“スイカ(西瓜)”。夏の欠かせない風物詩の一つです。甘くて美味しいですよね

記事を読む

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、

記事を読む

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

博多山笠の流れや日程と起源。必見流舁き・追い山・櫛田入り

おいさ!おいさ!7月1日〜7月15日にかけて、福岡県福岡市博多では“博多祇園山笠(はかたぎおんやまか

記事を読む

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

織姫と彦星の星座は?七夕物語とは。七夕を折り紙で彩る。

7月7日は七夕ですね。この日に天気が晴れていれば、夜9時頃の東の夜空を見上げると、彦星(ひこぼし)と

記事を読む

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

らっきょう【辣韮】の酢漬けの作り方や選び方と保存方法など。

皆さんは暑い日は何を食べますか?冷たい物…も良いですが、あえて汗をかくカレーとかも良いですよね。そん

記事を読む

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

サギソウ(鷺草)花言葉や育て方。サギソウ園の名所(スポット)

この季節、野山の日当りの良い場所に行くと“サギソウ”の花を見る事が出来ます。7月〜8月が見頃です。

記事を読む

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方のポイントやレシピ情報。

そら豆の栄養・効果・効能は?ゆで方・下ごしらえ・冷凍保存やレシピ

そら豆が美味しい季節になってきました。さっと茹でるだけで、様々な料理にもアレンジ出来ますし、栄養も豊

記事を読む

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

4月〜6月初旬頃まで、見事な花を咲かせる“シャクナゲ(石楠花)”。大きなボールのような花は気品があり

記事を読む

ガクアジサイ(額紫陽花)ヤマアジサイの違い。花言葉・育て方・剪定

ガクアジサイ(額紫陽花)ヤマアジサイの違い。花言葉・育て方・剪定

6月中旬頃になると、ガクアジサイの花が見られるようになります。ガクアジサイは優しく淡い色をしていて可

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑