「 夏 」 一覧

ズッキーニの栄養・効能・効果は?育て方や栽培方法や料理方法レシピ

ズッキーニの旬な食べごろは6月から9月。ズッキーニが美味しい季節になってきました。キュウリの一種か?と思いきや、別名つるなしカボチャというように、実はカボチャの仲間なんですね。メキシコ原産の、

続きを見る

インパチェンス【アフリカホウセンカ】育て方や花言葉。八重咲きも。

6月の初夏頃になると赤・白・ピンク・オレンジ・紫など、カラフルで鮮やかなインパチェンスの花が、花壇などで観られるようになります。このインパチェンスはホウセンカ(鳳仙花)の仲間になります。通常イ

続きを見る

ウツギ【空木】の花・種類・育て方・剪定。俳句の季語に用いられる。

5月〜7頃になると山野で、ウツギの花が観られるようになります。このウツギ、漢字では“空木”と書きます。茎や根の中心部分の随が、空洞になっているところから“空ろ木(うつろぎ)”が変化して“空木”

続きを見る

冷夏とは?エルニーニョ現象から影響?長梅雨。気象庁注意を呼びかけ

冷夏(れいか)とは、平年の平均気温と比べて、気温の低い夏の事を言います。よく天気予報で平年並・冷夏・暖冬という表現をしますが、これは平均気温の階級を表すものです。“冷夏”は6月〜8月の平均気温

続きを見る

ヤマボウシとハナミズキの違い見分け方。花・果実・育て方と剪定方法

6月頃になると山地などでは、ヤマボウシの花が見られるようになり、また街路樹や個人宅の庭木などでも見る事ができます。ヤマボウシは花と果実、そして紅葉と3回楽しめます。ヤマボウシは漢字で山法師と書きます。

続きを見る

梅ジュース(梅シロップ)栄養・効能・効果。梅肉エキスの副作用は?

梅の旬は6月。梅干しが食用として普及し始めたのは、江戸時代からと言われています。昔から日本人に愛されている食べ物なんですね。梅についてまとめてみました。梅ジュースの栄養・効能・効果は?

続きを見る

あやめ・かきつばた(杜若)・花菖蒲の違い見分け方。花言葉は?

4月の終わり頃から初夏にかけて、全国各地で、あやめや、かきつばたや、花菖蒲の花が見られるようになります。このあやめ・かきつばた・花菖蒲は見た目もよく似ています。それぞれの違いについてまとめてみました。

続きを見る

クリンソウの群生地日光市中禅寺湖畔の千手ヶ浜。育て方や花言葉

4月〜6月にかけ、北海道から本州や四国の山間部では、濃い薄紫色のクリンソウの花が見られるようになります。そんなクリンソウのことをまとめてみました。クリンソウが群生する名所 栃木県日光市千手

続きを見る

あじさい【紫陽花】について。アジサイ寺の名所鎌倉。育て方や花言葉

梅雨の時期になると日本各地で、あじさいが見られるようになります。青・紫・ピンクと色とりどりに咲く花がとても綺麗です。そんなあじさいのことをまとめてみました。アジサイ寺の名所鎌倉 6月頃に

続きを見る

どくだみ茶の効能・効果・副作用。化粧水でニキビ予防。妊婦飲める?

6月頃になると野山や空き地の日陰で、ドクダミの花を見かけるようになります。どくだみは万能薬と知られ、身体に良いと聞きます。“どくだみ”という名前は毒を抑える「毒矯み」からきているそうですよ。ど

続きを見る

スポンサード リンク

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑