「 花や木などの植物 」 一覧

ニッコウキスゲ(日光キスゲ)見頃の時期や名所と花言葉

5月上旬〜8月上旬になると、草原などで山吹色に咲き誇る群生の“ニッコウキスゲ”を見ることが出来ます。山吹色に広がる姿は見事でとても綺麗です。ニッコウキスゲの別名は“ゼンテイカ(禅庭花)”といい

続きを見る

半夏生とは?いつ?由来は?ハンゲショウの花言葉や育て方

半夏生(はんげしょう)とは、“夏至(一年で一番昼が長く夜が短い日)”から、数えて11日目にあたる“雑節(特別な暦日)”のことです。もしくは、その日からの5日間を指します。毎年7月2日頃、もしくは7月2

続きを見る

ひまわり(ヒマワリ/向日葵)の花言葉と育て方。種の栄養や効果は?

太陽めがけ元気よくスクッと立ち上がり、立派な黄色い花を満開に咲かせる“ひまわり(向日葵)”。なんとも魅力的です。そんなひまわりの名前の由来や、花言葉、育て方、そしてひまわりの種などのことをまとめてみま

続きを見る

アガパンサス(ムラサキクンシラン)の育て方と花言葉や名前の由来は

梅雨の時期を中心に花を咲かせる“アガパンサス”。和名では“ムラサキクンシラン(紫君子蘭)”と呼ぶそうです。品種は300種類以上あり、開花時期や草丈などもバラエティーに富んでいます。そんな“アガパンサス

続きを見る

レンゲツツジの花言葉や名所など。ヤマツツジとの違いは?

5月〜6月になると山地などで、レンゲツツジ(蓮華躑躅)やヤマツツジ(山躑躅) が見られるようになります。赤色などに染まった山道は鮮やかで良いですね。そんなレンゲツツジやヤマツツジのことをまとめてみまし

続きを見る

夏椿(ナツツバキ/沙羅の木)の花言葉。育て方や害虫と剪定

初夏になると、本州、四国、九州では夏椿(ナツツバキ)の花が見られます。白い清楚な花と、その涼しげな出立ちが人気です。この夏椿は夏には木陰を作る、庭木のシンボルツルーとしても人気があります。夏椿は別名“

続きを見る

シャクナゲ(石楠花)の花言葉や名前の由来と育て方。

4月〜6月初旬頃まで、見事な花を咲かせる“シャクナゲ(石楠花)”。大きなボールのような花は気品があり魅力的ですね。シャクナゲは花木の女王とも呼ばれるとか。またこの季節はシャクナゲ園も開園していますね。

続きを見る

ペチュニアの育てかたや花言葉。摘芯や切り戻しについて。

4月頃から11月ぐらいまで、花壇などでは紫、黄色、赤、ピンク、白といった色とりどりの“ペチュニアの花”が見られます。日本では“ツクバネアサガオ”とも呼ばれています。このペチュニアは原産地は南ア

続きを見る

クチナシの実の色素は着色料に。名前の由来や花言葉と育て方

初夏になると甘い香りを放つ、クチナシ(梔子)の純白の花が咲きます。その白さが緑葉の中で一際目立ちます。クチナシは香りがジャスミンに似ているところから、英語では“ケープ・ジャスミン”とも呼ばれています。

続きを見る

カモミール(ハーブ)の花言葉や香りと育て方

春から初夏頃になると、ハーブ園などで見られる可愛いカモミールの花。ハーブティーやアロマなどでも親しまれるカモミールですが、どんな花言葉があるのでしょうか?また育て方は?そんなカモミールのことをまとめて

続きを見る

スポンサード リンク

スポンサード リンク

冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは
冷蔵庫が無い室町時代や江戸時代の食べ物の保存方法とは

むしむしと暑い季節になってきました。 この時期、食物を長い時間、外に

ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉
ネコヤナギ(鑑賞用・茶花用)の育て方。名前の由来や花言葉

だいぶ春らしい陽気な天気になってきました。この時期、散歩すると春の訪れ

節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!
節分の豆まきの作法。今年も鬼をやっつけろ!

「福は内!鬼は外!」今年も節分の季節になりました。 この日はお父さん

雪虫(ゆきむし)はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など
雪虫の正体はアブラムシ?何故白いの?生息地や発生時期など

秋頃になると、白くてフワフワした小さな虫が飛んでいるのを見かけた事はあ

九条ねぎ(九条葱)の特徴や効能・効果とレシピ
九条ねぎ(九条葱)の特徴や栄養・効能・効果とレシピ

鍋などに欠かせないネギ。甘くて美味しいですよね。中でも京野菜の九条ねぎ

→もっと見る

  • スポンサード リンク

PAGE TOP ↑